2020年10月15日 更新

かぶはダイエットにおすすめ?かぶの効果やおすすめレシピを解説

かぶは低カロリー・低糖質で腹持ちがよい食材で、ダイエットにおすすめです。根と葉には違った栄養成分が含まれていて、一緒に食べるとさらにダイエット効果が高まります。クセがなく調理方法も豊富で、飽きずに続けることができます。かぶダイエットで体の中から痩せやすい体づくりをしましょう。

211 view お気に入り 0

かぶはダイエットにおすすめ?

 (185788)

かぶは糖質量とカロリーが低いため、ダイエットにおすすめの食材です。腹持ちのよい根菜は糖質が高いデメリットがありますが、かぶは根菜の中では糖質が低いため、低糖質ダイエットに活用できます

葉の部分は栄養価がとても高いため、根と一緒に食べるとダイエットに必要な栄養をたくさん摂取でき、痩せる効果も高まるため積極的に食事に取り入れましょう。

かぶの栄養・効果

Login 窶「 Instagram (185472)

かぶの栄養成分の効果は、3つあります。

・整腸効果
・胃もたれ・胸やけの解消効果
・むくみ予防・解消効果


薬膳では、胃腸を温める食材で注目され、体を中から温めることで痩せやすい身体を作ることができます。かぶは根の部分が淡色野菜、葉の部分が緑黄色野菜で、含まれる栄養成分が異なるため、1つの野菜で淡色野菜・緑黄色野菜両方の効能が期待できる一石二鳥の野菜です。

栄養・カロリー

栄養成分(100gあたり)
カロリー 20kcal
ビタミンC 19mg
葉酸 48μg
カルシウム 24mg
カリウム 280mg
かぶは他の野菜と比べカロリーが20kcalと低く、ダイエットに適した食材です。

【ビタミンC】
・コラーゲンをつくる
・免疫力を高め風邪を引きにくくする
・アンチエイジング効果

【葉酸】
・細胞の再生を助ける
・代謝に関係している
・赤血球の生産を助ける

【カルシウム】
・筋肉や神経の働きを正常に保つ
・ホルモンの分泌

【カリウム】
・利尿作用で老廃物を排出し体内をきれいに保つ
・むくみの解消
・コレステロールの吸収を抑える

効果

かぶの効能は、4つあります。

【整腸効果】
・食物繊維が豊富で、腸内の善玉菌を増やし腸の調子を整える
・便秘や下痢を解消する

【胃もたれ・胸やけの解消効果】
・消化酵素のアミラーゼが、消化の働きを高める
・胃酸の分泌をコントロールする

【むくみ予防・解消効果】
・カリウムの利尿作用で、体内の老廃物や余分な水分を排出する

【胃腸を温める効果】
・脂肪が燃焼する
・代謝が上がりカロリーを消費しやすくなる
・免疫力が上がる

かぶの葉の栄養や効果

 (184713)

栄養成分 含有量(100gあたり)
β-カロテン 2800μg
ビタミンC 82mg
ビタミンK 340μg
葉酸 110μg
カルシウム 250mg
カリウム 330mg
鉄分 2.1mg
【β-カロテン】
・抗酸化作用がある
・皮膚や肌を健康に保つ
・粘膜を丈夫にし、免疫力を高める
・肺や呼吸器系を守る働き

【ビタミンK】
・骨を丈夫にする
・血を止める作用がある

【鉄分】
・赤血球をつくり、全身に酸素を送る量を増やす
・細胞内でエネルギーを作り出す

葉の効能は、3つあります。
・免疫力アップ効果
・老化防止効果
・美肌効果
・貧血予防、改善効果

かぶを使ったダイエット方法

Login 窶「 Instagram (185508)

かぶを使ったダイエットの方法は、食事にかぶを取り入れるだけの簡単な方法です。代謝をあげて痩せる体づくりを目指すときは酵素をたくさん摂取したいため、熱を通さない生食を選びましょう。

糖質の摂取を抑えたいときは、煮たり茹でて調理すると生食と比べて糖質を抑えることができます。茹でたときのゆで汁には栄養成分が溶け出ていますので、スープやみそ汁にするのがおすすめです。

やり方

カブを使ったダイエットのやり方は、毎日夕食に2.3個のかぶを食事に取り入れるだけの手軽な方法です。

​​夜は代謝が低下し身体が脂肪を蓄えやすい時間帯です。夕食に低糖質で腹持ちがよいかぶを取り入れることで、カロリーを抑え食べすぎを防げます。
葉も一緒に食べると栄養バランスがさらによくなりますので、葉も捨てずに丸ごと活用するようにしましょう。

食べ方

部位 食べ方 糖質量/100g カロリー
生食 3.1g 20kcal
茹で 2.9g 21kcal
生食 1.0g 20kcal
茹で 0.7g 2kcal
食べ方は、栄養成分をすべて摂取できる生食か茹でるのがおすすめです。生食と茹ででは糖質量は変わりますがカロリーにあまり差は出ないため、できるだけヘルシーな食事をとりたいときは茹でましょう

茹でると水溶性ビタミンが溶け出てしまうためゆで汁を使って汁物にし、溶け出た栄養成分も一緒に摂取するのがおすすめです。
油で焼いたり揚げたりする調理方法を避けるとさらにダイエットの効果が期待できます。
葉は根と比べると糖質量が低いので、葉の部分を積極的に食事に取り入れるとよいです。

かぶを使ったダイエットレシピ

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩は、体の機能を正常に保つ栄養素なためダイエット中に摂取してもよいですが、過剰に摂取してしまうとむくみを引き起こす原因となります。塩抜きダイエットでは、減塩することでむくみを解消し、3日間で2キロの減量することができます。塩抜きダイエットにおすすめの減塩料理は、素材の旨味で塩分がなくても美味しく食べられるパスタや炊き込みご飯です。
yukari221 | 12 view
鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方は、1~2日ごとに市販の鯖の水煮缶と食物繊維のある食材を一緒に食べるだけです。水煮缶には、脂肪分解促進や食欲抑制、筋肉維持効果があります。水煮缶を使った簡単レシピでは、さばの有効成分を無駄なく摂れる味噌汁がおすすめです。
Act | 70 view
ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアは、痩せやすい体を作るポリフェノールやテオブロミンが含まれているためダイエットにおすすめです。ココアには、満腹感を得るだけでなく、食欲抑制や新陳代謝を上げることをはじめとする痩せる効果があります。ココアのカロリーは、無調整と調整のココアで大きく異なり、純ココアが調整ココアより健康やダイエットに適しています。
anananna | 102 view
カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは、唐辛子を食べて脂肪を効率よく燃焼させて痩せるダイエット方法のことです。唐辛子の主成分のカプサイシンは、褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪の燃焼を促す働きがあるためダイエットに効果的です。カプサイシンダイエットに加えてスクワットやヒップアブダクションの筋トレをすると、脂肪燃焼効果がアップします。
舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは、1日1回食事に舞茸を取り入れて痩せやすい体質を作るダイエット方法のことです。舞茸には、脂肪や糖質を包み体内へ吸収を遅らせるβグルカンの働きで、痩せる効果が得られます。痩せる効果が抜群の舞茸レシピでは、有効成分MXフラクションを摂取できるまいたけ茶がおすすです。
toshimi_t | 220 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous