2020年10月31日 更新

ごま油ダイエットとは?痩せるためのごま油の選び方と使い方を簡単解説!

ごま油ダイエットとは、ごま油を毎日食べて痩せるダイエット方法です。痩せるためのごま油の選び方には、リノール酸やセサミン、オメガ3脂肪酸のαリノレン酸が含まれる油がおすすめです。ごま油の使い方には、炒め油や揚げ油にする方法と、生のまま料理に入れて食べる方法があります。

147 view お気に入り 0

ごま油ダイエットとは?

 (190579)

ごま油ダイエットとは、ごま油や太白油、えごま油・亜麻仁油を1日1回、小さじ1杯ずつ直接飲むか料理に入れて毎日食べるダイエット方法のことです。ごま油ダイエットのやり方には、3つのポイントがあります。

・ごま油の使い方、調理法
・ごま油の食べ方
・ごま油を摂取するタイミング

ごま油の使い方や食べ方は、種類ごとに異なります。ごま油ダイエットには、脂肪燃焼の効果が高いえごま油がおすすめです。

ごま油の種類

 (190580)

ごま油の種類には、白ごまを焙煎して油分を搾り取った一般的なごま油と、焙煎をせずに生のごまを絞った太白油の2タイプがあります。一般的なごま油は、琥珀色で香ばしいですが、太白油は透明で香りがほとんどありません。

ごま油ダイエットには、通常のごま油だけではなく、オメガ3脂肪酸が入っているえごま油や亜麻仁油​も使用できます。

えごま油と亜麻仁油はどちらが良いの?

ごま油ダイエットには、えごま油亜麻仁油がよく使用されますが、特に脂肪燃焼の効果が高いえごま油がおすすめです。えごま油と亜麻仁油は、どちらも体によいオメガ3脂肪酸が含まれている​ことから、栄養成分自体に大きな違いはありません。

長期間ごま油ダイエットを継続する場合は、えごま油と亜麻仁油を比較し、味やコスパで選ぶと無理なくダイエットを続けることができます。

ごま油の効果・効能

 (190581)

ごま油には、体内のコレステロール低下をもたらすオメガ6脂肪酸のリノール酸や悪玉コレステロールを減らすセサミン、血液の流れを促して冷え性を改善するビタミンEが含まれているため、ダイエットによい効果や効能があります。

オメガ3脂肪酸のひとつαリノレン酸が含まれているえごま油や亜麻仁油は、ダイエットだけでなく美容効果を得ることができます。

効能(栄養)

栄養成分(大さじ1杯12g中) ごま油 えごま油 亜麻仁油
カロリー 111kcal 111kcal 111kcal
脂質 12g 12g 12g
ビタミンA 0μg 0.24μg 0.12μg
ビタミンE 0.05mg 0.29mg 0.06mg
ビタミンK 0.6μg 0.6μg 1.32μg
オレイン酸 4440mg 2040mg 1800mg
リノール酸 4920mg 1440mg 1680mg
αリノレン酸 37.2mg 6960mg 6840mg
ごま油には、コレステロール低下と冷え性予防効果がある必須脂肪酸のリノール酸や、抗酸化作用で活性酵素や悪玉コレステロールの増加を抑えるセサミン、血液改善の働きがあるビタミンEが多く含まれています。

えごま油の効果

 (190582)

えごま油に含まれるαリノレン酸は、体のなかに入るとEPA・DHAに変わり、体によい3つの効果を発揮します。 

・代謝を活発にして体脂肪を燃焼
・アレルギーを改善 
・ストレスに繋がる不安を和らげる 
αリノレン酸
αリノレン酸とは、不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸の1つです。αリノレン酸は、体内では合成することができないため、食事から摂取しなければなりません。オメガ3脂肪酸は、オメガ6脂肪酸との摂取のバランスが1:4程度になることが理想です。

亜麻仁油の効果

 (190583)

亜麻仁油は、えごま油と同様にαリノレン酸が含まれているため、オメガ3脂肪酸の働きで4つの効果が得られます。 

・抗アレルギー
・高血圧や動脈硬化の予防
・美肌づくり
・アンチエイジングに働きかける 

食物繊維が多く含まれている亜麻仁油は、水溶性・不溶性のバランスがよいことから、便秘解消効果も期待できます。

ごま油のダイエットのやり方

 (190584)

ごま油ダイエットのやり方は、料理にごま油1さじを入れるか直接飲むだけの簡単な方法なため、家庭ですぐに始めることができます。通常のごま油は、酸化しづらく熱に強い特徴があり、さまざまな料理のバリエーションに使えます。

えごま油や亜麻仁油は、酸化しやすく熱に弱いため、火を通さずにたんぱく質やカルシウムの多い食べ物と一緒に小さじ1杯分混ぜて食べると、健康的にダイエットすることができます。

ごま油の使い方

82 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩は、体の機能を正常に保つ栄養素なためダイエット中に摂取してもよいですが、過剰に摂取してしまうとむくみを引き起こす原因となります。塩抜きダイエットでは、減塩することでむくみを解消し、3日間で2キロの減量することができます。塩抜きダイエットにおすすめの減塩料理は、素材の旨味で塩分がなくても美味しく食べられるパスタや炊き込みご飯です。
yukari221 | 76 view
鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方は、1~2日ごとに市販の鯖の水煮缶と食物繊維のある食材を一緒に食べるだけです。水煮缶には、脂肪分解促進や食欲抑制、筋肉維持効果があります。水煮缶を使った簡単レシピでは、さばの有効成分を無駄なく摂れる味噌汁がおすすめです。
Act | 117 view
ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアは、痩せやすい体を作るポリフェノールやテオブロミンが含まれているためダイエットにおすすめです。ココアには、満腹感を得るだけでなく、食欲抑制や新陳代謝を上げることをはじめとする痩せる効果があります。ココアのカロリーは、無調整と調整のココアで大きく異なり、純ココアが調整ココアより健康やダイエットに適しています。
anananna | 132 view
カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは、唐辛子を食べて脂肪を効率よく燃焼させて痩せるダイエット方法のことです。唐辛子の主成分のカプサイシンは、褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪の燃焼を促す働きがあるためダイエットに効果的です。カプサイシンダイエットに加えてスクワットやヒップアブダクションの筋トレをすると、脂肪燃焼効果がアップします。
舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは、1日1回食事に舞茸を取り入れて痩せやすい体質を作るダイエット方法のことです。舞茸には、脂肪や糖質を包み体内へ吸収を遅らせるβグルカンの働きで、痩せる効果が得られます。痩せる効果が抜群の舞茸レシピでは、有効成分MXフラクションを摂取できるまいたけ茶がおすすです。
toshimi_t | 238 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

e.sora36(えそら) e.sora36(えそら)