2021年10月12日 更新

トランポリンダイエットを1週間続けるとどうなるの?ビフォーアフターを検証してみた!

トランポリンダイエットを1週間続けると、ウエスト・太もも周り・お尻を中心に痩せます。トランポリンダイエットは有酸素運動になり、全身の筋肉が揺れることでカロリーを消費して体重・体脂肪率が減少します。1日5分からでも1週間続けると、効率よく痩せることが可能です。

362 view お気に入り 0

トランポリンダイエットを1週間すると?

 (257912)

トランポリンダイエットを1週間すると、体重・体脂肪率が減って下半身を中心にサイズダウンします。

トランポリンを1日に5分跳ぶだけでも1週間で効果があり、口コミ評価が高いダイエット方法です。1週間トランポリンを跳ぶことで全身の筋肉を鍛えて、目に見えて痩せたとわかる変化を感じることができます。

トランポリンダイエットは痩せるの?

トランポリンダイエットは、全身の筋肉を使ってカロリーを消費するため痩せます。

トランポリンは跳ぶだけで有酸素運動になり、全身の筋肉が揺れることでカロリーを消費することが可能です。下半身を中心に痩せる効果が高く、体脂肪が落ちて引き締まった見た目になります。

トランポリンダイエットの消費カロリーの算出法

消費カロリーは、厚生労働省が発表しているメッツ法を用いて算出します。メッツとは運動強度の単位を表し、トランポリンを跳ぶ運動は3.5メッツです。

※消費カロリーの計算式
1.05×メッツ×体重(kg)×実施時間=消費カロリー

(例)体重55kgでトランポリンを10分間跳んだ場合
1.05×3.5(トランポリンのメッツ)×55(体重)×0.16(時間)=32(消費カロリー)

トランポリンダイエットの消費カロリー

10分あたりの消費カロリー(1.05×メッツ×体重(kg)×実施時間=消費カロリー)
体重 50kg 55kg 60kg 65kg
消費カロリー 29kcal 32kcal 35kcal 38kcal
トランポリンダイエットの消費カロリーはメッツ法で算出され、体重55kgの人が10分間跳躍を続けると約32kcal消費することができます。

トランポリンダイエットは有酸素運動に分類されますが、同じ条件でランニングをした人の消費カロリーは約67kcal、水泳をした人の消費カロリーは約70kcalと、同じ有酸素運動の中でも消費カロリーは低めです。しかし、動作を大きくしたり高めにジャンプしたりすると、同じくらいのカロリーを消費することが可能となります。

トランポリンダイエットの1週間の結果

 (257913)

トランポリンダイエットを1週間続けると、体重・体調の変化を感じることができます。体重・体脂肪率は減少して下半身が細くなり、体調面では便秘が解消されてむくみ・肌荒れが改善されます。

ただし、無理してやりすぎると筋肉痛がひどくなり続かなくなることがあるので少しの時間でも1週間続けることが結果を出すコツです。

トランポリンダイエットの1週間のスケジュール

運動方法 運動時間
1日目 連続してひたすら跳ぶ 30分間×2回
2日目 ウォーキングするように跳ぶ 30分間×2回
3日目 足でグーパーするように跳ぶ 30分間×2回
4日目 太ももを高くあげて跳ぶ 30分間×2回
5日目 休み -
6日目 腰に手をあてて跳ぶ 30分間×2回
7日目 足を前に蹴りだすようにして跳ぶ 30分間×2回
1週間を通して、トランポリンを跳びながら筋肉に負荷をかける場所を変えながら行います。同じ運動を続けていると、筋肉痛になり1週間運動を続けることができなくなるからです。

トランポリンダイエットを1週間続けた口コミには、無理してやりすぎると筋肉痛がひどくなり続かなくなってしまったという意見が多くありました。1日何分からでもよいので、できる範囲で1週間続けることがポイントです。

トランポリンダイエットのビフォーアフター

トランポリンダイエットを1週間続けると、体重・体脂肪率が減って、便秘が解消されたりむくみにくくなります。

実際にトランポリンダイエットを1週間続けた方の口コミでは、1日5分から始めたら体重が落ちて、毎日お通じがくるようになり下半身のむくみが解消されたという意見が多いです。なかには、肌の調子がよくなったと感じた方もいます。

1週間後の体重の変化

トランポリンダイエットを1週間続けると体重は約1kg、体脂肪率は約2%前後減少します。

跳躍することで全身が揺れて脂肪が燃焼され、下半身のむくみが解消されるため体重・体脂肪が減っていきます。減り幅は緩やかですが、1週間でトランポリンダイエットの効果が出ることがわかります。

1週間後の体調の変化

トランポリンダイエットを1週間続けて感じる体調の変化は、便秘解消・むくみの改善・肌荒れの改善です。

トランポリンを跳ぶことで腸の蠕動運動も活性化され、便やガスが出やすくなります。便秘が解消されると腸内の血流とリンパの流れもよくなり、老廃物が滞りにくくなるためむくみ改善に繋がります。

便秘解消は、肌荒れにも効果的です。便と一緒に悪玉菌が排出されて腸内環境がよくなると、自律神経が整い肌もきれいになります。

トランポリンダイエットでの1週間の見た目の変化

 (257915)

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トランポリンダイエットのデメリット5選!効果的に痩せながら怪我なく続けるために気をつけること

トランポリンダイエットのデメリット5選!効果的に痩せながら怪我なく続けるために気をつけること

トランポリンダイエットは、全身の筋肉を使い効率よく痩せるダイエットとして人気ですが、身体への悪影響やトランポリン器具への懸念がデメリットとして挙げられます。しかし事前に準備や専用の器具を導入することでデメリットの対策ができるため、怪我なく安全に取り組むことができます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act