2020年12月29日 更新

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。

177 view お気に入り 0

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?

 (205307)

コチュジャンは、ダイエットに効果的なカプサイシンや麹菌を含み、食事と一緒に食べると脂肪燃焼効果整腸効果が期待できるため、ダイエットにおすすめの調味料です。コチュジャンを摂取した後に運動をすると、2週間で2~3㎏の減量が期待でき、短期間で健康的に痩せることが可能です。

糖質が多い分1日の摂取量に気を付けなければならないコチュジャンで減量を目指すときには、ダイエット効果を高めるように栄養バランスを意識した食生活を心掛ける必要があります。

コチュジャンの栄養・効果

 (205309)

コチュジャンの栄養素は、炭水化物とさまざまなビタミンやミネラル成分で構成されています。コチュジャンに含まれる唐辛子の主成分のカプサイシンには脂肪燃焼効果、麹菌には整腸効果が期待できるため、痩せやすい体質を作ることができます。コチュジャンを食べると、ビタミンやミネラルの3つのダイエット効果で健康的に痩せることが可能です。

・代謝機能
・免疫向上
・整腸作用をサポート

栄養・カロリー

コチュジャンの栄養 含有量/大さじ1杯18g
カロリー 46㎉
たんぱく質 1.39g
脂質 0.63g
炭水化物 9.09g
ナトリウム 273.54㎎
モリブデン 3.45㎍
ビタミンA 45㎍
ビタミンE 0.92㎎
ビタミンB6  0.11㎎
食物繊維 1.89g
・タンパク質
筋肉や臓器の形成にかかわる

・脂質
体温調整やエネルギー源となる

・炭水化物
脳の栄養源であるブドウ糖に変化する

・ナトリウム
神経伝達に関わり、体の機能を調節する

・モリブデン
体内の有害物質を分解する酵素成分

・ビタミンA
皮膚や粘膜を健全に保つ働き

・ビタミンE
強い抗酸化作用があり、血液の健康に役立つ

・ビタミンB6
アミノ酸代謝や脂質の代謝に役立つ

効果

コチュジャンには、カプサイシンや麹菌・ビタミンEやビタミンAの効能で4つの効果があります。

・脂肪燃焼効果
唐辛子に含まれるカプサイシンの働き

・老化防止
高い抗酸化作用をもつビタミンEの作用

・風邪の予防
免疫機能を高めるビタミンAの作用

・整腸効果
麹菌や食物繊維の働きによる効果

コチュジャンを使ったダイエット方法

 (205310)

コチュジャンを使ったダイエット方法とは、1日1回夕食にコチュジャンを摂取し唐辛子や麹菌の効果や効能で痩せる体を目指す方法のことです。コチュジャンを摂取した食後に運動をすると、カプサイシンの脂肪燃焼効果で短期間でダイエット効果を実感することができます。

ダイエットするときにおすすめのコチュジャンの食べ方は、味噌汁やスープ・炒め物に入れて食べる方法です。コチュジャンは糖質が多いため、炭水化物と一緒に食べる場合は糖質の摂りすぎに気を付けましょう。

コチュジャンダイエットのやり方

コチュジャンを使用したダイエットのやり方は、夕食にコチュジャン小さじ1杯を加えるだけと非常に簡単です。夕食にコチュジャンを摂取すると、麹菌の効果で腸内環境が整います。

コチュジャンを摂取した食後、30分後に20分以上の有酸素運動や筋トレを取り入れると、カプサイシンの脂肪燃焼効果で2週間で2~3キロの減量が期待できます。コチュジャンダイエット中は、タンパク質や食物繊維を中心としたバランスの取れた食生活を心掛けましょう。

食べ方

コチュジャンダイエット中の食べ方には、たくさんの具材と一緒に摂取できるスープや味噌汁、脂質の少ない肉や魚・野菜の炒め物に混ぜて食べる方法がおすすめです。

コチュジャンは糖質が多いため、炭水化物と組みあわせるときは糖質の摂取量に注意する必要があります。コチュジャンダイエットは、無理な食事制限がなく必要な栄養をあわせて摂取することができますが、1日の必要摂取カロリーを超えることがないように注意が必要です。

コチュジャンを使ったダイエットレシピ

 (205313)

コチュジャンを使ったダイエットレシピには、ダイエット中に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルを多く含む肉や魚・野菜を多く摂ることができるスープや炒め物がおすすめです。糖質が多いコチュジャンと炭水化物を組みあわせる場合は、少量にして、糖質の吸収を緩やかにするために野菜をバランスよく摂るようにしましょう。

加熱しなくても食べられるコチュジャンは、調理せずにそのまま料理にかけたりつけたりするだけでも効果的です。

コチュジャンの甘辛チキン

 (205314)

コチュジャンの甘辛チキンは、筋肉を形成するたんぱく質が豊富で、唐辛子に含まれるカプサイシンの脂肪燃焼効果が期待できるレシピです。

コチュジャンダイエット中は、炭水化物を控える分空腹を感じやすいです。コチュジャンの甘辛チキンで腹持ちがよい鶏肉でたんぱく質を多く摂取すると、満足感が得られてストレスなくダイエットすることができます。
鶏むね肉 350g おろしにんにく 小さじ1杯
コチュジャン 大さじ1杯 片栗粉 大さじ2杯
ケチャップ 大さじ2杯 白ごま 適量
醤油 大さじ1杯 オリーブオイル 大さじ3杯
みりん 大さじ1杯 塩コショウ 少々
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 204 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 397 view
ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。
yunn0923 | 323 view
アジはダイエットにおすすめ?鯵の効果・おすすめレシピを解説

アジはダイエットにおすすめ?鯵の効果・おすすめレシピを解説

アジダイエットとは、アジに含まれる栄養素をダイエットに活用する方法です。アジに含まれるDHAやEPAは内臓脂肪や中性脂肪値を減らし食欲抑制効果もあり効果的に痩せることができます。ダイエットのやり方はアジを食べるだけと手軽で、レシピも豊富にあり飽きずに続けることができます。
Anonymous | 190 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yukari221 yukari221