2020年11月13日 更新

パパイヤはダイエットにおすすめ?パパイヤの効果・カロリーを解説!

パパイヤは、健康的なダイエットを助ける栄養素の食物繊維や消化酵素が豊富に含まれているため、ダイエットにおすすめです。100g中38kcalと低カロリーなのに、ダイエット中に嬉しい免疫力の向上や腸内環境を改善する効果や効能を得られるパパイヤは、健康的に痩せたい人に適しています。

109 view お気に入り 0

パパイヤはダイエット中に食べていいの?

 (193442)

パパイヤは、食物繊維ビタミンCをはじめとする健康的に痩せる栄養素がたくさん含まれているのに低カロリーなため、ダイエット中に食べてもよいです。果物に分類されるパパイヤは、糖質が低いわけではありませんが、適正量を守って食べると、効率的に痩せる効果が期待できます。

正しいやり方でパパイヤダイエットすると、アンチエイジング効果免疫力の向上の働きで、美しく健康的に痩せることができます。

パパイヤの栄養・効果

 (193444)

パパイヤは、健康的な体を作るうえで大きな助けとなる食物繊維ビタミンCをはじめとする栄養素が豊富に含まれています。パパイヤには、生活習慣病を改善する効果のあるカリウムや皮膚や粘膜を強化するカロテンが含まれているため、体を強くしながら痩せることが可能です。

熟したパパイヤの約10倍の酵素量が含まれている青パパイヤも、ダイエットに利用することができます。

栄養・カロリー

 (193445)

栄養成分 含有量(100g中)
食物繊維 2.2g
ビタミンC 50mg
カロテン 480μg
カリウム 210mg
パパイヤは、100g中38kcalと低カロリーなため、ダイエット中でも適正量を守れば食べることができます。パパイヤに含まれる主要な栄養素は、4つです。

・食物繊維
善玉菌を増やし、腸内環境を整える

・ビタミンC
抗酸化作用で、老化防止

・カロテン
皮膚や粘膜を強化し、免疫力向上

・カリウム

血圧上昇をおさえ、生活習慣病を改善
パパイヤの種も、健康を促進する栄養素が豊富に含まれています。パパイヤの種に含まれるオレイン酸の働きで抗がん作用や美白効果が期待でき、フラボノイドは細菌の増幅を抑制し肝臓を守ります。

効果

 (192639)

パパイヤに含まれる効果は4つあります。

・整腸作用
不溶性食物繊維で便秘を解消し、腸内環境を改善

・アンチエイジング効果
抗酸化作用で、老化を防止

・免疫力強化
β-カロテンで皮膚や粘膜を強化、感染症を予防

・美肌効果
ビタミンCと抗酸化作用で、肌の健康を守る

青パパイヤの栄養素

 (193447)

栄養成分 含有量(100g中)
食物繊維 2.2g
ビタミンC 45mg
カロテン 120μg
カリウム 190mg
青パパイヤとは熟す前の緑色のパパイヤのことで、グリーンパパイヤとも呼ばれています。青パパイヤは、熟したパパイヤに比べるとビタミンCカロテンカリウムの含有量は低いですが、酵素の量は10倍近く含まれ、消化吸収を促進に効果的です。

青パパイヤには、大栄養素のたんぱく質・脂質・糖質のすべてを分解することができる極めて稀な消化酵素のパパイン酵素が豊富に含まれています。
パパイヤは、葉にも健康を促進する栄養素が豊富に含まれています。パパイヤの葉は青パパイヤの3倍の酵素を含んでいるため、消化吸収を強く促してくれます。

パパイヤを使ったダイエット方法

 (193449)

パパイヤを使ったダイエット方法は、パパイヤを毎日の食生活に定期的に取り入れるだけのとてもシンプルなやり方です。生食もしくは加熱調理をしたパパイヤを1日2回食事に取り入れると、パパイヤに含まれる多くの効能が作用して健康を維持しつつ内側から美しく痩せることができます。

やり方

パパイヤを使ったダイエットのやり方は、1日の食事の中に60gのパパイヤを2回取り入れるだけです。1回1/4個分のパパイヤを朝食と夕食のデザートに取り入れると、ダイエットに効果的な栄養素を定期的に摂取でき、痩せる効果が得られます。

痩せる効果を早く実感したい場合は、朝食と夕食のときに、熟したパパイヤよりもパパイン酵素を豊富に含む青パパイヤ60gをダイエット食べることがおすすです。
ダイエット用のパパイヤは、表面に張りがあり重みがある商品を選ぶようにしましょう。青パパイヤを選び方のポイントは、なるべく緑色の濃いパパイヤを選ぶことです。買い置きした青パパイヤは、食べ頃までは冷蔵保存で追熟させることも可能です。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方は、1~2日ごとに市販の鯖の水煮缶と食物繊維のある食材を一緒に食べるだけです。水煮缶には、脂肪分解促進や食欲抑制、筋肉維持効果があります。水煮缶を使った簡単レシピでは、さばの有効成分を無駄なく摂れる味噌汁がおすすめです。
Act | 54 view
ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアは、痩せやすい体を作るポリフェノールやテオブロミンが含まれているためダイエットにおすすめです。ココアには、満腹感を得るだけでなく、食欲抑制や新陳代謝を上げることをはじめとする痩せる効果があります。ココアのカロリーは、無調整と調整のココアで大きく異なり、純ココアが調整ココアより健康やダイエットに適しています。
anananna | 90 view
カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは、唐辛子を食べて脂肪を効率よく燃焼させて痩せるダイエット方法のことです。唐辛子の主成分のカプサイシンは、褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪の燃焼を促す働きがあるためダイエットに効果的です。カプサイシンダイエットに加えてスクワットやヒップアブダクションの筋トレをすると、脂肪燃焼効果がアップします。
舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは、1日1回食事に舞茸を取り入れて痩せやすい体質を作るダイエット方法のことです。舞茸には、脂肪や糖質を包み体内へ吸収を遅らせるβグルカンの働きで、痩せる効果が得られます。痩せる効果が抜群の舞茸レシピでは、有効成分MXフラクションを摂取できるまいたけ茶がおすすです。
toshimi_t | 213 view
秋刀魚はダイエットにおすすめ?サンマの効果・おすすめレシピを解説

秋刀魚はダイエットにおすすめ?サンマの効果・おすすめレシピを解説

秋刀魚は糖質が少なく、脂肪燃焼効果があるビタミンB2を多く含むためダイエットにおすすめです。秋刀魚の気になる脂は不飽和脂肪酸とばれる良質なもので、含まれているEPAやDHAには、血中の脂肪を減少させて、血液をサラサラにする効果や効能があります。秋刀魚のおすすめダイエットメニューでは、秋刀魚の生姜焼きやトマト煮がおすすめです。
Act | 167 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Leqaj Leqaj