Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. ココアはダイエットにおす...
ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアは、痩せやすい体を作るポリフェノールやテオブロミンが含まれているためダイエットにおすすめです。ココアには、満腹感を得るだけでなく、食欲抑制や新陳代謝を上げることをはじめとする痩せる効果があります。ココアのカロリーは、無調整と調整のココアで大きく異なり、純ココアが調整ココアより健康やダイエットに適しています。

2022.11.19 ダイエット

ココアはダイエットにおすすめ?

 (195802)

ココアは、痩せやすい体を作るポリフェノールやテオブロミンを含んでいるため、ダイエットにおすすめです。一般的に、ココアは甘い印象が強く摂取することで太るイメージを持たれることが多いですが、本来は太る飲み物ではありません。

ココアダイエットでは、調整ココアではなく純ココアを1日2回に分けて5〜10g飲む方法で食欲を抑制しながら脂肪吸収を減らし、1週間で1㎏痩せることができます。

ココアは太る?

ココアは、甘くてダイエットに不向きな印象が強いですが、実際はカロリーが低く、1日10gまでなら飲んでも太ることはありません。体内に消化・吸収されない食物繊維を豊富に含むココアは、腸内に残っている食品を巻き込んで排出する働きで脂肪吸収をおさえ、痩せる効果を生みます。

ココアの種類

 (195803)

種類 純ココア 調整ココア
砂糖やミルク 含まれていない 含まれている
カロリー 低い 高い
ダイエットおすすめ度 ×
ココアの種類は、製法の違いで純ココア調整ココアの2種類に分けられます。2種類は、どちらも原材料がカカオであることに違いはありませんが、ダイエットの効果が大きく異なります。

ココアの効果

 (195805)

ココアには、燃焼や新陳代謝を上げるポリフェノールや食欲を抑制するテオブロミン、便秘を解消するカカオプロテインをはじめとする6つのダイエットによい効果や効能を含む栄養素が含まれています。

・抗酸化作用
・血流促進
・冷えやむくみを解消
・美肌効果
・動脈硬化改善
・ストレス解消

栄養

 (195806)

エネルギー 391kcal 食物繊維 27.5g
水分 4g ナトリウム 20mg
たんぱく質 18.9g カルシウム 130mg
脂質 23g テオブロミン 1.7g
炭水化物 43.3g ポリフェノール 4.1g
・たんぱく質
筋肉や臓器、肌・髪・爪を活性化させる

・脂質
体内のエネルギーをつくる

・炭水化物
脳の唯一のエネルギー源となる

・食物繊維
整腸作用で便秘改善
血中コレステロール値の低下させて血糖値の上昇を抑制する

・ナトリウム
体内の水分バランスを維持する

・カルシウム
骨と歯の材料となる
イライラを軽減

・テオブロミン
食欲を抑制

・ポリフェノール
抗酸化作用と動脈硬化予防
栄養豊富な純ココアは、16世紀頃までは薬に使われていました。ココアは、疲労回復や滋養強壮・長寿に効果があり、お金の代わりに使用されていた歴史もあります。

効果

 (195810)

・ダイエット効果
ポリフェノールが脂肪燃焼し新陳代謝をアップ
テオブロミンが食欲を抑制

・便秘改善
食物繊維とカカオプロテインが腸内環境を改善

・動脈硬化予防
ポリフェノールが酸化を抑制し動脈硬化を予防

・冷え・むくみ解消
テオブロミンとポリフェノールが血流を促進し、冷えやむくみを解消

・ストレス解消
テオブロミンが自律神経に働きかけてストレスを解消

・紫外線の肌ダメージ軽減
ポリフェノールの抗酸化作用で肌ダメージを軽減

カロリー

 (193920)

種類 純ココア/1杯5g中 調整ココア/1杯20g中
カロリー 16kcal 80kcal
糖質 1g 13.8g
ココア1杯のカロリーは、純ココアが16kcalで、調整ココアが80kcalです。2種類のカロリーを比較すると、純ココアのほうが調整ココアよりカロリーや糖質が低く、健康やダイエットに適していることがわかります。

ココアを使ったダイエットのやり方

  •        
  •        
  •        
  •       
    
 (189530)

ココアを使ったダイエットのやり方は、朝と夜に1日2杯5~10g飲むだけととても簡単です。空腹時や食前に飲むことで、ココアに含まれるテオブロミンが食欲を抑制し、食べ過ぎを防ぐ効果が得られます。

種類や飲み方・飲む量に気を付けて正しい方法でココアダイエットに取り組みましょう。

飲み方

ダイエットでココアを飲む場合は、摂取カロリーを抑えられるように、純ココア5gをカロリーのないお湯200mlで割って飲みます。

甘味がなく飲みにくいと感じる場合には、お湯ではなく、温めた牛乳200mlで割る方法がおすすめです。甘味を足したい場合は、砂糖と比べるとカロリーが低く栄養価の高いはちみつを少量加えるようにしましょう。
冷え性の人は、ココアに体を温める効果がある生姜を足して飲む方法がおすすめです。冷蔵庫に生姜チューブやジンジャーパウダーを常備しておけば、いつでも気軽に味のアレンジが楽しめます。

飲む量

 (195812)

飲む量は、1日2杯400mlを目安にしましょう。ココアの健康効果を最大限に活かすには、1日10gのココアを200mlずつ2回に分けて飲むことをおすすめします。

飲む量が多すぎると、体重増加を招くため、適正量を守るように徹底しましょう。

飲む時間・タイミング

飲むタイミング 効果
冷え性,便秘改善
質のよい睡眠,リラックス効果
ココアを飲む時間は、朝と夜に分けるようにします。ココアは、朝食前や晩ご飯前のタイミングに飲むと、食欲を抑制し、脂肪の吸収を防ぐ効果が高まります。

注意事項

ココアダイエットの注意事項は、3つあります。

・調整ココアは避ける
・飲みすぎない
・カフェインの過剰摂取


調整ココアは糖やミルクが多いため、ダイエット中には摂取を避けるようにしましょう。100mlにつき10mgのカフェインが含まれているココアは、過剰に摂取すると睡眠に障害がでたり、カロリーオーバーで逆に太る危険性があり注意が必要です。

ココアを使ったダイエットレシピ

 (195813)

ココアを使ったダイエットレシピのおすすめは、低カロリーな純ココアを使用したレシピです。ココアを使用したレシピでは、組みあわせる食品を工夫すれば、3つの効果をアップすることが可能です。

・ダイエット効果
・美容効果
・健康効果


アレンジで味を工夫すれば、毎日飽きずに継続してダイエットを続けることができます。

①豆乳ココア

 (195814)

材料 分量(1杯分)
純ココア 5g
豆乳 200ml
【豆乳ココアの作り方】
①鍋にココアと少量の豆乳を入れ混ぜる
②ココアが溶けたら弱火にかける
③沸騰する直前で残りの豆乳を加える
④温まったら出来上がり

豆乳をいれるときは、ダマにならないように、少しずつ分けて加えるようにしましょう。

②生姜ココア

 (195815)

材料 分量(1杯分)
純ココア 5g
生姜すりおろし 1片
お湯 200ml
【生姜ココアの作り方】
①生姜1片をすりおろす
②お湯を沸かし、ココアを溶かす
③ココアが溶けたら、生姜を入れて出来上がり

生姜は、お好みで量を調節しましょう。

③バターココア

 (195816)

材料 分量(1杯分)
純ココア 5g
グラスフェッドバター 5g
MCTオイル 5g
お湯 200ml
【バターココアの作り方】
①お湯を沸かし、ココアを溶かす
②1にバターとMCTオイルを加え、ブレンダーでよく撹拌する
③分離がなくなり滑らかになったら出来上がり

バターが分離していると、油の味がしておいしくないため、分離しなくなるまで撹拌するようにしましょう。

④きな粉ココア

 (195818)

材料 分量(1杯分)
純ココア 5g
きな粉 10g
豆乳 200ml
【きな粉ココアの作り方】
①鍋にココアときな粉、半量の豆乳を入れ弱火にかける
②1が溶けたら残りの豆乳を加えて出来上がり

豆乳が苦手な方は、ミルクに変えて作っても大丈夫です。

⑤甘酒ココア

 (195819)

材料 分量(1杯分)
純ココア 5g
麹甘酒 200ml
【甘酒ココアの作り方】
①甘酒にココアを入れよく混ぜる
②電子レンジ600Wで1分加熱
③レンジから取り出しよく混ぜたら出来上がり

甘酒は、酒粕甘酒ではなく、砂糖無添加の麹甘酒を使用するようにしましょう。甘さが欲しい場合は、栄養価の高いはちみつか腸内環境を整えてくれるオリゴ糖を入れることがおすすめです。

ダイエット中のココアの疑問点

 (195820)

ココアダイエットでは、いつ飲むかや摂取方法、温度にまつわる疑問が生まれることが多いです。ココアは、脂肪燃焼効果が高い朝に飲む方法がおすすめですが、カフェインが苦手でなければ就寝前に飲んでも問題ありません。

ココアダイエットは、ホットココア限定ではなく、アイスココアやココアを含む食品でも取り組むことが可能です。

朝と夜どちらが効果が高いの?

ココアは、朝と夜どちらに飲んでも大丈夫ですが、3つの効果がある朝に飲むほうが痩せる効果が高いです。

・体を温めて脂肪燃焼効果を上げる
・お通じをよくし便秘改善
・1日の消費カロリーを上げる

寝る前に飲んでもよいの?

 (195822)

ココアは、低カロリーでダイエットに有効な成分が摂取できるため、寝る前に飲んでもよいです。寝る前に飲むと、ダイエットの有効成分であるテオブロミンの働きで、4つの効果を得ることができます。

・リラックス効果
・質のよい睡眠がとれる
・冷えやむくみを改善
・老廃物を排出


ただし、カフェインが苦手な方が飲むと、朝までに目が覚めてしまう恐れがあるため、過剰摂取に気をつけましょう。

ココアの入った食品に効果はある?

 (193942)

ココアの入った食品には、ダイエットに有効なテオブロミンやポリフェノールが含まれているため、ココアと同じダイエット効果が得られます。しかし、市場で販売されているココアを含む商品のなかには、体重の増加を招く、大量の砂糖や蜂蜜の甘味料が含まれている場合があります。

ダイエット目的でココアを含む商品を選ぶときには、成分表示をよく見て、甘味料がたくさん入った食品を避けるようにしましょう。

ホットココアでないと効果はない?

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
ホットココアでもアイスココアでも成分に変わりはないため、アイスでもダイエット効果が期待できます。アイスココアには、ホットココアのように体を温めてくれる効果はありませんが、氷水や麦茶のような冷たい飲み物と違い、体を冷やすことはありません。

アイスココアは、夏の暑い日のダイエットや、体が火照りやすい人に適しています。

ダイエットにおすすめのココア3選

 (195823)

ダイエットには、無糖で甘味のない無調整の純ココアがおすすめです。純ココアを選ぶときには、苦みが少なくて味が美味しく、溶けやすい商品を選ぶようにしましょう。

片岡物産:バンホーテン ピュアココア缶

 (195825)

価格 ★★★★☆
種類 純ココア
エネルギー 16.6kcal/4g中
糖質 0.5g/4g中
バンホーテンのピュアココアは、1828年からココアのトップブランドとして世界中で長く愛されています。50か国からカカオ豆を買いつけ世界最高級の品質を保っているピュアココアは、缶の容器のまま保存でき移し替える必要がないところと、きめの細かいパウダーで溶けやすいことが人気の秘訣です。

森永製菓:森永ココア 純ココア

 (195826)

価格 ★★★★★
種類 純ココア
エネルギー 18kcal/5g中
糖質 0.8g/5g中
日本を代表するメーカーの1つである森永製菓の森永ココア 純ココアは、風味がとても豊かで飲みやすいところが特徴です。他社の純ココアと比較すると、少量販売で使い切りやすいと人気を集めています。

純ココアは、中袋がチャックつきで、余った分を容器に移し替える手間なく保存が便利です。溶けやすく泡立てた生地を消しにくい純ココアは、お菓子作りに使用することもできます。

創健社:有機栽培カカオ豆100%使用ココア

 (195827)

価格 ★★☆☆☆
種類 純ココア
エネルギー 18.5kcal/5g中
糖質 0.6g/5g中
創健社の有機栽培カカオ豆100%使用ココアは、その名のとおり、有機栽培されたカカオ豆が原料に作られた、なめらかで風味が豊かな商品です。

有機栽培カカオ豆100%使用ココアのおすすめポイントは、比較的価格が高いけれど少量で使い切りやすい点と、缶で湿気る心配がなく保存に便利な点です。ドミニカ共和国で栽培し、本場オランダで加工されている有機栽培カカオ豆100%使用ココアは、有機栽培ならではの深いコクと香りが楽しめます。
無調整のココアは、スーパーやインターネットで購入することができます。コンビニで売られているココアは、砂糖やミルクの加えられた調整ココアなため、買い間違いに注意しましょう。

ココアを飲むだけお手軽ダイエット

 (189545)

ココアは、食前に飲むだけで、食欲抑制効果と満腹感を得られるため、お手軽にダイエットすることができます。ココアでダイエットをする方法では、便秘改善や新陳代謝が上がり痩せやすい体になるだけでなく、動脈硬化の予防や美肌効果も期待できます。

お湯かホットミルクで割った1日2杯のココアを継続的に摂取して、健康的で美しく痩せる効果を手に入れましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。