2021年7月6日 更新

玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットとは、玉ねぎスープを毎日飲むことで、体質を改善していきダイエットにつなげる方法​です。玉ねぎには血流を良くし、痩せやすい体質に変える効果があります。短期間で痩せるためには3日間玉ねぎスープだけを飲む方法がありますが、毎食の最初に玉ねぎスープを飲むだけの簡単な方法でもダイエット効果があります。玉ねぎスープダイエットでは、1週間に2キロ痩せることが期待できます。

1,311 view お気に入り 0
 (248541)

辛めの味付けが好きな方に人気なピリ辛スープです。辛いスープは血行を促進する働きがあるので脂肪燃焼効果があります。
1人分
玉ねぎ 1/4個 豆板醤 小さじ1/4
絹ごし豆腐 1/4丁 250cc
1個 鶏がらスープの素 小さじ1
乾燥わかめ 大さじ1/2 醤油 少々
ごま油・生姜チューブ 各小さじ1 水溶き片栗粉 大さじ1
【ピリ辛玉ねぎスープの作り方】
①玉ねぎを薄切りにする
②鍋にごま油を入れ、生姜・豆板醤を熱して玉ねぎを炒める
③玉ねぎがしんなりしてきたら水を加えて沸騰させる
④豆腐をスプーンで一口大にすくって入れる
⑤わかめを加え、鶏ガラスープの素、醤油を加える
⑥水溶き片栗粉を加えてトロミが付いたら、卵を溶いて回し入れる
⑦卵に火が通ったら完成

玉ねぎと卵の味噌スープ

 (248542)

整腸効果のある味噌を使った玉ねぎと卵の味噌スープは、毎日の食事に取り入れやすい味噌汁の味わいが特徴で、お通じ改善や美肌効果があります。使う材料が卵・味噌・玉ねぎと安価のためコスパのいいスープです。
1人分
玉ねぎ 1/4個 だし汁 250cc
1個 味噌 大さじ1
【玉ねぎと卵の味噌スープの作り方】
①卵は器に溶きほぐし、玉ねぎは縦に薄切りにする
②鍋にだし汁を入れて強火にかける
③煮たったら玉ねぎを加え中火で煮る
④玉ねぎがしんなりしたら味噌を溶き入れる
⑤煮たつ直前に溶き卵を回し入れて菜箸でひと混ぜする
⑥再び煮たったら火を止め完成

玉ねぎスープダイエットの疑問点

玉ねぎスープダイエットを始める方が気になる疑問点は、2つあります。

・玉ねぎスープを飲んだ後の口臭を抑える方法は?
・夜は玉ねぎスープだけを飲んだ方が効果があるの?

ストレスなくダイエットに取り組めるよう、事前に疑問を解消しておきましょう。

玉ねぎスープを飲んだ後の口臭を抑える方法

玉ねぎのアリシンという辛味成分による口臭を抑える方法は、2つあります。

【口内の匂い成分を除去する】
うがいだけでも十分ですが、歯磨き・舌磨きをするとさらに効果的です。口臭予防スプレーもおすすめです。

【口臭を予防する飲食物を摂取する】
りんご・牛乳・お茶は、アリシンによる匂いを消します。摂取するタイミングは食前・食間・食後のいつでもいいですが、食後はあまり時間をおかないようにしましょう。

夜は玉ねぎスープだけを飲んだ方が効果がある?

夜に玉ねぎスープにだけを飲むと、体重減少効果が高まります。夜は活動をする昼に比べて消費カロリーが減りますが、夕食での摂取カロリーが高くなる傾向があるからです。食事を玉ねぎスープに置き換えることで摂取カロリーを抑えることができ、1週間で2kgの体重減量が期待できます。

ただし、3食すべてを置き換えた場合と比べると結果が出るまでに時間がかかるため、少なくとも1週間以上継続して行うことが大切です。

玉ねぎスープダイエットにおすすめの商品3選

玉ねぎスープダイエットにおすすめの商品は、3種類あります。味わいと栄養素が異なるため、好みの味と改善したい体の悩みによって選びましょう。

毎日自分でスープ作るのがしんどいと感じる方は、市販の商品を食事に取り入れることで無理なく玉ねぎスープダイエットを続けることができます。

マルコメ たまねぎみそクリームスープ

 (248546)

1食(9.1g)当たり
エネルギー 41kcal
タンパク質 1.0g
脂質 2.0g
炭水化物 4.8g
食塩相当量 1.0g
マルコメ たまねぎみそクリームスープは、痩せやすい体質づくりに必要な栄養素を多く含むスープです。味噌に含まれるイソフラボン・大豆ペプチドによるデトックス効果があるため、デトックス効果を重視したい方におすすめです。

味噌とクリームが合わさった味わいのため、パンにもごはんにも合わせやすいと人気があります。

永谷園 たまねぎのちから サラサラたまねぎスープ

 (248545)

1食(6.8g)当たり
エネルギー 22kcal
タンパク質 0.6g
脂質 0.2g
炭水化物 4.6g
食塩相当量 1.2g
ケルセチン 21mg
85 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

牛脂を使ったダイエットのやり方と効果とは?牛脂を食べるレシピ!

牛脂を使ったダイエットのやり方と効果とは?牛脂を食べるレシピ!

牛脂を使ったダイエットとは、糖質を摂らず牛脂の良質な油脂でエネルギー源を補い、断糖高脂質な食事をすることで痩せるダイエット法で、米やパンの主食を断ち、質の良いピンク牛脂を1日200g食べます。牛脂を使ったダイエットは、2ヶ月で32kg減らした実績もあります。
押し麦のダイエットの効果とは?胚芽の効果で食べて痩せられる!

押し麦のダイエットの効果とは?胚芽の効果で食べて痩せられる!

押し麦には太りにくい食習慣を身につけるセカンドミール効果や体内のコレステロールを下げる効能があり、ダイエットに向いた食材です。さらに、押し麦に含まれているビタミンには疲労回復の効果が期待できるほか、豊富に含まれる食物繊維により腸内環境を整えることができるなど、ダイエット以外の効果もあります。
Act |
1日2食ダイエットの効果とは?痩せるための具体的なやり方と注意点を解説!

1日2食ダイエットの効果とは?痩せるための具体的なやり方と注意点を解説!

1日2食ダイエットとは、食事を一食分控えて摂取カロリーをカットすることで痩せる方法です。正しく実践すれば痩せるだけではなく、病気予防やアンチエイジングの効果もあります。1日2食ダイエットはカロリーと栄養バランスをしっかり決めたうえで、朝昼夜のうちどの食事を控えるかを決めるのが大切です。
飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは、腸内環境を整える乳酸菌を夜のゴールデンタイムに毎日100g摂取して痩せるやり方です。飲むヨーグルトをホットヨーグルトにし乳酸菌の効果を高め、脂肪の蓄積を抑えて健康な体作りと美容に役立ちます。ヨーグルトを飲むだけの手軽さで1か月で5㎏のダイエットが期待できます。
カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットは、1日の摂取カロリーを消費カロリーより減らして痩せるダイエット方法です。適正なカロリーコントロールをすることで、健康的に痩せる効果があります。ダイエット中の摂取カロリーを決める方法や糖質制限との違いを知って、正しいやり方で痩せましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous