2020年12月30日 更新

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。

180 view お気に入り 0

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?

 (203590)

豆板醤は、脂肪燃焼効果があるカプサイシンや整腸作用がある麹菌が含まれているため、ダイエット中に食べても大丈夫な調味料です。

さまざまな料理に使えてバリエーションの多い豆板醤でダイエットをすると、カプサイシンの働きで脂肪燃焼効果が得られます。カプサイシンダイエットは、運動と併用すると効果や効能が上がり、無理な食事制限なしで2週間で2~3㎏健康的に痩せることが期待できます。

豆板醤の栄養・効果

 (203591)

豆板醤の栄養には、ナトリウムやカリウム、マグネシウムをはじめとする体の機能に関わる効能を持つ栄養成分が多数含まれています。豆板醤を食べると、唐辛子に含まれるカプサイシンやカプサイチンの効能で、脂肪燃焼効果を得ることが可能です。

発酵食品の豆板醤は、そら豆のタンパク質を塩麹で分解して発酵させる過程で生まれる麹菌の整腸作用で、悪玉菌を減らし便秘解消効果が期待できます。

100g中の栄養素

脂質 2.3g たんぱく質 2g
ナトリウム 7,000mg カルシウム 32mg
カリウム 200mg マグネシウム 42mg
炭水化物 8g 食物繊維 4.3g
・ナトリウム
神経の情報伝達を助ける
筋肉を収縮させる
水分バランスの維持する

・カリウム
体内の余計なナトリウムを排出させる

・マグネシウム
骨を生成する
酵素の働きを助ける

・カルシウム
歯や骨の生成する

・食物繊維
整腸作用で腸を整える

効果

豆板醤の効果は、5つあります。

・脂肪燃焼
カプサイシンが脂肪燃焼を助ける

・食欲増進
カプサイシンが舌や胃を刺激する

・ガンを予防をする
カプサイシンの抗酸化作用や麹菌の働きでガンを予防する

・栄養の吸収を助ける
必須ミネラルのナトリウムが栄養の吸収を助ける

・整腸作用
麹菌が悪玉菌を減らす

カロリー

豆板醤のカロリーは、100gで60kcalです。料理で使われることが多い大さじ1杯18gで計算すると、11kcalとなります。

豆板醤自体は、低カロリーでダイエットに最適な調味料ですが、豆板醤を使用する機会の多い中華料理は油が多く高カロリーな料理が多いため、食べ過ぎには注意が必要です。カロリーを気にする人は、自炊で糖質や脂質をコントロールし、豆板醤の摂取量を調整することをおすすめします。

豆板醤を使ったダイエット方法

豆板醤を使用したダイエットのやり方は、小さじ1杯の豆板醤を食事に加えるだけと簡単です。カプサイシンのダイエット効果を高めるには、運動と併用することをおすすめします。

加熱してもカプサイシンや麹菌の効果が保存される豆板醤は、中華料理以外も和食や洋食まで幅広いジャンルのレシピに使用することが可能です。

やり方

板醤を使ったダイエットのやり方は、小さじ1杯の豆板醤を夕飯に1回取り入れるだけの方法です。豆板醤に含まれる麹菌を夜に摂取すると、善玉菌が長く腸内に滞在できるため、整腸作用が高まります。

カプサイシンの脂肪燃焼効果を高めるには、食べたあとに20分以上の有酸素運動や筋トレを取り入れると効果的です。豆板醤と運動を取り入れたダイエット方法を2週間続けると、脂肪燃焼効果や整腸作用で代謝が上がり、2週間で2~3㎏痩せることが期待できます。
豆板醤ダイエットに使用する豆板醤の選び方は、辛さを重視するようにしましょう。初めて豆板醤を食べる人は、マイルドな辛さの商品から始めて、徐々に辛さのレベルをあげることをおすすめします。

食べ方

 (203594)

豆板醤は、普段食べている料理や食材にそのまま入れて食べることができます。さまざまなレパートリーの料理に使える万能調味料の豆板醤は、汁物や炒め物・煮物に入れても美味しく食べることができます。豆板醤は、加熱してもカプサイシンや麹菌の効果が継続するため、煮込み料理に使用することも可能です。

豆板醤におすすめの料理や食材は、8種類あります。

・汁物
・麺類
・炒め物
・煮物
・煮込み料理
・生野菜
・豆腐
・.納豆

豆板醤を使ったダイエットレシピ

豆板醤を使ったダイエットレシピでは具だくさんのスープや炒め物に豆板醤を加えた料理がおすすめです。豆板醤と一緒に野菜や食物繊維を多く含む食材・たんぱく質を摂ることで、栄養価や満足感が上がり効率的にダイエットをすることができます。

豆板醤は塩分が多く含まれているため、他の調味料を入れる場合は塩加減に注意しましょう。

豆板醤のワカメ卵スープ

50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 151 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 370 view
ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。
yunn0923 | 304 view
アジはダイエットにおすすめ?鯵の効果・おすすめレシピを解説

アジはダイエットにおすすめ?鯵の効果・おすすめレシピを解説

アジダイエットとは、アジに含まれる栄養素をダイエットに活用する方法です。アジに含まれるDHAやEPAは内臓脂肪や中性脂肪値を減らし食欲抑制効果もあり効果的に痩せることができます。ダイエットのやり方はアジを食べるだけと手軽で、レシピも豊富にあり飽きずに続けることができます。
Anonymous | 178 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yukari221 yukari221