Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. 飲むヨーグルトでダイエッ...
飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは、腸内環境を整える乳酸菌を夜のゴールデンタイムに毎日100g摂取して痩せるやり方です。飲むヨーグルトをホットヨーグルトにし乳酸菌の効果を高め、脂肪の蓄積を抑えて健康な体作りと美容に役立ちます。ヨーグルトを飲むだけの手軽さで1か月で5㎏のダイエットが期待できます。

2021.12.16 ダイエット

飲むヨーグルトのダイエットとは?

 (252604)

飲むヨーグルトのダイエットとは、整腸作用があり腸内環境を整える効果がある乳酸菌を手軽に取り入れることができるダイエット方法のことです。
飲むヨーグルトは乳酸菌の種類で効果に違いがあり、目的に応じてダイエットや健康に有効なメリットを得られます。

・脂肪の蓄積を抑える
・便秘改善
・美容効果
・免疫力UP


飲むヨーグルトダイエットは調理や皿に入れる手間がなく、飲むだけでよい簡単さが人気のダイエット方法です。

飲むヨーグルトの効果

飲むヨーグルトを飲んで得られる効果は、健康的な体を形作るたんぱく質やカルシウムをはじめとする栄養成分を摂取でき、さらに肌がきれいになる美容の効能もあります。

飲むヨーグルトの栄養成分の詳細や詳しい効果、摂取カロリーの正しい基礎知識を把握しダイエットに役立ててください。飲むヨーグルトの知識を得ることは、痩せる体を手にする第1歩です。

効能(栄養)

飲むヨーグルト100gあたりの栄養成分
カロリー 65kcal
たんぱく質 2.9g
炭水化物 12g
カルシウム 110mg
脂質 0.5g
飲むヨーグルトの効能は、乳酸菌による整腸作用、美肌効果があります。飲むヨーグルトの栄養は筋肉を作るたんぱく質や骨を作るカルシウムの体を健康に保つ成分が多く含まれていて、体作りに役立ちます。

・たんぱく質
筋肉や血液を作る

・炭水化物
脳や体を動かすエネルギー源になる

・カルシウム
歯や骨を形成する

・脂質
たんぱく質の約2倍のエネルギーを作り出す効率のよいエネルギー源

効果

 (252605)

飲むヨーグルトは乳酸菌の整腸効果のおかげで健康や美容に効く多くの効果があり、毎日飲むことで効果が高まります。

・血糖値上昇の抑制
・脂肪燃焼の促進
・代謝改善
・便秘改善
・美肌効果
・便秘解消
・骨が丈夫になる
・免疫力向上
・ストレスによる胃痛の緩和
・自律神経のバランスを整える
・コレステロール値の低下


飲むヨーグルトを摂取することでダイエットに加え健康的な体作りができ、習慣にして積極的に取り入れたい食品です。

カロリー

種類 カロリー/100g
飲むヨーグルト(加糖) 65kcal
飲むヨーグルト(無糖) 58kcal
加糖のプレーンヨーグルト 123kcal
無糖のプレーンヨーグルト 61.9kcal
飲むヨーグルトのカロリーは100gあたり65kcalで、普通のプレーンヨーグルトの無糖の商品とほとんど変わりません。
飲むヨーグルトは加糖の商品が多く発売されていて、ダイエットに効果が高い商品はカロリーの低い無糖の飲むヨーグルトです。無糖の飲むヨーグルトは種類が少なく取り扱いがない場合があり、販売していないときは手に入れやすい加糖の商品でも取り入れ方を間違わなければダイエットに使用して問題ないです。

飲むヨーグルトのダイエットのやり方

 (252606)

飲むヨーグルトダイエットのやり方は、飲むだけでできる簡単なところが最大の魅力です。飲むヨーグルトの選び方や飲み方、量にタイミングの正しい知識や注意点を知ることで、さらに効果的にダイエットができます。

飲むヨーグルトを効果的に取り入れて高いダイエット効果を得ると、1か月で5㎏の減量が期待できます。正しい飲むヨーグルトダイエットのやり方を学び、失敗を減らし効率よくダイエットしましょう。

飲むヨーグルトの選び方

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ダイエット目的で飲むヨーグルトを選ぶ場合は、加糖されていない無糖の商品がカロリーが低くおすすめです。しかし、ヨーグルト選びで重要な乳酸菌の種類で味・効果・効能が変わるため、自分の好みや目的に合ったヨーグルトを選びが必要となります。

無糖の飲むヨーグルトはカロリーが低いですが、甘みがある加糖の商品は満足度が高く、結果的に摂取量が少なく済む場合もあり、自分で摂取量を守れるヨーグルトを見極めるとよいです。

飲むヨーグルトの飲み方

飲むヨーグルトの飲み方は、一度にたくさん飲むのではなく一定の飲むことを毎日続ける方法が理想です。1日のうち、夜に100gの飲むヨーグルトを飲むことが適量の目安で、痩せる食べ方はホットヨーグルトにして摂取すると乳酸菌が活発化し吸収しやすくなり効果的です。

温かい飲むヨーグルトを摂取すると、代謝が高まり脂肪燃焼の効率がよくなることでダイエット効果がさらに上がります。

飲むヨーグルトの摂取量

飲むヨーグルトの摂取量の目安は100gで、毎日摂取することで腸が活性化し高いダイエット効果を得ることができます。
ヨーグルトはヘルシーなイメージがありますが、摂取しすぎるとカロリーをたくさん摂りすぎて体重増加の一因になることがあり注意が必要です。
飲むヨーグルトは手軽に摂取できてしまい、つい量を気にせず飲んでしまうとダイエットに逆効果になり目安量を守ることが大切です。

飲むヨーグルトの摂取のタイミング

タイミング 効果
食事前 食欲抑制・カルシウム吸収効率UP
食事後 乳酸菌が腸に生きて届く
飲むヨーグルトを摂取するタイミングは食事の前と後の2通りありますが、ダイエットにおすすめは食事前です。

【食事前】
飲むヨーグルトで食欲が抑制され食事の食べ過ぎを防げます。カルシウム不足は体脂肪を増加させますが、食前の摂取で胃の消化液に溶け込んだカルシウムが吸収されやすくなります。

【食事後】
空腹時は胃酸の酸性度が高く乳酸菌が死んでしまうことがあり、食後は多くの菌が生きて腸まで届きやすいです。

飲むヨーグルトの摂取期間

飲むヨーグルトの摂取期間は、ダイエット効果が判断できる1か月です。飲むヨーグルトの乳酸菌の力を最大限発揮させる時間帯の19~20時に1日1回摂取すると効果が得られます。

腸には1日で最も活発に動く22時〜翌2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があり、ヨーグルトは摂取してから2~3時間をかけ腸を整えていき、時間を逆算することで効果促進を狙い、1か月で5kgの減量に成功した例もあります。

飲むヨーグルトのダイエットをするときの注意点

 (252608)

飲むヨーグルトは固形のヨーグルトと比較して、脂質は低いですが炭水化物の量が多く、飲むだけの手軽な方法で摂取できて量が多くなりがちです。炭水化物は糖質と食物繊維の合計で表されますが、糖質は摂取しすぎると血糖値が急上昇し、糖分を脂肪で蓄積し太ることになります。
ヨーグルトを適量を摂取する分には問題ありませんが、糖質が気になる人は低糖質な種類の飲むヨーグルトを選んでダイエットに取り入れてください。

夜のヨーグルト摂取で気を付けること

飲むヨーグルトを夜に摂取する場合、飲む時間と就寝のタイミングに気をつけてください。
ヨーグルトの整腸効果を最大化するゴールデンタイムに合わせて夜に摂取することは有効ですが、摂取直後に寝てしまうと糖が消費されず脂肪で蓄積されます。
腸のゴールデンタイムの2~3時間前である19~20時に飲むのが理想ですが、タイミングが遅くなったときは少なくとも夜寝る前の2時間前までに摂取しましょう。

ヨーグルトの飲み過ぎによる影響

ヨーグルトは飲み過ぎるとカロリーオーバー以外に体によくない影響が出る場合があります。

・太る
・下痢
・便秘
・吐き気


飲むヨーグルトを過剰摂取して太ってしまったり、お腹の調子を整えるヨーグルトで成分が体に合わず、下痢になったり便秘が悪化したりします。
乳製品で下痢になる人は、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素ラクターゼの活性が低い、もしくは欠損している場合があるからで、日本人の多くの人が持つ症状です。

ダイエットに適した乳酸菌

乳酸菌 効果
1073R-1 免疫力を高める
ガセリ菌SP株 脂肪の吸収を抑え、内臓脂肪を減らす
LB81 健康な腸機能を維持
ビフィズス菌BB536 腸内の環境を良好にし、腸の調子を整える
乳酸菌は多くの種類がありますが、ダイエットに適した代表的な乳酸菌は整腸作用に優れています
乳酸菌は熱や酸、酵素に弱く、生きたまま腸に届くことができない場合もありますが、悪玉菌の増加を防ぎ、高生存の乳酸菌を取り入れた商品を選ぶことで高い効果を望むことができます。
どの乳酸菌を選ぶかで味の違いがあり効果も各々違うため、目的や好みに合った飲むヨーグルトを選択してください。

飲むヨーグルトのダイエットの口コミ・成功談

 (252609)

飲むヨーグルトのダイエットを実際におこなった人たちの口コミや成功談を知ることで、自分が実施するときの参考にすることができます。
事前に口コミを知ることで、自分に合った飲むヨーグルトや短期で成功する手法や教訓を得られることもあり、意見を学ぶことで有効に活用しましょう。
実際に飲むヨーグルトダイエットをやった人のアドバイスをもとに、成功の糸口をつかめる場合もあります。

口コミ

【感想系】
・ダイエットの成功の前にお通じがよくなったことがうれしい
・甘みを足すと満足

【アドバイス系】
・栄養と糖分補給に使用。お腹には全くたまらないためゆっくり食べる
・ホットヨーグルトを摂取。お腹の調子や肌の調子が良くなったが体重はそあまり変化なし。体の調子が良くなり汗をかきやすくなり体質改善になった
・おいしくないときははちみつを取り入れて飽きない工夫を

成功談

【成功談】
・ホットヨーグルトで便通がよくなり少し瘦せてきた
・夕飯を食べる30分ほど前に摂取して1か月で減量成功
・便通がよくなり痩せてきた
・飲むだけの手軽さで継続でき、少しづつ体重が減ってきた
・味に飽きたら砂糖やフルーツの追加、ラッシーにしてバリエーションを増やして継続できた

飲むヨーグルトは簡単に取り入れやすいところもダイエット成功の要因と言えます。

飲むヨーグルトダイエットにおすすめな商品3つ

飲むヨーグルトダイエットをするときにおすすめな市販の商品3種類です。おすすめの3種類の飲むヨーグルトは、多くのコンビニやスーパーで販売し手軽に手に入れやすく、効果が高いと評判で人気の商品です。
1本飲めば適量が摂取でき、モーニングやディナーに商品を添えるだけで簡単に取り入れることができます。

明治:明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプ

 (252610)

乳酸菌 1073R-1
内容量 112ml
エネルギー 76kcal(112mlあたり)
特徴 免疫力を高める・腸内環境改善
明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプは「強さ引き出す乳酸菌」でおなじみの商品で、ナチュラルキラー細胞を活性化させ免疫力を高める効果があります。
すっきりとした後味で、幅広い年代の方から支持を得ている商品です。

雪印メグミルク:恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ

 (252611)

乳酸菌 ガセリ菌SP株
内容量 100g
エネルギー 36kcal(100gあたり)
特徴 内臓脂肪を減らす・機能性表示食品
雪印メグミルクの恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプは内臓脂肪を減らす効果がある、ダイエットにうってつけの商品です。食品の安全と機能の科学的根拠を、販売する企業で確認された「機能性表示食品」であることも人気の要因のひとつです。すっきり飲みやすい仕立てで、効果を感じた感想も多く見かけます。

明治:明治ブルガリアのむヨーグルト LB81プレーン

 (252612)

乳酸菌 LB81
内容量 200g
エネルギー 68kcal(100mlあたり)
特徴 特定保健用食品・整腸作用
明治ブルガリアのむヨーグルトLB81プレーンは、おなかの調子を良好に保つことができることが特徴の老若男女に支持される定番のヨーグルトです。
健康に役立つ成分や効果を科学的に証明して、健康にどう役立つのかが認められた食品を表す「特定保健用食品」に承認されていることが効果を裏付けていて、信頼性がある商品です。

飲むヨーグルトはダイエットの味方

 (252613)

飲むヨーグルトダイエットは、乳酸菌を取り入れ健康的な体にしつつ美容効果も得られるダイエット法です。ダイエットを簡単に始められ、続けることも容易で手軽で身近なところが最大の魅力で、始めるハードルが低く誰でもやりやすいところがポイントです。ダイエットの強い味方である飲むヨーグルトを1か月摂取し、健康と美容効果を得ながら5㎏の減量を目指しましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。