2020年12月2日 更新

アジはダイエットにおすすめ?鯵の効果・おすすめレシピを解説

アジダイエットとは、アジに含まれる栄養素をダイエットに活用する方法です。アジに含まれるDHAやEPAは内臓脂肪や中性脂肪値を減らし食欲抑制効果もあり効果的に痩せることができます。ダイエットのやり方はアジを食べるだけと手軽で、レシピも豊富にあり飽きずに続けることができます。

190 view お気に入り 0

アジはダイエットにおすすめ?

 (199121)

アジダイエットのやり方はアジを食事に取り入れるだけのとても簡単な方法です。アジには痩せやすい体をつくるDHAやEPAが豊富で、適量を食べることで痩せる効果を期待することができます。脂の多いイメージがある青魚の中でアジは比較的低カロリーで大衆魚であることから値段もお手頃なのがメリットで、ダイエットに有効な栄養素が含まれていてダイエットにおすすめの魚です。

アジの栄養・効果

 (199123)

漢字表記
分類 スズキ目アジ科
旬なシーズン 6~8月
鯵はスズキ目の海水魚で青魚の中でも比較的低カロリーでダイエットに適した食材です。アジにはオメガ3脂肪酸に分類されるDHAやEPAが豊富で脂肪燃焼効果があるため痩せる効果が期待できます。カルシウムやビタミンDも豊富で栄養価の高い魚といえます。味がよいことからアジと言われるようになった美味な魚でダイエット中も食事を楽しみたい人におすすめの食材です。

栄養

栄養成分 含有量(100g中)
DHA 570mg
EPA 408mg
ナイアシン 5.39mg
・DHA
必須脂肪酸の1種で神経の発達に影響

・EPA
必須脂肪酸の1種で血液をさらさらにする働き

・ナイアシン
糖質と脂質の代謝に働くビタミンB群

効果

 (199120)

あじの効果は3つあります。

・内臓脂肪を減らす
褐色脂肪細胞の増加を促進し体脂肪を減らす効能

・食欲抑制効果
痩せホルモンと呼ばれるGLP-1の分泌が増加することで食欲を抑え、胃運動を抑制する効能

・中性脂肪値を減らす
中性脂肪の吸収や合成を抑制し、余分な血中の中性脂肪の代謝を促進する効能

カロリー

成分 生食(100g) 塩焼き(100g)
カロリー 121kcal 115kcal
たんぱく質 21g -
糖質 0.1g 0.1g
アジ100gのカロリーは生食で121kcalで塩焼きでは115kcalです。塩焼きにすることで脂が落ちることでカロリーは低くなります。他の青魚と比べるとカロリーが低くたんぱく質が多く、脂肪の燃焼を促したいダイエット中に最も適した青魚であるといえます。

・サンマ:310kcal
・イワシ:214kcal
・サバ:250kcal

アジのダイエット中の食べ方

 (199119)

アジのダイエットに適した食べ方は生食かスープです。生食ではアジに含まれるオメガ3脂肪酸を損なうことなく摂取できます。アジに多く含まれるEPAやDHAは油と共に水に流れ出てしまうデメリットがあることから、スープにすることで栄養を逃さず摂取でき効果的です。

栄養を損なわない食べ方①生食

生で食べる場合は鯵を購入しさばくか鮮度のよい刺身を使うことで、熱に弱いDHAの栄養を損なうことなくすべて摂取できます。生で食べる場合刺身が1番簡単ですが飽きやすいため生のアジを使用したアレンジレシピを活用しましょう。刺身以外の簡単なレシピは3つあります。

・なめろう
・たたき
・カルパッチョ

栄養を損なわない食べ方②スープ

スープで食べる場合はアジをたたいてつみれにして、スープに溶け出た栄養も逃さす飲むことで栄養を損なわず摂取することができます。温かく野菜たっぷりのスープは体温が上昇し代謝が上がることで脂肪燃焼効果があり、食物繊維も豊富でデトックス効果も期待できます。つみれスープのベースはシンプルな出汁以外に洋風のスープや具だくさんの味噌汁も人気です。

アジを使ったダイエットレシピ

 (199118)

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 204 view
コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 175 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 393 view
ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。
yunn0923 | 323 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous