2020年9月29日 更新

とうがんはダイエットおすすめ?冬瓜の効果・おすすめレシピを解説

とうがんダイエットとは、とうがんに含まれる水分と栄養素をダイエットに活用する方法です。低カロリー低糖質に加え、むくみの改善や整腸作用で効果的に痩せることができます。ダイエットのやり方は、とうがんを食べるだけと簡単で、豊富なレシピがあり継続的にダイエットができます。淡白な味わいのためさまざまな料理に用いることができますが、ダイエットに適している食べ方は生食かスープです。

887 view お気に入り 0

とうがんはダイエットにおすすめ?

 (178235)

とうがんダイエットのやり方はとうがんを食事にとりいれるだけのとても簡単な方法です。ヘルシーでたくさん食べることができ、ダイエットに必要な栄養を効率よく摂取できます。レシピの豊富さと誰でも簡単に食事に取り入れられる気軽さがメリットです。即効性はありませんが継続的に食べることで体重減少効果を実感できます。

とうがん(冬瓜)の栄養・効果

 (177469)

漢字表記 冬瓜
分類 ウリ科トウガン属
旬なシーズン 夏〜秋
とうがんはウリ科で夏に旬を迎え、95%以上が水分で構成されている低カロリー低糖質食材です。冬まで保存が効くため冬瓜と名前がつきました。豊富な水分とカリウムが含まれ、食べることで体の熱を冷まし、カリウム不足を補えるため夏バテ防止に効果があります。さまざまな栄養素と効能が薬膳で注目される食材です。

栄養

 (177495)

栄養成分 含有量(100g中)
ビタミンC 39mg
カリウム 200mg
 食物繊維 1.3g
サポニン
・カリウム
利尿作用に優れ、太る原因となる糖や老廃物の排泄を促しむくみをとる働き

・ビタミンC
コラーゲンの生成に必須で、抗酸化作用が期待される

・サポニン
腸で吸収されたブドウ糖が脂肪酸と合わさるのを防ぎ、脂肪の吸収を抑制する

・葉酸
造血のビタミンと呼ばれ、赤血球の生成やDNAの合成に深く関係

効果

とうがんの効能は3つあります。

・美肌効果
抗酸化作用に加え、皮膚と粘膜の健康を保つビタミンCの作用で肌の健康を維持

・むくみ改善
カリウムと豊富な水分で利尿作用があり体内の水分過剰が緩和され、むくみが改善

・整腸作用
とうがんの食物繊維は水溶性と不溶性のバランスが理想的で、食物繊維の保水力で腸の動きを活発化

カロリー

成分 含有量(100g中)
カロリー 16kcal
糖質 2.5g
冬瓜のカロリーは16kcalで、生のままでも茹でても変わりません。糖質も少なく普段の食事から冬瓜を積極的に取り入れれば、低カロリー低糖質な食事にできます。夏が旬の他の野菜と比べてもカロリーが低いです。

・とうがん:16kcal
・ゴーヤ:17kcal
・赤パプリカ:30kcal
・すいか:37kcal

とうがんのダイエットに適した食べ方

 (177472)

とうがんのダイエットに適した食べ方は生食かスープです。生食ではとうがんに含まれる栄養を損なうことなくすべて摂取できます。とうがんに多く含まれるカリウムは熱に弱く、ビタミンCとともに水に溶ける性質がありますが、スープにすることですべての栄養を摂取でき効果的です。

栄養を損なわない食べ方①生食

生で食べる場合は皮を5〜6mの厚さでむき、白い部分を薄切りにします。塩もみ後出てきた水分を絞りアクを抜いて調理します。すぐに食べられる簡単な食べ方は4つあります。

・サラダ
・酢の物
・おひたし
・あえもの

栄養を損なわない食べ方②スープ

スープで食べる場合はワタの部分を一緒に入れ、種やワタに含まれる栄養を摂取しましょう。ピーラーで皮を薄くむいて食べやすい大きさにカットしたらスープに入れて煮込むだけです。ワタの部分が苦手と感じる方はスプーンを使えば簡単に取り除くことができます。肉や魚と調理するとタンパク質も摂取でき、栄養効果が高まります。

とうがんを使ったダイエットレシピ

 (177774)

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

めんつゆはダイエットで使っていいの?めんつゆの効果・カロリーを解説

めんつゆはダイエットで使っていいの?めんつゆの効果・カロリーを解説

めんつゆは、抗肥満効果を持つヒスチジンやイノシン酸が含まれているため、ダイエット中に使っても大丈夫な調味料です。体の形成に必要な栄養素のミネラルやビタミンも多く含まれています。ダイエットにめんつゆを活用することで健康的な体を作りながら痩せることが期待できます。
hiro0716 | 236 view
コメダ珈琲のカツサンドがでかい!サイズ詐欺と言われる大きさとボリュームの凄さ

コメダ珈琲のカツサンドがでかい!サイズ詐欺と言われる大きさとボリュームの凄さ

コメダ珈琲のカツサンドの魅力は、初めて注文した人は必ず驚くと言われているほどでかいサイズ感です。メニューブックの写真で見る印象を上回るほど実物が大きいため、コメダ珈琲ファンにサイズ詐欺と言われています。カツサンドは、通常のハンバーガーの5倍近い500gを超える重量があり、1つで十分にお腹を満たすことができます。
ayadarira | 298 view
豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 509 view
コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 811 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
Anonymous | 298 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous