2021年8月13日 更新

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは、腸内環境を整える乳酸菌を夜のゴールデンタイムに毎日100g摂取して痩せるやり方です。飲むヨーグルトをホットヨーグルトにし乳酸菌の効果を高め、脂肪の蓄積を抑えて健康な体作りと美容に役立ちます。ヨーグルトを飲むだけの手軽さで1か月で5㎏のダイエットが期待できます。

359 view お気に入り 0

飲むヨーグルトのダイエットとは?

 (252604)

飲むヨーグルトのダイエットとは、整腸作用があり腸内環境を整える効果がある乳酸菌を手軽に取り入れることができるダイエット方法のことです。
飲むヨーグルトは乳酸菌の種類で効果に違いがあり、目的に応じてダイエットや健康に有効なメリットを得られます。

・脂肪の蓄積を抑える
・便秘改善
・美容効果
・免疫力UP


飲むヨーグルトダイエットは調理や皿に入れる手間がなく、飲むだけでよい簡単さが人気のダイエット方法です。

飲むヨーグルトの効果

飲むヨーグルトを飲んで得られる効果は、健康的な体を形作るたんぱく質やカルシウムをはじめとする栄養成分を摂取でき、さらに肌がきれいになる美容の効能もあります。

飲むヨーグルトの栄養成分の詳細や詳しい効果、摂取カロリーの正しい基礎知識を把握しダイエットに役立ててください。飲むヨーグルトの知識を得ることは、痩せる体を手にする第1歩です。

効能(栄養)

飲むヨーグルト100gあたりの栄養成分
カロリー 65kcal
たんぱく質 2.9g
炭水化物 12g
カルシウム 110mg
脂質 0.5g
飲むヨーグルトの効能は、乳酸菌による整腸作用、美肌効果があります。飲むヨーグルトの栄養は筋肉を作るたんぱく質や骨を作るカルシウムの体を健康に保つ成分が多く含まれていて、体作りに役立ちます。

・たんぱく質
筋肉や血液を作る

・炭水化物
脳や体を動かすエネルギー源になる

・カルシウム
歯や骨を形成する

・脂質
たんぱく質の約2倍のエネルギーを作り出す効率のよいエネルギー源

効果

 (252605)

飲むヨーグルトは乳酸菌の整腸効果のおかげで健康や美容に効く多くの効果があり、毎日飲むことで効果が高まります。

・血糖値上昇の抑制
・脂肪燃焼の促進
・代謝改善
・便秘改善
・美肌効果
・便秘解消
・骨が丈夫になる
・免疫力向上
・ストレスによる胃痛の緩和
・自律神経のバランスを整える
・コレステロール値の低下


飲むヨーグルトを摂取することでダイエットに加え健康的な体作りができ、習慣にして積極的に取り入れたい食品です。

カロリー

種類 カロリー/100g
飲むヨーグルト(加糖) 65kcal
飲むヨーグルト(無糖) 58kcal
加糖のプレーンヨーグルト 123kcal
無糖のプレーンヨーグルト 61.9kcal
飲むヨーグルトのカロリーは100gあたり65kcalで、普通のプレーンヨーグルトの無糖の商品とほとんど変わりません。
飲むヨーグルトは加糖の商品が多く発売されていて、ダイエットに効果が高い商品はカロリーの低い無糖の飲むヨーグルトです。無糖の飲むヨーグルトは種類が少なく取り扱いがない場合があり、販売していないときは手に入れやすい加糖の商品でも取り入れ方を間違わなければダイエットに使用して問題ないです。

飲むヨーグルトのダイエットのやり方

 (252606)

飲むヨーグルトダイエットのやり方は、飲むだけでできる簡単なところが最大の魅力です。飲むヨーグルトの選び方や飲み方、量にタイミングの正しい知識や注意点を知ることで、さらに効果的にダイエットができます。

飲むヨーグルトを効果的に取り入れて高いダイエット効果を得ると、1か月で5㎏の減量が期待できます。正しい飲むヨーグルトダイエットのやり方を学び、失敗を減らし効率よくダイエットしましょう。

飲むヨーグルトの選び方

ダイエット目的で飲むヨーグルトを選ぶ場合は、加糖されていない無糖の商品がカロリーが低くおすすめです。しかし、ヨーグルト選びで重要な乳酸菌の種類で味・効果・効能が変わるため、自分の好みや目的に合ったヨーグルトを選びが必要となります。

無糖の飲むヨーグルトはカロリーが低いですが、甘みがある加糖の商品は満足度が高く、結果的に摂取量が少なく済む場合もあり、自分で摂取量を守れるヨーグルトを見極めるとよいです。

飲むヨーグルトの飲み方

飲むヨーグルトの飲み方は、一度にたくさん飲むのではなく一定の飲むことを毎日続ける方法が理想です。1日のうち、夜に100gの飲むヨーグルトを飲むことが適量の目安で、痩せる食べ方はホットヨーグルトにして摂取すると乳酸菌が活発化し吸収しやすくなり効果的です。

温かい飲むヨーグルトを摂取すると、代謝が高まり脂肪燃焼の効率がよくなることでダイエット効果がさらに上がります。

飲むヨーグルトの摂取量

飲むヨーグルトの摂取量の目安は100gで、毎日摂取することで腸が活性化し高いダイエット効果を得ることができます。
ヨーグルトはヘルシーなイメージがありますが、摂取しすぎるとカロリーをたくさん摂りすぎて体重増加の一因になることがあり注意が必要です。
飲むヨーグルトは手軽に摂取できてしまい、つい量を気にせず飲んでしまうとダイエットに逆効果になり目安量を守ることが大切です。
68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットは、1日の摂取カロリーを消費カロリーより減らして痩せるダイエット方法です。適正なカロリーコントロールをすることで、健康的に痩せる効果があります。ダイエット中の摂取カロリーを決める方法や糖質制限との違いを知って、正しいやり方で痩せましょう。
玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットとは、玉ねぎスープを毎日飲むことで、体質を改善していきダイエットにつなげる方法​です。玉ねぎには血流を良くし、痩せやすい体質に変える効果があります。短期間で痩せるためには3日間玉ねぎスープだけを飲む方法がありますが、毎食の最初に玉ねぎスープを飲むだけの簡単な方法でもダイエット効果があります。玉ねぎスープダイエットでは、1週間に2キロ痩せることが期待できます。
ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイは低カロリーかつ糖質ゼロでダイエットにおすすめな食材です。ザーサイには便秘やむくみを改善する効果があり、ダイエットに嬉しい栄養素が詰まっています。ザーサイは調理の手間もかからず、トッピングするだけでレシピの幅を広げます。ザーサイを上手に活用して理想の体を目指しましょう。
Act |
サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキは、美容や健康によいと評価されている食用サボテンを用いたメキシコ料理です。かすかな苦みや酸味をもつサボテンステーキは、まずいと言われる場合もありますが、自宅でも簡単に調理やアレンジが可能であり、好みの食べ方を見つけやすい点も魅力です。
1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法は、激しい運動と筋トレ、厳しい食事制限です。短期間で痩せるためには、高たんぱく低脂質な食事で摂取カロリーを抑え、負荷の重い運動を取り入れて消費カロリーを増やす必要があります。1週間で3キロ痩せると、お腹周りや顔周りがスッキリします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

toshimi_t toshimi_t