2020年1月1日 更新

ドッジボールの審判になるにはどうしたらいいの?資格や給与などの情報まとめ

ドッジボールの審判は、ルールをしっかり覚えることでなることができます。公式試合の審判になるためにはJDBA公認審判員という資格を所有していなければなりません。正式な審判を目指す方にむけてJDBA公認審判員の資格取得方法や、給与について解説します。

2,656 view お気に入り 0
ドッジボールのB級審判員 (98988)

ワッペン 赤色
審判手帳 赤色
可能業務 ブロック大会までの大会の審判
応募資格
C級の資格取得後1年以上で、所属都道府県協会競技委員長が推薦する人

ドッジボールのC級審判員

ドッジボールのC級審判員 (98993)

ワッペン 青色
審判手帳 青色
可能業務 都道府県大会までの大会の審判
応募資格
18才以上の人であれば誰でも可能

審判の資格を取得したら知っておくべきこと

青山やまと on Instagram: “#霞ヶ浦 #カップ #小学生 #ドッジボール #ドッジボール大会 #ドッジボール協会 #土浦 #つくば #石岡 #岩瀬 #牛久 #茨城町 #茨城6区” (98954)

JDBA公認審判員に認定されたら知っておくべきことは、審判の業務内容審判資格の更新期間になり、審判の業務は、試合中に判定を行うだけではありません。

また、審判員に認定後は、審判資格の更新を忘れずに行う必要があります。

この2つ以外に、審判員の給与やJDBA公認指導者資格との違いについても知っておきましょう。

審判の業務内容

さくら自動車 Kazuya  Hori on Instagram: “息子のドッジボール大会を見に行きました。見事全敗。。。ちゃんとまとまってるチームは強いですね◎#ドッジボール #ドッジボール大会 #大会 #試合 #ドッジ #スポーツ #子ども #子供 #息子 #家族 #child #family #全敗 #小学生” (98947)

ドッジボールの試合をスムーズに行うために、しっかりとアウトやファールなどを見極めて判定することが審判の主な活動です。

このほか、試合開始時刻に選手を集めることや、ジャンプボールを投げるといったことも審判が行います。選手が気持ち良く試合ができるようにサポートしましょう。

審判資格更新について

あんぱか あるかも うめ子 on Instagram: “#アダストリアみとアリーナ#ドッジボール#北関東大会#ガールズも強し” (98959)

公認審判員になったら、毎年度の4月1日〜5月31日までに更新手続きをしなければなりません。更新手続きは、指定された方法で入金をすれば完了です。

審判更新を忘れてしまうと、取得した資格を失う恐れがあります。入金は先延ばしにせず、早めに手続きを行うようにしましょう。
更新料と年間登録料
JDBA公認審判員には、更新料のほかに年間登録料というものがあります。
更新料は級に関係なく2,000円で、年間登録料は級ごとに違い、A級は7,000円でB級は5,000円、そしてC級は3,000円というような金額になります。

審判の給与

🐳sachiko🐳 on Instagram: “.今日は#カイリン杯 次男くんの代になりました。見に行けなかった。.#もっと練習してください #ドッジボール #ドッジボール大会” (98951)

審判員は、ボランティアで行っている人が多いのが現状です。そのため、審判給料はほぼ無いと思っておきましょう。

しかし、給料は無いものの、大会によっては昼食を用意してくれる場合があります。

公認指導者資格との違い

aska ogawa on Instagram: “ベスト8..#ドッジボール#ドッジボールカメラ部” (98958)

ドッジボールには、JDBA公認審判員資格のほかにJDBA公認指導者資格という資格があります。この2つの資格の違いは、資格の持つ役割です。

・JDBA公認審判員
公式試合で審判を行うためのもので、JDBA公認指導者資格は指導者の能力をより向上させるためのものです。

・JDBA公認指導者
D-1、D-1Gのチームのベンチ入りしているチーム役員の全員の取得が必須となっています。

役割が全く異なるJDBA公認審判員の資格ではJDBA公認指導者資格の代わりにはならないため、D-1、D-1Gのチーム役員になる場合は別に取得する必要があります。
チーム役員とは?
チーム役員とは、所属チームの監督・コーチ・マネージャーのことを指しています。

ドッジボールの審判の魅力とは?

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールの審判の役割とジェスチャーやハンドシグナルとは?

バレーボールの審判の役割とジェスチャーやハンドシグナルとは?

バレーボールでは、主審・副審・記録員・線審が試合の進行と判定を行います。公式の試合の審判は公認の審判員が行う決まりになっていますが、地域のバレーボール大会などでは選手が順番に担わなければならない場合もあります。ここでは、審判の基本と、代表的なジェスチャー・ハンドシグナルについて解説していきます。
アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは、サッカーでファウルを受けた場合に、ファウルを受けた側が有利な状況で試合が続いている場合に、そのまま試合を続けることです。アドンバテージとしてファイルを取ってフリーキックを行うよりも試合を続けた方が有利と審判が判断した時に適用されます。
サッカーの審判の笛の吹き方とは?ホイッスルの合図を学ぼう

サッカーの審判の笛の吹き方とは?ホイッスルの合図を学ぼう

サッカーの試合を観戦していて、審判がどのような場面でどのような笛の吹き方をするのか?と疑問に思った方も多いかと思います。今回はサッカーの審判の笛の吹き方を紹介し、ホイッスルの合図を学んでサッカー観戦をさらに楽しいものにできるように解説していきます。
サッカーのレフリー用具のおすすめ人気10選!必須グッズとは?

サッカーのレフリー用具のおすすめ人気10選!必須グッズとは?

お父さんコーチがこどものサッカーの試合でレフリーをつとめるため、JFA公認審判資格るケースがありますが、資格取得後に何を揃えたらよいかわからないという方のために、ここではサッカーのレフリー必須グッズを紹介し、おすすめ用具をランキング形式で紹介していきます。
サッカーの審判服のおすすめ人気商品をご紹介!選び方のポイントとは?

サッカーの審判服のおすすめ人気商品をご紹介!選び方のポイントとは?

サッカーの審判服を選ぶ際は値段、機能性、デザイン性の3つのポイントを踏まえ選ぶことが大切です。サッカーの審判のユニフォームとも言える審判服は価格別に、シューズは機能と王道商品、ピステは機能面を中心におすすめの人気商品を紹介しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

トラマル トラマル