2020年10月18日 更新

ソイプロテインダイエットとは?効果的に痩せるやり方を解説!

ソイプロテインダイエットとは、大豆から作られたプロテインを飲んで、筋肉を落とさずに健康的に痩せる減量方法です。ソイプロテインは、減量中に不足しがちなタンパク質と栄養素を補うことで代謝を上げてダイエットの効果を高め、大豆に含まれる有効成分が肌や体の調子を整えます。効果的に痩せるためには、食事と置き換えたり有酸素運動と併用するのがおすすめです。

443 view お気に入り 0

ソイプロテインダイエットとは?

Login 窶「 Instagram (185726)

ソイプロテインダイエットとは、減量中に食事と置き換えたり、運動とあわせて大豆成分配合のプロテインを飲み、筋肉を維持しながら痩せる減量方法です。

プロテインには3種類のタイプがありますが、動物性タンパク質由来のホエイプロテインやカゼインプロテインとは違い、ソイプロテインは植物性のタンパク質で作られているといった特徴があります。ソイプロテインの特徴を知ることで、効率的にダイエットを進められるようになります。

ソイプロテインの種類

ソイプロテインの種類は、含まれる成分の違いで得られる効果ごとに2つのタイプに分けられます。


・美容効果タイプ:ビタミン、コラーゲン配合
・ボディメイク効果タイプ:L-カルニチン、αリポ酸配合、ガルニシア


美容効果の高いタイプのソイプロテインには、女性のお肌を美しくするビタミンやコラーゲンの成分が多く含まれています。ボディメイク効果の高いタイプの商品は、L-カルニチンやαリポ酸、ガルニシアが含有されているため、脂肪燃焼効果が期待できます。

ソイとホエイプロテインの違い

 (186751)

プロテインの種類 ソイ ホエイ
原材料 大豆 牛乳
脂質 低い 高い
吸収時間 早い 遅い
タンパク質の種類 植物性 動物性
価格 安い 高い
ソイプロテインの原材料は、植物性のタンパク質が含まれる大豆ですが、ホエイププロテインは動物性タンパク質を含む牛乳から作られています。ホエイプロテインの持続時間は1~2時間ですが、ゆっくり吸収されて効き目が持続するソイプロテインは5~6時間効くといった特徴があります。

ソイとカゼインプロテインの違い

 (186752)

プロテインの種類 ソイ ガゼイン
原材料 大豆 牛乳
脂質 低い 低い
タンパク質の種類と量 植物性 動物性
吸収時間 遅い 遅い
価格 安い やや高い
ガゼインは、ホエイプロテインと同じく動物性タンパク質から作られ、原材料が植物性タンパク質のソイプロテインと異なっています。ガゼインプロテインは、1kgあたり4,000円程の商品が多いですが、ソイプロテインは、半額の2,000円程で購入できコスパに優れているメリットがあります。
ソイプロテインとガゼインプロテインは、吸収速度が5~6時間程度とゆっくりで効き目が長く持続するため、ダイエット中の有酸素運動や筋トレの長時間のトレーニングに最適です。

ソイプロテインの成分

Login 窶「 Instagram (185739)

ソイプロテインの成分は、4種類の栄養素で構成されています。

・大豆たんぱく質
・大豆イソフラボン
・アミノ酸
・食物繊維


4つの成分には、ダイエットをサポートし減量効果を高める役割があります。

大豆タンパク質

 (186753)

大豆タンパク質は、大豆に含まれるタンパク質を取りだして粉末状にしたものです。大豆タンパク質には、内臓脂肪を減らす効果があります。大豆タンパク質の特徴は、ゆるやかに体に吸収され、腹持ちがよくダイエットに最適です。

大豆イソフラボン

Login 窶「 Instagram (185727)

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に多く含まれる成分で、抗酸化作用があります。大豆には、細胞にダメージを与える活性酸素の動きを抑え、悪玉コレステロールを排除して血中コレステロール値を下げる働きがあります。

脳細胞の働きを活性化してやる気を高めるエストロゲンに似た構造をしているため、3つの効果が期待できます。

・ダイエット効果
・体の内側を健康な状態に保つ
・ダイエット中のモチベーションの維持

アミノ酸

 (186754)

99 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 175 view
コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 136 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 354 view
ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。
yunn0923 | 294 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

田崎瑞子 田崎瑞子