2020年3月13日 更新

ダイエットの停滞期とはいつから?正しい乗り越え方とどう乗り越える

ダイエット停滞期はいつからいつまで続くと決まった期間はありませんが、誰にでも訪れます。ダイエット停滞期の正しい乗り越え方は、チートデイや運動を取り入れる、食生活を見直すことです。上手に停滞期を乗り越えて、ダイエットを成功させましょう。

12,114 view お気に入り 0

⑤食事の取り方

 (114727)

5つめの注意点は、食事の取り方です。

チートデイを取り入れるなら、その日だけは好きな物を楽しく美味しく食べるようにしましょう。中途半端に食べると満足感を得ることができず、チートデイを取り入れる意味がありません。その日1日は思いっきり食べ、翌日からは気持ちを切り替えてダイエットに臨むことが大切です。

ダイエットの停滞期にダメなこと

過度な食事制限をする

 (114805)

1つめの停滞期にしてはいけないことは、過度な食事制限をすることです。

思うように減量が進まなくなると、なぜ頑張っているのに体重が落ちないのかと焦って過度な食事制限をしてしまいがちになりますが、ホメオスタシス機能によって体が飢餓状態にあると判断し、ますます痩せにくくなります。また、食事制限だけでダイエットをしてしまうと、リバウンドする可能性も高くなり、結果的にダイエットが失敗に終わります。

筋トレの強度をあげる

 (114806)

2つめの停滞期にしてはいけないことは、筋トレの強度をあげることです。

極端に筋トレの強度をあげると、筋肉が回復する機会を失い、結果的に筋力が弱まって基礎代謝の低下につながります。思うように減量が進まない時は、筋トレの強度をあげるのではなく、鍛える場所を変えてみましょう。全身をバランス良く鍛えることで、基礎代謝が上がって痩せやすくなります。

筋トレの頻度は週に2~3日程度にし、筋肉が回復してからおこなうようにしましょう。

ダイエットを諦める

3つめの停滞期にしてはいけないことは、ダイエットを諦めることです。

これ以上減量できないと勝手に判断し、急にダイエットを中断するとそれまでの努力も無駄になり、リバウンドする可能性も高くなります。ダイエット停滞期は個人差があるため、いつからいつまでと明確にすることはできませんが、それを乗り切ることができれば、また体重は落ち始めます。

ダイエット停滞期を乗り切った後の過ごし方

食生活を元に戻さない

 (115371)

ダイエット停滞期を乗り切った後の1つめの過ごし方は、食生活を元に戻さないことです。

目標体重まで減量してダイエットに成功しても、食生活を元に戻すとリバウンドする可能性が高くなります。ダイエット期間中のように厳しくカロリー制限をする必要はありませんが、ご飯はお茶碗1杯まで、お菓子は小袋1つだけ。など食べた物のカロリーを意識することは続けましょう。1日の食事内容を日記につけておくと食べ過ぎを防ぎ、減量したままの体重をキープすることができます。

運動は継続する

 (114722)

ダイエット停滞期を乗り切った後の2つめの過ごした方は、運動は継続することです。

食事内容が変わっていなくても、ダイエット中よりも消費エネルギーが減るとリバウンドしやすくなります。減量に成功した後も、無理なく続けられる範囲で運動は生活の中に取り入れていきましょう。

朝晩にストレッチをする、通勤時は一駅分歩くなど、運動を習慣化することで体型を維持し、肉体的にも精神的にも健康な生活を送ることができます。

ダイエット停滞期を乗り越えて、理想の体を手に入れよう!

 (114807)

ダイエット停滞期は、いつからいつまで続くという決まりがなく、誰もが「なぜ体重が落ちないのか」とぶつかる壁です。ここで諦めてしまえば、今までの努力が全て無駄になってしまいます。

ダイエット停滞期を乗り切ることができるかどうかがダイエット成功への分かれ道です。体重が減らなくなったとダイエットを諦めず、いつから停滞期が訪れるのかを認識し、この期間を乗り越えるために少し工夫をしてみましょう。そうすれば、理想の体を手に入れることができます。
72 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous