Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. デトックススープダイエッ...
デトックススープダイエットの効果とは?1週間で痩せるメニューの作り方・やり方を解説

デトックススープダイエットの効果とは?1週間で痩せるメニューの作り方・やり方を解説

デトックススープダイエットとは、7日間の食事をデトックススープに置き換えて痩せるダイエット方法です。デトックススープには、脂肪を燃焼して身体の老廃物を排出する効果があります。7日間の食事メニューは決まっていますが、食べる量に制限がないため、ストレスなくダイエットすることができます。

2021.12.16 ダイエット

デトックススープダイエットとは?

 (257485)

デトックススープダイエットとは、1週間の食事を野菜がたっぷり入ったデトックススープに置き換えて痩せるダイエット方法のことです。脂肪燃焼スープや毒出しスープと呼ばれる場合もあります。

デトックススープは、元々は、心臓外科手術を控えた患者さんの減量を無理なく安全におこなうために考えられた病院の食餌療法でした。デトックススープダイエットは、新陳代謝を上げて身体に負担なく脂肪を燃焼できるため、短期間で無理なく結果を出したい方におすすめです。
 (257503)

デトックススープの効能・効果

デトックススープの効果・効能は6つです。

・便秘の改善
・腸内環境の改善
・むくみの解消
・基礎代謝の向上
・免疫力の向上
・美肌効果


デトックススープにたくさん含まれている食物繊維は、腸内環境を整えて便秘を改善します。さらに、ビタミンB1の働きで基礎代謝や免疫力の向上、カリウムでむくみの改善が期待できます。

デトックススープの効能

デトックススープは、体内の毒素を排出する食物繊維が豊富です。ビタミンB1の働きで脂肪を燃焼し、カリウムでむくみを解消することができます。スープに使用されるトマトやセロリは、ポリフェノールを含むため、美肌に効果的です。

・食物繊維
腸内環境を整えて腸内の老廃物を排出する

・ビタミンB1
糖質や脂質を分解してエネルギーに変える

・カリウム
体内の塩分を汗や尿にして排出してむくみを解消する

・ポリフェノール
抗酸化作用でシワを予防する

デトックススープの効果

デトックススープの効果は、6つあります。

便秘の改善
食物繊維が腸内環境を整えて便秘を改善する

腸内環境の改善
食物繊維が腸内環境を整えて細胞が活性化する

むくみの解消
カリウムの働きで体内の余分な塩分を排出し、むくみを解消する

基礎代謝の向上
体温が高くなることで基礎代謝が向上する

免疫力の向上
ビタミンB群が活性酸素を抑制することで免疫力が高まる

美肌効果
体内の不要物が排出されて肌がきれいになる

デトックススープのカロリー

中サイズのトマト/1個 40kcal
ピーマン/1個 10kcal
玉ねぎ/中1個 81kcal
キャベツのざくぎり/10g 2kcal
人参/中1本 37kcal
セロリ/1本 14kcal
低糖質な野菜を使って作る栄養たっぷりなデトックススープのカロリーは、1食100kcal程度です。一般的な成人女性の平均摂取カロリーは1日1,400〜2,000kcalなため、1回の食事約600kcalをデトックススープに置き換えると、500kcal摂取カロリーを減らして痩せることができます。

デトックススープの作り方

 (257487)

デトックススープは、基本的に6種類の食材を煮込んで作ります。

・ホールトマト缶
・キャベツ
・人参
・ピーマン
・玉ねぎ
・セロリ


カレーパウダーや豆乳で味をアレンジすると、飽きずに食べ続けられるでしょう。デトックススープに入れる具材の工夫次第では、さらに減量結果を上げられます。

デトックススープのレシピ

 (257493)

デトックススープのレシピは、好みの大きさに切った野菜を水で煮込み、コンソメと塩コショウで味をつけるだけと簡単です。基本のレシピは、味付けや具材のアレンジを加えやすくするためにシンプルな味付けにします。
キャベツ 半玉
にんじん 1本
玉ねぎ 大3個
セロリ 1本
ピーマン 1個
ホールトマト缶(生トマト3個でも可) 1缶
野菜が浸る程度
コンソメ 適量
塩コショウ 適量
  •        
  •        
  •        
  •       
    
【デトックススープの作り方】
①野菜を好みの大きさに合わせて切り、大きめの鍋に入れる
②野菜が浸る程度の水を入れて火にかけ、好みの柔らかさになるまで中火で煮込む
③コンソメと塩こしょうで味を整える

デトックススープの味付けアレンジ

 (257490)

デトックススープの味付けのアレンジにおすすめな食材は、3種類です。

・味噌
・カレーパウダー
・豆乳


1週間分まとめて作った脂肪燃焼スープに飽きてしまったときには、味噌やカレーパウダーで味を変えることをおすすめします。

朝ご飯のときは、味噌を入れてコクのある和風スープにすると食べやすいです。カレーパウダーを入れると、発汗作用で新陳代謝が高まります。豆乳を入れると、味がまろやかになって飲みやすくなり、含まれるサポニンによる肥満防止効果が期待できます。

デトックススープの具材アレンジ

デトックススープの具材アレンジのおすすめは、8種類あります。

・きのこ類
・こんにゃく
・生姜
・唐辛子
・ほうれん草
・小松菜
・ブロッコリー
・パプリカ


具材をアレンジするときには、食物繊維やカリウムを多く含む野菜を取り入れましょう。特に、脂肪燃焼が期待できるブロッコリーや新陳代謝アップが期待できる生姜や唐辛子がおすすめです。

デトックススープダイエットのやり方

 (257497)

デトックススープダイエットのやり方は、1週間の食事を全てデトックススープに置き換えるだけと簡単です。指定されているルールに合わせて、野菜や肉・玄米を食べられる日もあります。

デトックススープダイエットは、1日に決められた摂取量がないため、お腹いっぱい食べても問題ありません。

飲み方

デトックススープダイエットでは、デトックススープを3食の食事と置き換えて飲みます。決められたルールに合わせて、他の食材を取り入れた食事と一緒に飲む必要があります。

1日目:スープ+果物
2日目:スープ+野菜
3日目:スープ+野菜+果物
4日目:スープ+バナナ+スキムミルク
5日目:スープ+肉+トマト
6日目:スープ+牛肉+野菜
7日目:スープ+玄米+野菜+フルーツジュース

デトックススープは、満足感を得られるように、含まれる野菜をよく噛んでゆっくり食べましょう。

飲む量

飲めば飲むほど代謝が上がって脂肪が燃焼されるデトックススープは、1食で2皿以上飲むのが理想です。基本のルールでは、1食に飲む量に制限はないとされていますが、4皿以上飲んでしまうと、カロリー過多や塩分の摂りすぎによるむくみを招くため注意が必要です。

多くの脂肪を燃焼させて確実に結果をだすためには、栄養バランスを考えながら1週間欠かすことなく食べることが大切です。

飲むタイミング

デトックススープを飲むタイミングは、基本的には、3食の食事のときです。デトックススープは、朝ご飯、昼ご飯のときは、ルールに合った食材と組み合わせて飲んで問題ありません。

しかし、1日で1番カロリー摂取量が多い夕ご飯のときだけは、デトックススープを1皿食べ終えてから他の食材を食べるようにします。デトックススープでお腹を膨らませてから他の食材を食べると、1日の摂取カロリーが減って効率よく減量できます。

デトックススープダイエットの1週間プログラム

日付 飲み方 注意点
1日目 スープ+果物 バナナ禁止
2日目 スープ+野菜 じゃがいもは夕食のみ可
3日目 スープ+野菜+果物 バナナ・じゃがいも禁止
4日目 スープ+バナナ+スキムミルク 1食につきバナナ1本
5日目 スープ+肉+トマト トマトは6個まで
6日目 スープ+牛肉+野菜
7日目 スープ+玄米+野菜+フルーツジュース
デトックススープでダイエットするときは、1週間のプログラムが決まっています。1日目は果物、2日目は野菜、3日目は果物と野菜のように決められたルールに合った食事を摂らなくてはなりません。

4日目は、バナナとスキムミルク、5・6日目は野菜と肉を中心に食べます。7日目には、玄米ご飯を好きなだけ食べましょう。

1日目:スープ+果物

1日目に食べることができる食材は、デトックススープとバナナ以外の果物です。3食ともに、デトックススープに270g程度の果物を合わせて食べます。

1日目の水分補給には、水か甘味料が含まれていない100%のフルーツジュースだけを飲むようにしましょう。

2日目:スープ+野菜

2日目に食べることができる食材は、デトックススープと野菜です。3食ともに、デトックススープと豆類やコーンを除く野菜を合わせて食べます。野菜は、好きなだけ食べても問題ありません。

デトックススープダイエットのルール上、朝ご飯と昼ご飯には、じゃがいもを食べてはいけません。じゃがいもを食べるときは、夕ご飯のタイミングにしましょう。デトックススープと一緒に食べる野菜は、油やバターを使用しない生野菜か茹で野菜にすることをおすすめします。

3日目:スープ+野菜+果物

3日目に食べることができる食材は、デトックススープと野菜とバナナ以外の果物です。3食とも、2日目同様のデトックススープと野菜の組み合わせに270g程度の果物を追加して食べます。

3日目は、じゃがいもを食べてはいけないというルールになっているため注意しましょう。一緒に食べるフルーツは、生で食べるだけでなく、ミキサーにかけてフレッシュジュースにしても問題ありません。

早い方だと、3日目の時点で、2〜3キロの減量が期待できます。

4日目:スープ+バナナ+スキムミルク

4日目は、身体がタンパク質やカルシウム・炭水化物を必要とするため、デトックススープとバナナとスキムミルクを食べます。4日目は、1日のトータルで、バナナ3本とスキムミルク500mlを摂取する必要があります。そのため、3食ともに、デトックススープと合わせてバナナ1本とスキムミルク170mlを摂取しましょう。

バナナは、デトックススープダイエット期間中に甘いものが欲しがる欲求を減らすことに効果的です。

5日目:スープ+肉+トマト

5日目に食べることができる食材は、デトックススープと肉とトマトです。1日トータルで、赤身の牛肉か鶏肉を350g〜700g程度食べます。5日目は、3食ともに、デトックススープと合わせて牛肉か鶏肉を200g程度とトマト2個程度を食べるようにしましょう。

肉は、油を使わないローストビーフや胸肉のソテーにして食べることをおすすめします。肉の代わりに煮魚を食べても問題ありません。

6日目:スープ+牛肉+野菜

6日目に食べることができる食材は、デトックススープと牛肉と野菜です。3食と、デトックススープに合わせて食べる牛肉と野菜の摂取量に制限はないため、好きなだけ食べることができます。

牛肉は、3食食べても飽きないよう、ステーキやローストビーフだけでなく、トマトソースで煮込むといったアレンジレシピにするのもおすすめです。

7日目:スープ+玄米+野菜+フルーツジュース

最終日となる7日目に食べることができる食材は、デトックススープと玄米・野菜・フルーツジュースです。フルーツジュースを飲むときは、甘味料を含まない果汁100%のジュースを選びます。

3食とも、デトックススープと合わせて食べる玄米と野菜の量には制限がありません。フルーツジュースは、1食200ml程度にしましょう。ダイエットのリバウンドを防ぐ回復食にあたる玄米はそのまま食べても、デトックススープに入れて煮込んでリゾット風にしても問題ありません。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

デトックススープダイエットの注意事項

 (257502)

デトックススープダイエットでは、デトックススープと一緒に摂取する食品や飲み物に注意が必要です。ダイエット期間中は、糖質が多い白米や小麦粉を使った料理、芋類・揚げ物は控えましょう。

飲み物も、糖質を含まない水かお茶・ブラックコーヒーを飲まなくてはなりません。

期間中に摂取できない食品

 (258125)

デトックススープダイエットの期間中に摂取できない食品は4種類あります。

・白米
・小麦粉を使った料理
・芋類
・揚げ物


ダイエット期間中は、タンパク質や脂質をエネルギー源として効率よく脂肪を燃焼できるよう、体脂肪の蓄積を防ぐ糖質を制限しなくてはなりません。そのため、糖質や脂質が入った白米や小麦粉を使った料理、芋類や揚げ物の摂取を控えましょう。

期間中に摂取できない飲み物

デトックススープダイエット中に摂取することをおすすめできない飲み物は、3種類あります。

・お酒
・砂糖を含む甘味料を使用した飲料
・炭酸飲料


飲み物は、糖質を含まない水かお茶・ブラックコーヒーを飲まなくてはなりません。ダイエット前は、24時間以上お酒の摂取を控えましょう。

デトックススープダイエットの疑問

 (257495)

デトックススープダイエットを始めるときには、日持ちや置き換えのタイミング、失敗する人の特徴に疑問を感じることが多いです。

デトックススープは、冷蔵で3日、冷凍すると2週間~1ヵ月保存することが可能です。生活スタイルで3食の食事を全て置き換えることが難しい場合は、夜だけ置き換えても問題ありません。

デトックススープダイエットを失敗しないためには、ルールを理解して継続することが大切です。

デトックススープの日持ちはどのくらい?

デトックススープの日持ちは、冷蔵で3日、冷凍で2週間~1ヵ月です。デトックススープは、肉や牛肉が入っているスープと比較すると痛みにくいですが、冷蔵の場合は3日以内、タッパーかジップロックで冷凍した場合は、1ヵ月を目安に食べきりましょう。

夜だけデトックススープに置き換えてもよいの?

仕事関係や生活スタイルの問題で3食全てをデトックススープにするのが難しい場合は、夜ご飯だけを置き換える方法でも問題ありません。夜だけ置き換えの場合は、7日間で1~2キロ程度の減量結果が見込めます。

夕食を置き換えるデトックススープダイエットをするときは、朝ご飯と昼ご飯は何を食べても構いませんが、栄養バランスのよい食事を摂るように心がけましょう。

デトックススープダイエットを失敗する人の特徴とは?

デトックススープダイエットを失敗する人の特徴は、3つあります。

・ルールを破って独自のルールで取り組んでしまう
・食べ過ぎて栄養とカロリーを摂りすぎる
・痩せないと諦めて挫折する


デトックススープダイエットは、細かく摂取ルールが決まっているため、ルールを破って独自の方法で取り組んだり、途中で挫折してしまうと、減量が上手く行きません。デトックススープの摂取量に制限はありませんが、度を超えるほど食べてしまうと栄養やカロリー過多となるため注意しましょう。

デトックススープダイエットで無理なく痩せよう

 (258557)

デトックススープダイエットは、1週間の食事をデトックススープに置き換えて無理なく痩せるダイエット方法です。デトックススープダイエットは、ダイエット中に食べてもよいメニューが細かく決まっていますが、摂取量に制限はないため、断食の空腹といったストレスなく継続して結果を出すことができます。

デトックススープの基本のレシピをアレンジして、飽きずに楽しく痩せましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。