2020年11月14日 更新

舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは、1日1回食事に舞茸を取り入れて痩せやすい体質を作るダイエット方法のことです。舞茸には、脂肪や糖質を包み体内へ吸収を遅らせるβグルカンの働きで、痩せる効果が得られます。痩せる効果が抜群の舞茸レシピでは、有効成分MXフラクションを摂取できるまいたけ茶がおすすです。

235 view お気に入り 0

舞茸ダイエットとは?

 (193497)

舞茸ダイエットとは、1日1回食事で舞茸を摂取し、舞茸の持つ有効成分を体内に取り込むことで痩せやすい体を作るダイエット方法のことです。舞茸ダイエットを成功させるポイントは4つあります。

・舞茸の効果や栄養の基礎知識を理解する
・正しいやり方で取り組む
・はじめる前に疑問点を解決する
・舞茸ダイエットの具体的なレシピを知る

舞茸でダイエットをすると、MXフラクションの働きで、1週間に1㎏痩せることができます。

舞茸の効果

 (193483)

舞茸には、βグルカンから抽出されたMXフラクションの働きで血圧や血糖を下げて脂質吸収を抑制し、動脈硬化や心筋梗塞を代表する生活習慣病の予防に役立つ効果があります。

ダイエットにカロリーが低くミネラルやビタミンが豊富な舞茸を取り入れると、太りにくく痩せやすい体作りに効果的です。

効能(栄養)

栄養成分/100g中 含有量
カロリー 16kcal
たんぱく質 3.7g
炭水化物 4.4g
脂質 0.7g
カリウム 230㎎
ナトリウム 1㎎
食物繊維 3.5g
舞茸の効能は、3種類あります。

・たんぱく質:身体を作るもとになる
・炭水化物:エネルギー源となる
・食物繊維:整腸効果


カロリーが低いのに3つの主要な栄養素が豊富に含まれている舞茸は、ダイエット中に積極的に摂りたい食材です。

効果

 (193498)

舞茸を食べると、含まれる食物繊維の仲間のβグルカンから抽出されたMXフラクションの働きで、5つの痩せる効果を得ることができます。

・がん予防
・血圧
・血糖値
・コレステロールを下げる
・免疫力強化


舞茸に含まれる食物繊維の仲間のβグルカンは、脂肪や糖質を包み体内への吸収を遅らせてくれます。
MXフラクション
MXフラクションとは、腸の運動を活発にして、便秘解消や不要な脂肪やコレステロールの分解を促進する働きのことです。MXフラクションは、血糖値の上昇を穏やかにすることで肥満防止に役立ちます。MXフラクションを摂ると、体内に蓄積された内臓脂肪が燃焼しやすくなり、太りにくく痩せやすい体質になれます。

カロリー

きのこの種類 カロリー
舞茸 16kcal
マッシュルーム 11kcal
しめじ 18kcal
しいたけ 19kcal
エリンギ 19kcal
えのき 22kcal
まつたけ 23kcal
舞茸のカロリーは、100gあたり16kcalです。舞茸は、基本的にカロリーが低いきのこ類のなかでも、マッシュルームに次いで2番目にカロリーが低いです。

舞茸ダイエットのやり方

 (193499)

舞茸ダイエットのやり方は、1日の食事に舞茸料理を1食50g取り入れることです。舞茸ダイエットのポイントは4つあります。

・加熱調理をする
・食べ過ぎに注意する
・朝食か昼食に食べる
・有酸素運動を併用する


舞茸ダイエットでは、1日に1回舞茸を食べるだけで、1週間で1㎏のペースで痩せることができます。

舞茸の食べ方

 (193496)

舞茸の食べ方は、加熱調理して食べること​が原則です。舞茸の栄養素や旨味は水溶性で加熱すると煮汁に溶けだしてしまうことから、成分を逃さずに食べるには、旨味と有効成分が詰まった舞茸汁ごと摂取できる方法が理想といえます。

舞茸は、3種類のどの調理方法でも美味しく食べられる食材ですが、ダイエット時に食べる場合は、油を使わない煮る調理方法で作った料理がおすすめです。

・焼く
・煮る
・揚げる

ダイエットに適した舞茸の摂取量

 (193495)

ダイエットに適した舞茸の摂取量は1日50gです。スーパーで販売されている1パック90~100g入りの舞茸を利用する場合は、1回の調理に1袋の半分使うと考えると、計量をする手間が省けて便利です。

舞茸はカロリーが低くてヘルシーですが、食べ過ぎるとカロリーオーバーで太るため、100g以上摂取しないようにしましょう。1食で50gの舞茸を食べることが難しい人は、25gを2回に分けて食べても大丈夫です。
82 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩は、体の機能を正常に保つ栄養素なためダイエット中に摂取してもよいですが、過剰に摂取してしまうとむくみを引き起こす原因となります。塩抜きダイエットでは、減塩することでむくみを解消し、3日間で2キロの減量することができます。塩抜きダイエットにおすすめの減塩料理は、素材の旨味で塩分がなくても美味しく食べられるパスタや炊き込みご飯です。
yukari221 | 69 view
鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方は、1~2日ごとに市販の鯖の水煮缶と食物繊維のある食材を一緒に食べるだけです。水煮缶には、脂肪分解促進や食欲抑制、筋肉維持効果があります。水煮缶を使った簡単レシピでは、さばの有効成分を無駄なく摂れる味噌汁がおすすめです。
Act | 109 view
ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアは、痩せやすい体を作るポリフェノールやテオブロミンが含まれているためダイエットにおすすめです。ココアには、満腹感を得るだけでなく、食欲抑制や新陳代謝を上げることをはじめとする痩せる効果があります。ココアのカロリーは、無調整と調整のココアで大きく異なり、純ココアが調整ココアより健康やダイエットに適しています。
anananna | 122 view
カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは、唐辛子を食べて脂肪を効率よく燃焼させて痩せるダイエット方法のことです。唐辛子の主成分のカプサイシンは、褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪の燃焼を促す働きがあるためダイエットに効果的です。カプサイシンダイエットに加えてスクワットやヒップアブダクションの筋トレをすると、脂肪燃焼効果がアップします。
パパイヤはダイエットにおすすめ?パパイヤの効果・カロリーを解説!

パパイヤはダイエットにおすすめ?パパイヤの効果・カロリーを解説!

パパイヤは、健康的なダイエットを助ける栄養素の食物繊維や消化酵素が豊富に含まれているため、ダイエットにおすすめです。100g中38kcalと低カロリーなのに、ダイエット中に嬉しい免疫力の向上や腸内環境を改善する効果や効能を得られるパパイヤは、健康的に痩せたい人に適しています。
Leqaj | 126 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

toshimi_t toshimi_t