Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. 牛脂を使ったダイエットの...
牛脂を使ったダイエットのやり方と効果とは?牛脂を食べるレシピ!

牛脂を使ったダイエットのやり方と効果とは?牛脂を食べるレシピ!

牛脂を使ったダイエットとは、糖質を摂らず牛脂の良質な油脂でエネルギー源を補い、断糖高脂質な食事をすることで痩せるダイエット法で、米やパンの主食を断ち、質の良いピンク牛脂を1日200g食べます。牛脂を使ったダイエットは、2ヶ月で32kg減らした実績もあります。

2021.12.16 ダイエット

牛脂を使ったダイエットとは?

牛脂を使ったダイエットとは、糖質を摂らず良質な油脂でカロリーを補い、高脂質な食事をとるダイエット方法のことです。主食となる糖質の米やパン、パスタを控えて、糖質で摂る分のエネルギーを効率のよいエネルギー源である脂質で補います。

【メリット】
・健康的に痩せる
・運動が必要ない
・肌がきれいになる

・NG食品以外は食べてOK

ルールを守ればつらい食事制限をしなくてもよいやり方が人気のダイエット方法です。

牛脂を食べると痩せる仕組み

牛脂を食べると痩せる仕組みは、摂りすぎると脂肪に変わる糖質を摂らない糖質制限ダイエットと同じです。
糖質は摂りすぎると必要以外の分は脂肪に変わり太っていきますが、摂らないと体のエネルギーが不足してしまいます。

糖質の代わりに体のエネルギー源を脂質で補う方法が高脂質食であり、牛脂を使ったダイエットは太る原因だった糖質を断ち、影響のない脂質をたくさん摂ることで中性脂肪が増えず健康的に痩せることができます。

金森式ダイエットとは?

金森式ダイエットとは提唱者である金森重樹さんが考案した、普段の食生活から糖質を断ち体によい脂を摂る断糖高脂質食を食べるダイエットのことです。金森式ダイエットは体のエネルギー源が糖質から脂質へと切り替わり、蓄えられた脂肪も燃えることで痩せられます。

【主な断つべき糖質】
・お米
・パン
・麺
・お菓子
・果物
・ビール


金森式ダイエットを実践することで、提唱者の金森重樹さんは2か月で32kgの減量に成功しています。

牛脂の効果

牛脂は成分の99%以上を締める脂質が大きく働き、体にとって効率のよい重要なエネルギー源です。

・糖質の依存を減らせる
・脂質自体は血糖値を上げない
・体に脂肪で蓄えられない


栄養や効能・効果・カロリーを知ることで、牛脂摂取の利点を意識した摂取ができるため、上手に摂り入れることで効率よくダイエットできます。

効能(栄養)

牛脂100gあたりの栄養成分
カロリー 940kcal
たんぱく質 0.2g
炭水化物 0g
脂質 99.8g
コレステロール 100mg
牛脂の効能は、体を緩やかに温め、潤し疲労を回復します。炭水化物は脳や体を動かすエネルギー源になりますが、脂質はたんぱく質の約2倍のエネルギーを作り出すため効率のよいエネルギー源であり、牛脂100gあたりの栄養成分から見ても高い脂質が特徴です。

牛脂の栄養素を上手に摂るために脂の酸化を防ぐ保存方法は冷蔵庫保管で2~3ヶ月で使い切るのが基本ですが、冷凍庫で保管することで長期保存が可能です。

効果

牛脂を食べて得られる効果は3つあります。

・カロリーが高く活力になる
・体温の保持
・肌の潤いを保つ


牛脂はカロリーが多く疲労回復・体力の維持に効果があり、代謝を促進し血流改善・冷え性の予防が期待できます。牛脂に含まれるビタミンAには皮膚・粘膜を保護する働きがあり、油分を摂取することで肌の潤いが保たれ肌のカサつきや乾燥肌の改善が見込め、美肌の効果が高いです。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

カロリー

牛脂100gあたりのカロリーは940kcalで、肉についている脂肪分である牛脂は、動物性油脂で植物油と比べカロリーが高く、大きなエネルギーとなります。

牛脂はカロリーが高く腹持ちがよい食品ですが、牛脂に含まれる飽和脂肪酸は摂りすぎると中性脂肪や悪玉コレステロールが増えて肥満や生活習慣病の原因になり、牛脂ダイエットで反対に太った例もあります。摂取量を意識しバランスを考えて牛脂のカロリー調節をしてください。

牛脂を使ったダイエットのやり方

牛脂を使ったダイエットのやり方は、金森式ダイエットで提唱されている糖質を断ち牛脂の脂質でエネルギーを補う断糖高脂食の理論的な方法で考えられていて、ルールを守ればダイエットに成功する人が多いです。

食事で脂質を摂るだけで、運動はする必要がなく2か月で30kg以上の減量に成功した例もあるため、正しい牛脂ダイエットのやり方を学び、失敗をなくし効率よくダイエットしましょう。

牛脂の選び方

牛脂は、ピンク牛脂を選びましょう。スーパーで無料でもらえる白いサイコロ状の牛脂は精製され、酸化して質が落ちている場合があります。一方ピンク牛脂は、肉についている脂肪分を切り分けたもので、白い牛脂に比べ脂質の質がよいです。質のよい牛脂はクセがなく旨みが強く、さらにコレステロールの抑制効果が見込めるオレイン酸を含み、ダイエット効果が高くなります。

ピンク牛脂は一般的なスーパーでは手に入りにくく、牛を1頭まるごと扱う精肉店で取り扱いがあります。

牛脂の食べ方

牛脂の食べ方は、さまざまな料理に加えて摂取することが基本で、主食を脂質に置き換える形となります。毎日の食事を牛脂にすることは難しいですが、料理にうまく取り入れることで無理なく摂取できます。

牛脂は熱を加えると溶けるため、溶けた油で野菜を炒めたり、牛の旨味が活かせる肉料理といろいろな料理にプラスしてビタミン類や必要な栄養素を補い、料理の種類を増やすと飽きずに続けることが可能です。

牛脂の摂取量

牛脂の摂取量は1日200gずつが基本です。1日200gは多いと感じる量ですが、牛脂は熱を通すと溶けるため固体ではなく液体状での摂取となり料理と一緒になるためさほど気になりません。

1日3食、1食約70gを料理で摂取すると無理なく食べることができます。

牛脂の摂取期間

牛脂の摂取期間は、効果を判断し習慣化できたかの確認もできる1か月です。2週間で効果が出る人もいますが、そこで結果が出たとやめてしまうとすぐにリバウンドし牛脂ダイエットの意味がなくなります。

糖質を断ち脂質に置き換えることが牛脂ダイエットで、成果が出て今まで通り糖質を摂取することになると体重が戻ってしまい失敗するため、継続し習慣にしてダイエット効果を持続させましょう。

牛脂を使ったおすすめダイエットレシピ

 (262957)

牛脂を使ったダイエットレシピはたくさんありますが、簡単に調理できておいしいレシピがおすすめです。混ぜるだけの簡単なレシピや料理に加える方法がありますが、1つの食材を扱ったダイエットは飽きが生じやすいため、飽き対策でたくさんのバリエーションを増やすことが継続の秘訣です。

牛脂自体は扱いが難しいわけではなく、スープや肉料理、炒め物などどんな料理にも合います。

牛脂スープ

材料(1~2人前)
牛脂(四角状のものであれば2つ) 40g
スープの素 大さじ1
300cc
野菜類(ネギ・もやし等お好みで) 50g
牛脂スープは牛肉の旨味が溶け出し本格的な味を楽しめます。

①中華や鶏ガラの素、塩でスープを作る
②牛脂を細かく切って入れる
③ネギやもやしの野菜類や、きのこ類でアレンジしてもよい


牛脂で旨味とコクがでて濃厚なスープができます。具でアレンジできるため、日別で内容を変え食べ飽き対策もでき、スープに溶け出した栄養素を余すことなく摂取できること、調理も煮るだけと簡単なところが手軽でおすすめです。

牛脂ハンバーグ

材料(小さめサイズ3個)
牛脂 150g
挽き肉(合い挽き) 300g
1個
塩こしょう 適量
※ボリュームアップしたい場合(きのこ・おから) 100g
ハンバーグに牛脂を入れると牛の旨味がプラスされ深い味わいとなります。

①玉ねぎをみじん切りにして炒め、牛脂を細かく刻む
②塩コショウと一緒に①とひき肉を混ぜよくこねる
③両面をこんがり焼く

ハンバーグを作るときつなぎの小麦粉は糖質を含むため使えません。しかし小麦粉に代わり牛脂がつなぎの役割を果たしジューシーなハンバーグになります。かさ増しはきのこ・おからが糖質が少なく、たんぱく質が追加できおすすめです。

牛脂を使った野菜炒め

材料(2人前)
牛脂(四角状のものであれば2つ) 40g
キャベツ 200g
にんじん 50g
もやし 100g
鶏ガラスープの素 大さじ1
塩こしょう 適量
野菜炒めに牛脂を使うと、サラダ油で炒めたときと比較して旨味のつまった野菜を楽しめます。

①キャベツ・にんじん・もやしやお好みの野菜を一口大に切る
②牛脂を炒め、脂が出てきたら切った野菜類を入れて炒める
③調味料で味を調えて完成


肉を入れてもよいですが、牛脂から強い肉のうまみが出て牛肉が入ってなくても満足度の高い野菜炒めができます。通常の野菜炒めと比較しコクがあっておいしく食べられる1品です。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

牛脂を使ったダイエットをするときの注意点

牛脂ダイエットには注意点があり、気を付けないとダイエットにならないことや体に悪影響を及ぼすことがあります。牛脂ダイエットの注意点を守らないことで痩せないどころか太ってしまうことも考えられます。糖質の摂取量や体に悪い牛脂の摂取の詳細を知り、正しい知識や手順を経てダイエットにつなげましょう。

糖質の摂取量

牛脂を使ったダイエットをするとき、1番注意しなければならないことは糖質の摂取量を断つことです。牛脂ダイエットは米やパン、麺類の主食となる糖質を取らずに高脂質な食事を摂ることが基本の断糖高脂食でおこないます。

糖質を摂らないとエネルギー源が不足しますが、エネルギー源の代わりで脂質を摂ります。ビールやワインの醸造酒、ヘルシーに見える果物でもバナナやブドウは糖質が多く注意が必要です。

体に悪い牛脂の摂り方

体に悪い牛脂の摂り方は、質の悪い牛脂を摂ることです。牛脂には脂肪酸が含まれており、品質のよい牛脂ほど不飽和脂肪酸の含有量が多く、体温の保持やビタミンの吸収を助け、コレステロールの抑制効果が見込めるオレイン酸を含み健康的にダイエットをすることができます。

一方、質の悪い牛脂は飽和脂肪酸の含有量が多く、動脈硬化や心血管疾患を引き起こす恐れがあります。白い牛脂は酸化して質が落ちている可能性が高いため、品質のよいピンク牛脂を積極的に摂り入れましょう

牛脂をダイエットの口コミ・成功談

牛脂ダイエットを実践した人たちの口コミや成功談を知ることで、自分が挑戦するときの参考にすることができます。

事前に口コミを知ることで、失敗を防ぎ短期で成功する手法や教訓を得られることがあり、有効に実施する手立てのひとつとなります。実際に牛脂ダイエットをやった人のアドバイスをもとに、成功の糸口をつかみましょう。

口コミ

牛脂ダイエットを実践した人のSNSの口コミから、役立ちそうな情報をピックアップします。

・おいしくて続けられた
・いろいろなメニューを作って飽きを防いだ
・空腹感を感じずにダイエットできた
・食後の眠気がなくなりすっきり気分


牛脂をうまく取り入れた人は成功につながりやすいですが、反対にうまくいかない内容の口コミもあり失敗のパターンもあります。

・料理が苦手
・牛脂自体の味が苦手
・脂っこいものが苦手

成功談

【成功談①】
食べて痩せることは半信半疑だったが、1~2週間続けてすぐに痩せた。継続し15kg痩せることに成功。

【成功談②】
牛脂ダイエットを実行し2週間で4kg減と結果が出たので、毎日続けていた牛脂を週2~3日に変え長く続けて体重を維持。

牛脂ダイエットを実践して結果が出るとモチベーションが上がり、ダイエットを継続できます。リバウンドには注意が必要なため、継続するには牛脂を摂取する頻度を減らし長く続ける方法も効果的です。

牛脂でケトジェニックダイエットを成功させよう!

牛脂を使ったダイエットはケトジェニックダイエットと呼ばれます。ケトジェニックとはケトン体を肝臓で作り出してエネルギー源で働かせる状態のことで、ケトン体は体脂肪を燃やして作られるので痩せる仕組みになるのです。

糖質を制限して脂肪をたくさん摂り、体脂肪をエネルギー源とする体に変えていく流れを牛脂を使って実行することができます。牛脂を上手に摂り入れて、効率的にダイエットを成功させましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。