2020年12月13日 更新

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。

281 view お気に入り 0

ゆで卵ダイエットとは?

 (202258)

ゆで卵ダイエットとは、夕食をゆで卵に置き換えたり、間食に食べることで健康的に減量できる方法です。ゆで卵に含まれるたんぱく質やビタミン類には、代謝を上げて消費カロリーを増やす効果があり、効果的に痩せることができます。

カロリー制限がないゆで卵ダイエットは、夕食をゆで卵に置き換えたり、15時の間食にゆで卵を2個食べるだけで1日に240kcal消費することができ、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。

ゆで卵の効果と栄養

 (202259)

たんぱく質が豊富に含まれるゆで卵には、代謝を上げて痩せやすい身体をつくる効能・効果があります。1個あたり91kcalとカロリーが低いゆで卵には、脂肪になりやすい糖質や脂質の代謝を助ける効能を持つビタミンB₂も豊富に含まれています。

ゆで卵の栄養(60g中)

エネルギー 91kcal
たんぱく質 7.74g
ビタミンB₂ 0.24mg
ビタミンB₁₂ 0.54μg
ビオチン 15μg
セレン 21.6μg
必須アミノ酸 13000mg
ゆで卵の栄養成分には、代謝をアップして痩せやすい体質を作るたんぱく質や3大栄養素の代謝を助ける働きを持つビタミンB類が多く含まれています。

・たんぱく質
筋肉や内臓を形成する
身体を強くし代謝を上げて、痩せやすい体質を作る

・ビタミンB₂
脂質・糖質・たんぱく質のエネルギー分解をサポート
皮膚や髪の毛の老化防止

・ビタミンB₁₂
貧血を予防し、良質な睡眠を促す

・ビオチン
脂質・糖質・たんぱく質代謝の過程で酵素の働きをサポートする

効果

 (202324)

ゆで卵の効果は、3つあります。

・代謝促進
たんぱく質やビタミンB類が糖質や脂質の分解を助け、代謝を促進

・老化防止
ゆで卵に含まれるセレンや必須アミノ酸の効果で抗酸化作用が働き、肌の老化を防止

・美肌効果
ビオチンで肌の潤いを保ち、きれいな肌を維持

カロリー

食材 カロリー たんぱく質 ビタミンB₂
ゆで卵 91kcal 7.74g 0.24mg
豚肉 193kcal 7.1g 0.07mg
鶏肉 100kcal 8.1g 0.09mg
牛肉 186kcal 7.2g 0.06mg
さんま 124kcal 7.4g 0.1mg
ゆで卵のカロリーは、1個あたり91kcalです。ゆで卵は、同じ量のたんぱく質を含む食べ物と比べてカロリーが低くビタミンB₂が多いためダイエットに効果的と言えます。

ゆで卵に含まれるたんぱく質やビタミンB₂は、代謝を上げて脂肪が燃焼しやすい身体を作ることに役立ちます。低カロリーなのに栄養豊富なゆで卵を食べてダイエットすると、摂取カロリーを抑えながら栄養不足にならずに痩せることができます。

ゆで卵ダイエットのやり方

 (202325)

ゆで卵ダイエットのやり方は、半熟卵を1日2個摂取して代謝を上げるだけと簡単です。ゆで卵ダイエットには、夕食に置き換える方法と間食に食べる方法の2種類があります。

夕食をゆで卵と野菜を組みあわせたメニューに置き換えると、栄養を摂りながら摂取カロリーを抑えることができます。間食ダイエットをする場合は、脂肪になりにくい15時に1回食べるようにしましょう。1日に240kcal消費できるゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1kg痩せることが期待できます。

ゆで卵ダイエットの食べ方

ダイエット中にゆで卵を食べる場合は、7~8分のゆで時間で作った半熟卵を選ぶことがおすすめです。半熟卵は、固ゆで卵や生卵と比較すると栄養の吸収率が91%と高いため、効率よく栄養を摂取して減量することができます。

ゆで卵ダイエットの摂取量

ダイエット中のゆで卵の摂取量は、1日2個にしましょう。ゆで卵は、2個分でたんぱく質15gあり、1食に必要なたんぱく質を補いながら代謝を上げることができます。ゆで卵を2個食べるだけで、糖や脂質の代謝を促すビタミン類の1日必要量の半分を補うことも可能です。

ゆで卵は、2個まではダイエットに効果的ですが、3個以上摂取してしまうとご飯1杯分を超える272kcalを摂取することになり、カロリーやコレステロールの摂りすぎを招くため、注意が必要です。

ゆで卵ダイエットの方法①1食置き換え

 (201222)

94 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 140 view
コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 100 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 327 view
アジはダイエットにおすすめ?鯵の効果・おすすめレシピを解説

アジはダイエットにおすすめ?鯵の効果・おすすめレシピを解説

アジダイエットとは、アジに含まれる栄養素をダイエットに活用する方法です。アジに含まれるDHAやEPAは内臓脂肪や中性脂肪値を減らし食欲抑制効果もあり効果的に痩せることができます。ダイエットのやり方はアジを食べるだけと手軽で、レシピも豊富にあり飽きずに続けることができます。
Anonymous | 166 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yunn0923 yunn0923