2020年10月13日 更新

マッシュルームはダイエットおすすめ?マッシュルームの効果・おすすめレシピを解説

マッシュルームは、低カロリーで食物繊維やカリウムといったダイエットに必要な栄養素が豊富。うま味成分が多く クセのない味わいのため、さまざまな料理に活用できる優れた食材です。食べ応えがあり、満腹感を刺激してくれるため、食べすぎも防いでくれます。低カロリーで、安心して継続的に食べることができるのも、マッシュルームがダイエットに向いている理由です。ダイエットにおすすめの食べ方は、栄養素を無駄なく食べきれる生食やスープです。

614 view お気に入り 0

マッシュルームはダイエットにおすすめ?

 (185207)

マッシュルームは、低カロリーでダイエットにおすすめの食材です。低カロリーでも食べ応えがあるため、満足感が高く、ダイエット中でも安心して食べられます。他のきのこよりクセがなく食べやすいので、さまざまな料理に取り入れやすい点もメリットです。日々の食事に取り入れることで、肥満予防や便秘解消、むくみ改善の効果が期待できます。低カロリーなだけでなく、さまざまな栄養素や効能が注目されている食材のひとつです。

マッシュルームとは?

 (185208)

和名 ツクリタケ
分類 ハラタケ科ハラタケ属
4月~6月、9月~11月
マッシュルームはクセのないおいしさが特徴のきのこで、種類はホワイトとブラウンの2種類があります。1年を通して入手でき、生でも食べられ、サラダやスープ、炒め物、煮込み料理とレシピの幅が広いところも特徴です。

生で食べる場合は、ホワイトマッシュルームがやわらかくおすすめです。鮮度がよいものは、生で食べることでダイエットに必要な栄養素を効率よく摂ることができます。

マッシュルームの痩せる理由

マッシュルームがダイエットに向いている理由は、低カロリーなのに栄養価が高く継続的に摂取しやすいためです。

他のキノコに比べてカロリーが低いため、安心して食べ続けることができます。噛み応えがあるため満腹感を刺激し、食べ過ぎの防止につながります。食物繊維も豊富で、腸を刺激し体に溜まった有害物を排出するので体重減少が期待できます。

マッシュルームの栄養・効果

栄養

 (185210)

栄養成分 含有量(100g中)
カリウム 350㎎
ナイアシン 3.0㎎
パントテン酸 1.54㎎
食物繊維 2.0g
・カリウム
体内の水分調整をおこなう働きがあり、不足するとむくみの原因となる

・ナイアシン
効率よくエネルギーを作りだすために必要

・パントテン酸

糖質や脂肪酸の代謝をスムーズにする

・食物繊維

人間の消化酵素では、消化できないため、腸内の有害なものをからめとり、体外に排出する

カロリー

マッシュルームは、100gあたりのエネルギー量が11Kcalで、色々なきのこの種類と比べても、カロリーがもっとも低いです。

・まいたけ:15Kcal
・しめじ:17Kcal
・エリンギ:19Kcal
・ひらたけ:20Kcal
・えのき:22Kcal

効果

マッシュルームに期待できる効果は、3つあります。

・肥満予防
低カロリーで食べ応えがあり、自然とよく噛んで食べるため、満腹感が高まり食べすぎを防ぐ

・便秘解消

食物繊維が豊富なため、腸を刺激し、便通を促し、有害物質を排出する

・むくみ改善

カリウムを摂ることで、体内の余分な水分やナトリウムを排出しむくみを改善する

マッシュルームを使ったダイエット方法

サラダ 食べるの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (182591)

マッシュルームを使ったダイエットのやり方は、マッシュルームを食事にとりいれるだけと簡単な方法です。

マッシュルームの効能を最大限に生かして食べることで、スムーズな減量をサポートします。低カロリーでたくさん食べることができ、ダイエットに必要な栄養素を効率よく摂取できます。

マッシュルームのメリットは、使用できるレシピが豊富で飽きずに取り組めることです。短期間での減量効果はありませんが、継続的に食べることで徐々に減量できます。

食べるタイミング

マッシュルームを食べるタイミングは、夕食がおすすめです。

夕食は、1番長く食事時間を確保しやすい時間帯のため、食べすぎてしまう傾向があります。そこで、夕食をマッシュルームを取り入れた低カロリーでボリュームのある料理に置き換えることで、食べすぎを防ぐことができます。

朝食や昼食に食べても問題はありませんが、おすすめなタイミングは夕食です。

食べる量

1食で食べるマッシュルームの量は、5~6個とし1日に1食をマッシュルームを料理に取り入れてみましょう。

食べすぎると、食物繊維を摂りすぎたことで便のカサが増えたものの、うまく排出されず、便秘になったり、お腹が張ってくるといった悪影響がでる可能性もあるため注意が必要です。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキは、美容や健康によいと評価されている食用サボテンを用いたメキシコ料理です。かすかな苦みや酸味をもつサボテンステーキは、まずいと言われる場合もありますが、自宅でも簡単に調理やアレンジが可能であり、好みの食べ方を見つけやすい点も魅力です。
Anonymous | 93 view
1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法は、激しい運動と筋トレ、厳しい食事制限です。短期間で痩せるためには、高たんぱく低脂質な食事で摂取カロリーを抑え、負荷の重い運動を取り入れて消費カロリーを増やす必要があります。1週間で3キロ痩せると、お腹周りや顔周りがスッキリします。
Anonymous | 918 view
7日間脂肪燃焼ダイエットとは?脂肪燃焼スープで効果的に痩せる方法を解説

7日間脂肪燃焼ダイエットとは?脂肪燃焼スープで効果的に痩せる方法を解説

7日間脂肪燃焼スープダイエットとは、7日間の食事をスープに置き換えるダイエット法です。脂肪燃焼スープには腸内環境を整え、痩せやすい体質に変える効果があります。食事メニューは決まっていますが、量に制限はなく、肉を食べられる日もあり、ストレスなく続けられます。
ri0910sa | 692 view
サバ缶ダイエットとは?効果的に痩せるサバ缶レシピを解説

サバ缶ダイエットとは?効果的に痩せるサバ缶レシピを解説

サバ缶ダイエットとは、毎日サバ缶を1缶食べるダイエット法です。サバには痩せやすい身体に変える効果や、脂肪燃焼効果があり、毎日摂取し続けることで痩せることができます。さらに、食物繊維と一緒にサバを摂取すると、ダイエット効果を高めることができます。
ri0910sa | 487 view
アクエリアスはダイエット中に飲んでもいいの?アクエリアスの効果・カロリーを解説

アクエリアスはダイエット中に飲んでもいいの?アクエリアスの効果・カロリーを解説

アクエリアスをダイエット中に飲むことは問題ありません。しかし、アクエリアスには糖が含まれています。必要以上に糖を摂取すると、痩せるためのダイエットを頑張ってもなかなか結果が出ない原因になります。アクエリアスは汗をかいたときなど、必要なときにのみ摂取するようにしましょう。
Anonymous | 424 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous