2020年12月19日 更新

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。

17,955 view お気に入り 0
ダイエット中に麻婆豆腐を食べるタイミングは、活動時間のちょうど中間にあたる昼食時がベストです。

空腹の状態にある朝食時は、脂の多い料理を食べると胃や腸に負担がかかり、消化不良の原因になります。夕食時は、特にアルコールを飲むと食が進み、脂の多い料理を食べすぎると睡眠に影響が出るため避けたほうが無難です。

注意事項

麻婆豆腐の香辛料に含まれるカプサイシンは痩せる効果がありますが、入れすぎるとご飯の量も増やしたくなります。麻婆豆腐を食べて痩せる方法を取り入れるときは、香辛料を控えめにしてご飯を減らし、代わりにキャベツの千切りを付けあわせて食べるやり方がおすすめです。

麻婆豆腐ダイエットの低糖質アレンジレシピ

麻婆豆腐を低カロリー・低糖質の献立にアレンジする方法は、カロリーの高い油と肉、糖質が多い片栗粉を控えるやり方です。

【油を控える】
・炒め油にごま油を使う
・テフロンのフライパンで炒める

【肉を使わない】
・鶏がらスープを肉の出汁にする
・味噌、甜麺醤で濃い味をつける

【片栗粉を使わない】
・スープ仕立てにする
・水分を控え調味料だけで煮込む

白麻婆豆腐

 (203422)

材料 分量
絹ごし豆腐 1/2丁
青ネギ 1〜2本
白ネギ 1/5本
にんにく・生姜 少々
鶏がらスープの素 大さじ1/2
100ml
大さじ1/2
ごま油 小さじ1弱
片栗粉 小さじ1
白麻婆豆腐は、ひき肉を使わずにあっさりした味付けに仕上げた、ダイエットに最適な麻婆豆腐です。

【白麻婆豆腐の作り方】
①ごま油を熱したフライパンで白ネギ・にんにく・生姜のみじん切りを炒める
②①に鶏がらスープの素と水、酒を加えてひと煮立ちさせる
③②にサイの目に切った豆腐を加えさらにひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとじる
④③を皿に盛り小口切りにした青ネギをかける

トマト入り麻婆豆腐

 (203423)

材料 分量
木綿豆腐 1/2丁
トマト 中1個
白ネギ 1/2本
にんにく 1片
赤みそ 小さじ1
小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
豆板醤 小さじ1/2
ごま油 小さじ1/2
トマト入り麻婆豆腐は、トマトを入れることで辛味をやわらげ、ご飯がなくても食べられる麻婆豆腐です。

【トマト入り麻婆豆腐の作り方】
①トマトをざく切り、にんにくはみじん切りにする
②フライパンにごま油を熱し、にんにくを炒める
③②に調味料を入れ、ひと煮立ちしたらサイの目に切った豆腐を入れる
④豆腐に火が通ったらトマトを入れて弱火でゆっくり煮込む
⑤皿に盛り、小口切りにした白ネギをのせる

具沢山ヘルシー麻婆豆腐

 (203424)

材料 分量
木綿豆腐 1/2丁
鶏ひき肉 40g
白ネギ 1/3本
青ネギ 少々
たけのこ 30g
干し椎茸 中2枚
甜麺醤 大さじ1
小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
ごま油 小さじ1/2
具沢山ヘルシー麻婆豆腐は、鶏ひき肉とたけのこ・椎茸を使い、見た目にボリュームを付けながらカロリーを抑えた麻婆豆腐です。

【具沢山ヘルシー麻婆豆腐の作り方】
①たけのこ、戻した干し椎茸はみじん切りにする
②ごま油を熱したフライパンで鶏ひき肉と②を炒める
③②に調味料を入れ、ひと煮立ちしたらサイの目に切った豆腐を入れて弱火で煮からめる
④皿に盛り千切りの白ネギと小口切りの青ネギをのせる

麻婆豆腐ダイエットの疑問点

麻婆豆腐ダイエットの疑問点は、外食で食べる麻婆豆腐のカロリーが平均660kcalもあり、家で手作りをするほうがよいことです。

麻婆豆腐を手作りする場合、ライザップには低糖質や代謝を高めるアレンジ方法があります。ダイエット中に外食をしなければならないとき、王将で麻婆豆腐を食べるとすると、カロリーや一緒に食べるメニューに気を配らなければなりません。

ライザップの麻婆豆腐はおすすめ?

ライザップの麻婆豆腐は、管理栄養士監修の低糖質にアレンジする方法で作ったダイエットにおすすめのメニューです。

ライザップのアレンジ方法では、片栗粉を使わずに煮詰めただけのやり方で仕上げていて、通常の麻婆豆腐に比べ糖質が少ない分カロリーを抑えています。できあがりにかける粉山椒は、サンショオールの働きで代謝を上げ、脂肪燃焼に効果的です。

王将の麻婆豆腐はおすすめ?

麻婆豆腐1人前のカロリー
餃子の王将 758kcal
大阪王将 541kcal
72 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは、腸内環境を整える乳酸菌を夜のゴールデンタイムに毎日100g摂取して痩せるやり方です。飲むヨーグルトをホットヨーグルトにし乳酸菌の効果を高め、脂肪の蓄積を抑えて健康な体作りと美容に役立ちます。ヨーグルトを飲むだけの手軽さで1か月で5㎏のダイエットが期待できます。
カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットは、1日の摂取カロリーを消費カロリーより減らして痩せるダイエット方法です。適正なカロリーコントロールをすることで、健康的に痩せる効果があります。ダイエット中の摂取カロリーを決める方法や糖質制限との違いを知って、正しいやり方で痩せましょう。
玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットとは、玉ねぎスープを毎日飲むことで、体質を改善していきダイエットにつなげる方法​です。玉ねぎには血流を良くし、痩せやすい体質に変える効果があります。短期間で痩せるためには3日間玉ねぎスープだけを飲む方法がありますが、毎食の最初に玉ねぎスープを飲むだけの簡単な方法でもダイエット効果があります。玉ねぎスープダイエットでは、1週間に2キロ痩せることが期待できます。
ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイは低カロリーかつ糖質ゼロでダイエットにおすすめな食材です。ザーサイには便秘やむくみを改善する効果があり、ダイエットに嬉しい栄養素が詰まっています。ザーサイは調理の手間もかからず、トッピングするだけでレシピの幅を広げます。ザーサイを上手に活用して理想の体を目指しましょう。
Act |
サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキは、美容や健康によいと評価されている食用サボテンを用いたメキシコ料理です。かすかな苦みや酸味をもつサボテンステーキは、まずいと言われる場合もありますが、自宅でも簡単に調理やアレンジが可能であり、好みの食べ方を見つけやすい点も魅力です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous