2020年10月31日 更新

ビワはダイエットにおすすめ?ビワの効果・カロリーを解説!

ビワは、ダイエットや健康を維持するのに効果的なクロロゲン酸や食物繊維をはじめとする栄養素がたくさん含まれています。ビワの効果は、内臓に蓄積した脂肪の燃焼や生活習慣病の改善、アンチエイジングや免疫力の向上です。ビワは、100g中40kcalと低カロリーで、ダイエット中でも安心して食べることができます。

275 view お気に入り 0

ビワはダイエット中に食べていいの?

 (185896)

ビワは、健康的なダイエットを助ける栄養素のクロロゲン酸や食物繊維が多く含まれているため、ダイエット中に食べても大丈夫です。

ビワには甘みがある分糖質やカロリーに注意することが必要ですが、バランスよく食生活に取り入れれば内臓脂肪の燃焼効果で、体の内側からダイエットを支えてくれます。アンチエイジング効果免疫力の向上の働きがあるビワをダイエットに使えば、美しく健康的に痩せることができます。

ビワの栄養・効果

 (185897)

ビワには、疲労回復や脂肪燃焼・生活習慣病の改善に役立つ効果を多く含むクロロゲン酸や食物繊維をはじめとする、ダイエット効果を促進する栄養素が多く含まれています。

栄養

栄養成分 含有量(100g中)
カリウム 160mg
食物繊維 1.6g
β-カロテン 510μg
β-クリプトキサンチン 600μg
・カリウム
血圧上昇を抑制による生活習慣病の予防

・食物繊維
有害物質と便を排出して腸内環境を整える

・β-カロテン
抗酸化作用
活性酸素からの保護で老化防止

・クロロゲン酸
肝臓の脂肪を燃焼して脂肪肝のリスクを低下

・β-クリプトキサンチン
皮膚・粘膜を強化による感染症予防

効果

 (187759)

ビワに期待できる効果・効能は、5つあります。

・アンチエイジング
β-カロテンやクロロゲン酸の強い抗酸化作用で、老化を防止

・生活習慣病の改善
カリウムの働きで、血圧の上昇を抑え生活習慣病を改善

・脂肪燃焼
クロロゲン酸の肝臓脂肪燃焼効果で肥満解消

・疲労回復効果
有機酸で、体内に蓄積された疲労物質をエネルギーに変換

・免疫力強化
β-カロテンやβ-クリプトキサンチンの粘膜を強化する作用で、感染症の予防

カロリー

種類 カロリー(100g中) 糖質(100g中)
ビワ 40kcal 9g
いちご 34kcal 35g
ライチ 34kcal 60g
プルーン 49kcal 59g
りんご 54kcal 68g
ビワのカロリーは100gあたり40kcalです。ビワはいちごやライチを含むほかのフルーツと比較するとカロリーが低いため、適正量を守ればダイエット中に食べても安心です。

ビワを使ったダイエット方法

 (185914)

ビワを使ったダイエット方法は、1日1回食前もしくは間食にビワを取り入れる方法です。カロリーや糖質を配慮し、1日70g食べることをおすすめします。

ビワダイエットをするときには、傷のない新鮮なビワを選び、そのままもしくは調理やペーストにして食べるようにしましょう。

やり方

ビワを使ったダイエットのやり方は、1日に70g分のビワを食前もしくは間食に1回食べるだけのとてもシンプルな方法です。ビワ1個の過食部分は35gなため、1日に2個食べるようにしてください。

ビワは、70gを食べても糖質が6.3g、カロリーが28kcalと低糖質低カロリーで、糖質制限ダイエットに適しています。ビワをつかったダイエットは、すぐに結果が出るわけではありませんが、継続することで体の内側から健康的に痩せることができます。
摂取時間ごとに得られる効果
体への吸収が早く、すぐにエネルギーへと変換されるビワは、朝食時に摂取すると集中力の向上、仕事の休憩時間や間食に食べると食べすぎを防ぐ効果が期待できます。

食べ方

 (185911)

ビワでダイエットするときのおすすめの食べ方は、3種類あります。

・皮をむいてそのまま食べる
・油で調理する
・ペースト状、もしくは細かくして食べる


ビワは、皮をむいてそのまま食べるだけでも、十分に栄養素を摂取することができますが、オリーブオイルとあわせて調理すると、β-カロテンを効率的に摂取することができるようになります。ビワの効能を最大限に生かしたい人には、体への吸収率がアップするようにペースト状にしたり、細かくして食べることがおすすめです。

選び方

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキは、美容や健康によいと評価されている食用サボテンを用いたメキシコ料理です。かすかな苦みや酸味をもつサボテンステーキは、まずいと言われる場合もありますが、自宅でも簡単に調理やアレンジが可能であり、好みの食べ方を見つけやすい点も魅力です。
Anonymous | 104 view
1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法は、激しい運動と筋トレ、厳しい食事制限です。短期間で痩せるためには、高たんぱく低脂質な食事で摂取カロリーを抑え、負荷の重い運動を取り入れて消費カロリーを増やす必要があります。1週間で3キロ痩せると、お腹周りや顔周りがスッキリします。
Anonymous | 968 view
7日間脂肪燃焼ダイエットとは?脂肪燃焼スープで効果的に痩せる方法を解説

7日間脂肪燃焼ダイエットとは?脂肪燃焼スープで効果的に痩せる方法を解説

7日間脂肪燃焼スープダイエットとは、7日間の食事をスープに置き換えるダイエット法です。脂肪燃焼スープには腸内環境を整え、痩せやすい体質に変える効果があります。食事メニューは決まっていますが、量に制限はなく、肉を食べられる日もあり、ストレスなく続けられます。
ri0910sa | 724 view
サバ缶ダイエットとは?効果的に痩せるサバ缶レシピを解説

サバ缶ダイエットとは?効果的に痩せるサバ缶レシピを解説

サバ缶ダイエットとは、毎日サバ缶を1缶食べるダイエット法です。サバには痩せやすい身体に変える効果や、脂肪燃焼効果があり、毎日摂取し続けることで痩せることができます。さらに、食物繊維と一緒にサバを摂取すると、ダイエット効果を高めることができます。
ri0910sa | 497 view
アクエリアスはダイエット中に飲んでもいいの?アクエリアスの効果・カロリーを解説

アクエリアスはダイエット中に飲んでもいいの?アクエリアスの効果・カロリーを解説

アクエリアスをダイエット中に飲むことは問題ありません。しかし、アクエリアスには糖が含まれています。必要以上に糖を摂取すると、痩せるためのダイエットを頑張ってもなかなか結果が出ない原因になります。アクエリアスは汗をかいたときなど、必要なときにのみ摂取するようにしましょう。
Anonymous | 443 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Leqaj Leqaj