2020年10月31日 更新

チンゲン菜はダイエットにおすすめ!チンゲン菜の効果・おすすめレシピを解説

チンゲン菜は他の野菜よりも非常にカロリーが低く、ダイエットにおすすめの食材です。さらにチンゲン菜はダイエットだけでなく、美肌効果や便秘解消効果、むくみ解消効果などの効果が期待できる万能食材の一つ。積極的に摂取し、効率よくダイエットを行いましょう。

328 view お気に入り 0

チンゲン菜はダイエットに向いている?

 (190571)

チンゲン菜は非常にダイエットに効果的で、ダイエットをしたい人におすすめしたい食材のひとつ。チンゲン菜は栄養価も高く油と相性もよいことから、ダイエットに役立つ野菜です。ダイエットにはもちろん、抗酸化作用による美肌効果や疲労回復効果と多方面で活躍する万能野菜と言えます。

チンゲン菜の栄養・効果

 (190572)

漢字表記 青梗菜
和名 体菜
旬なシーズン
チンゲン菜はアクがなく、ほうれん草のように茹でる必要もなく使いやすくて便利な野菜です。チンゲン菜は炒め物はもちろん、スムージーにしてもおいしく摂取できます。さらにチンゲン菜は低糖質でダイエット効果も高く、効率よく痩せることができます。カロリーも低いため、普段多くのカロリーを摂取している人が積極的に取り入れることで、摂取カロリーをセーブできます。

栄養・カロリー

栄養成分 含有量(100g当たり)
カロリー 9kcal
ビタミンE 0,7mg
ビタミンC 24mg
βカロテン 2000μg
カルシウム 100mg
カリウム 260mg
鉄分 1.1mg
食物繊維 1.2g
・ビタミンE
老化防止や活性酸素の除去に役立つ

・カリウム
むくみ解消や防止に役立つ

・食物繊維
腸内環境を改善し、便秘を解消する栄養素

・βカロテン
抗酸化作用で、体内での活性酸素の発生を抑える働きをする栄養素

・カロリー
チンゲン菜のカロリーは、100gあたり9kcalです。3種類の野菜のカロリーと比べても低くなっています。

・白菜 14kcal
・ほうれん草 20kcal
・もやし 14kcal

効果

チンゲン菜の効果効能は全部で4つです。

・美肌効果
ビタミンCの効果で、シミやシワ、肌荒れの改善。コラーゲンの生成に役立つ栄養素で、肌のハリに効果が期待できる。

・むくみ改善効果
カリウムの効果で、手足や顔のツライむくみが解消する効果。

・老化防止効果
ビタミンEとβカロテンの効果で、活性酸素が除去され老化防止。油とあわさることで吸収率が高まる。

・便秘解消効果
食物繊維の効果で、腸内環境が整い便秘解消の効果。

チンゲン菜を使ったダイエット方法

 (182362)

チンゲン菜を使ったダイエット法は非常に簡単で、低カロリーで低糖質なチンゲン菜を普段の食事に取り入れるだけ。油との相性がよいチンゲン菜ですが、炒め物だけでなく和え物やナムルで副菜で取り入れると、カロリーを抑えダイエット効果を高めてくれる効果が期待できます。チンゲン菜はごま油と相性がいいため、調理するときに積極的に使いましょう。

ダイエットのやり方

チンゲン菜ダイエットのやり方は、普段の食事の野菜をチンゲン菜に置き換え、摂取カロリーを控えていきます。チンゲン菜は1株食べても8kcalにしかならないため、高カロリーな野菜と置き換えることで効果が現れます。ジャガイモやかぼちゃのような高カロリーな野菜を控え、チンゲン菜に置き換えてみましょう。チンゲン菜ダイエットをするときには、他の野菜で栄養補給も忘れずにしましょう。

効果的な食べ方

チンゲン菜の効果的な食べ方は、βカロテンが吸収しやすくなる油と一緒に食べる方法です。油で炒めるときにはサラダ油ではなく、オリーブオイルやごま油のようなトランス脂肪酸が含まれない油を使いましょう。例えばチンゲン菜をアミノ酸スコア100の卵と一緒に炒めると、栄養価を高めることも可能。チンゲン菜を茹でて油で和える調理方法は、摂取カロリーを抑えると同時に栄養の吸収率をアップします。

一食置き換えのやり方

チンゲン菜は炒め物や茹でるだけでなく、スムージーにして摂取ができる点も嬉しいポイントです。アクがなくクセがないチンゲン菜は、茹でずに生でスムージーにしましょう。あわせる果物はパイナップルやりんごと相性が抜群です。スムージーにして朝ご飯に飲むと、便秘解消の効果も期待できます。一食置き換えるだけで大幅なカロリーダウンが見込め、ダイエット効果も抜群です。

チンゲン菜を使ったダイエット成功レシピ

 (190569)

チンゲン菜は、油と一緒に食べる調理方法がおすすめです。炒め物以外では、生のまま切って油と和えることでサラダや副菜にするのも低カロリーでおすすめです。チンゲン菜は調理に使いやすく、カロリーも低いため毎日アレンジして食卓に取り入れましょう。しかしダイエット中は揚げ物のような油を多く使う調理法は、カロリーオーバーの原因に。ダイエット中は、多くの油を使う調理法は避けましょう。

チンゲン菜のダイエットナムル

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 175 view
コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 135 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 351 view
ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。
yunn0923 | 291 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous