2020年12月16日 更新

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。

1,490 view お気に入り 1

さつまいもダイエットとは?

 (202715)

さつまいもダイエットとは、主食のご飯やパンをさつまいもに置き換えて、カロリーを減らして痩せるダイエット方法のことです。腹持ちがよく栄養豊富なのにご飯やパンと比べて低カロリーなさつまいもでダイエットすると、2週間で1kgの減量効果が期待できます。

さつまいもは食感や色で大きく3種類に分けられますが、ダイエットにさつまいもを食べるときには、新鮮で重みがあるものを選ぶようにしましょう。

さつまいもダイエットのやり方

さつまいもダイエットのやり方は、毎日の食事で主食に食べるご飯やパンをさつまいもに置き換えるだけと簡単です。食物繊維が豊富で腹持ちがよいさつまいもを1日1回主食の代わりに150g食べる生活を続けると、お通じがよくなりお米やパンの食生活に比べ2週間で1kg程度の減量ができます。

さつまいもダイエットでは、ごぼうや人参をあわせて食べると、ビタミンや食物繊維の効果でガン予防や美肌効果を得ることができます。
 (202713)

さつまいもでダイエットができる理由

さつまいもでダイエットができる理由は3つあります。

・白米やパンに比べ低カロリー
・腹持ちがよい
・血糖値の上がり方がゆるやか


栄養豊富でお腹がすきにくいさつまいもは、主食のお米やパンと置き換えて同じ量を食べても摂取カロリーが低く、血糖値の上がりやすさを表すGI値も低いため、食べても太りにくいです。

さつまいもの種類

特徴 代表的な品種
ほくほく系 紅あずま,紅さつま,高系14号
ねっとり系 紅はるか,シルクスイート
中が色味がある 安納いも
さつまいもの種類は多く、細かく分類すると30種類以上ありますが、ダイエットに適して手に入りやすいさつまいもは3つのタイプです。

・ほくほく系
水分が少ない
舌触りがさらっとしていて上品な甘味がある

・ねっとり系
は水分が多く、柔らかくクリーミーな舌触り
濃厚な甘味

・中に色がある
オレンジ色や紫色がついている

さつまいもの選び方

 (202714)

美味しいさつまいもの選びたいきには、手にとって重みを感じるようにしましょう。4つの特徴が見られるさつまいもは、中身がスカスカだったり、水分が抜けている可能性があるのため避けることをおすすめします。

・表面が黒ずんでいる
・芽が出ている
・ヒゲ根が多い
・重みがない

さつまいもの効能・効果

 (202716)

低カロリーで豊富なでんぷんや各種ビタミンが含まれているさつまいもには、ご飯やパンと置き換える食習慣で減量と生活習慣病を予防する効果や効能があります。

さつまいもダイエットは、ご飯やパンと比べてカロリーが低く腹持ちがよく、食べ過ぎを防ぎながら痩せる習慣を身につけることができます。血糖値の上昇の仕方を表すGI値が少ないさつまいもは、肥満になりにくい優良な炭水化物食材です。

さつまいもの栄養(100g中)

カロリー 134kcal ビタミンC 29㎎
炭水化物(デンプン) 30.9g ビタミンE 1.5㎎
炭水化物(食物繊維) 2.2g ナトリウム 11㎎
脂肪 0.2g カリウム 480㎎
タンパク質 1.2g カルシウム 36㎎
ビタミンB 2.11㎎ マグネシウム 24㎎
さつまいもの栄養素の主成分は良質な炭水化物のデンプンです。デンプンは、加熱すると糖分に変わり甘みが増します。さつまいもは、ビタミンB群やビタミンCが豊富で、オレンジ色の品種にはカロテンも多く含まれています。

さつまいもを切ったときに出てくる、白いトロッとした液体のヤラピンは、腸の蠕動運動を促進し食物繊維と一緒にお腹の中をきれいにする効能がある樹脂の1種です。

さつまいものカロリー

品目(150g) カロリー
さつまいも 190kcal
ご飯 250kcal
さつまいものカロリーは150gで約190kcalと低カロリーです。さつまいもと茶碗1杯分のご飯150g250kcalと置き換えると、1食分で60kcalを減らすことができます。栄養価が高く、ご飯の代わりとなるくらい満足感が得られるさつまいもは、空腹を感じることなく減量することができるため、ダイエットに最適です。

さつまいもでダイエットをすると、摂取カロリーの減少と便秘解消効果で2週間で1kg程度痩せることが期待できます。

さつまいものGI値

食材 GI値
さつまいも 55
白米 81
食パン 91
96 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは、腸内環境を整える乳酸菌を夜のゴールデンタイムに毎日100g摂取して痩せるやり方です。飲むヨーグルトをホットヨーグルトにし乳酸菌の効果を高め、脂肪の蓄積を抑えて健康な体作りと美容に役立ちます。ヨーグルトを飲むだけの手軽さで1か月で5㎏のダイエットが期待できます。
カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットは、1日の摂取カロリーを消費カロリーより減らして痩せるダイエット方法です。適正なカロリーコントロールをすることで、健康的に痩せる効果があります。ダイエット中の摂取カロリーを決める方法や糖質制限との違いを知って、正しいやり方で痩せましょう。
玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットとは、玉ねぎスープを毎日飲むことで、体質を改善していきダイエットにつなげる方法​です。玉ねぎには血流を良くし、痩せやすい体質に変える効果があります。短期間で痩せるためには3日間玉ねぎスープだけを飲む方法がありますが、毎食の最初に玉ねぎスープを飲むだけの簡単な方法でもダイエット効果があります。玉ねぎスープダイエットでは、1週間に2キロ痩せることが期待できます。
ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイは低カロリーかつ糖質ゼロでダイエットにおすすめな食材です。ザーサイには便秘やむくみを改善する効果があり、ダイエットに嬉しい栄養素が詰まっています。ザーサイは調理の手間もかからず、トッピングするだけでレシピの幅を広げます。ザーサイを上手に活用して理想の体を目指しましょう。
Act |
サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキは、美容や健康によいと評価されている食用サボテンを用いたメキシコ料理です。かすかな苦みや酸味をもつサボテンステーキは、まずいと言われる場合もありますが、自宅でも簡単に調理やアレンジが可能であり、好みの食べ方を見つけやすい点も魅力です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous