2020年11月30日 更新

発酵食品ダイエットとは?効果的に痩せるやり方とダイエットレシピを解説

発酵食品ダイエットでは、発酵食品に含まれる微生物を利用してダイエットすることができます。発酵食品ダイエットは、毎日の食事に発酵された商品を組み合わせるだけです。効果的に痩せるやり方には、オリゴ糖、食物繊維を発酵製品と一緒に摂取したり、夜に多めに摂取する方法があります。発酵食品のダイエットレシピでは、多くの微生物を摂取できるチーズの味噌漬けがおすすめです。

210 view お気に入り 0

発酵食品ダイエットとは?

 (198667)

発酵食品ダイエットとは、製品を作る過程で使われる3種類の微生物を利用して痩せる方法のことです。

・カビ
・酵母
・細菌


毎日1食に最低1品の発酵商品を取り入れると、個人差はありますが、2週間で腸が活発化し、3kgの減量が実現します。発酵食品ダイエットは、痩せる効果だけでなく、美肌や整腸を含む私たちの体に嬉しい変化をもたらしてくれます。

発酵食品の効果・効能

 (198668)

ビタミンやカリウムを多く含む発酵された商品には、整腸効果や代謝アップ効果があり、腸のバランスと体の巡りが整うと、代謝が上がって効率的に痩せることができるようになります。

効能(栄養)

商品名 栄養素/100g中 含有量 カロリー
納豆 タンパク質 16.5g 200kcal
ビタミンK 600μg
ビタミンB2 0.56mg
ナットウキナーゼ
プレーンヨーグルト カルシウム 120mg 61kcal
ビタミンB2 0.14mg
穀物酢 ビタミンB12 0.13μg 25kcal
キムチ カリウム 340mg 46kcal
ナトリウム 870mg
ビタミンK 63μg
味噌 ナトリウム 2160mg 216kcal
モリブデン 29.7μg
・ビタミンB2
髪、皮膚の健康維持・脂質、糖質の代謝促進

・ビタミンB12
貧血予防

・カルシウム
骨や歯の健康維持・ストレス緩和

・カリウム
むくみの改善

・ナトリウム
細胞機能の健康維持

・モリブデン
糖質、脂質の代謝促進

・ナットウキナーゼ
血液をサラサラにする

・クエン酸
代謝促進・疲労回復

効果

 (198331)

効果 効果を促進する微生物・栄養素
脂肪燃焼効果 乳酸菌,大豆サポニン,ナットウキナーゼ
整腸効果 乳酸菌
免疫力アップ 乳酸菌,麹菌
美容効果 乳酸菌,大豆サポニン,レシチン,ナットウキナーゼ,酢酸菌
発酵食品の効果は、食材の微生物の種類で変化します。乳酸菌には、腸内の善玉菌の増加させる働きがあり、便秘解消効果や脂肪を燃焼に効果的です。

5つの栄養素は、体の老廃物を排出して代謝を改善することで美しい肌に導いてくれます。

・乳酸菌
・大豆サポニン
・レシチン
・ナットウキナーゼ
・酢酸菌

酢酸菌から作られる製品は、抗酸化作用が強く、ハリのある肌を保つことに有効です。

発酵食品の種類

 (198669)

そのまま食べられる発酵食品の種類 発酵に用いる微生物
チーズ カビ
ヨーグルト 乳酸菌
納豆 納豆菌
アンチョビ
生ハム
ナタデココ 酢酸菌
鰹節 カビ
甘酒 米麹
発酵食品の種類は、4種類あります。

・そのまま食べられる食品
・調味料
・漬物
・お酒

そのまま食べられる発酵食品は、大きく分けると8種類です。8種類の発酵食品は、発酵に使用される微生物が異なります。

調味料

 (196971)

普段の食事で使用する人が多い味噌や醤油をはじめとする調味料は、麹菌や酵母菌を使用した発酵商品です。特に味噌は、発酵食品に使われる微生物3種類が全て使用されている優秀製品です。

・カビ
・酵母
・細菌


発酵食品に該当する調味料は、4種類あります。

・味噌
・醤油
・酢
・ナンプラー

漬物

 (198670)

漬物は、乳酸菌や酵母を利用して作られています。漬物には塩分が多く含まれているため味の濃い商品が多く、塩漬けの梅干し1粒には4.4g、キムチには100gで2.2gの塩分が含まれています。1日の塩分の摂取量は、7〜8gが目安なため、漬物の食べすぎによる塩分の過剰摂取には注意が必要です。

【発酵食品の漬物】
・キムチ
・梅干し
・ピクルス
・ぬか漬け
・メンマ

お酒

 (196968)

104 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 140 view
コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 100 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 327 view
ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。
yunn0923 | 281 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act