2020年1月3日 更新

ドッジボールのプロとは?日本代表はどうやって決まるの?

公式ドッジボールのプロはいるのでしょうか?公式ドッジボールのプロ同等の日本代表選手の決め方や活動内容を説明します。さらに実際に自分や子供がドッジボールの日本代表を目指すための方法を世代別に分けて解説します。

8,704 view お気に入り 0
このような段階を経て日本代表候補選手になりますが、日本代表候補選手になっても日本代表選手になれるとは限りません。

日本代表候補選手が決まったあとに選考合宿を行い、この選考合宿で正式に日本代表選手が決定します。日本代表選手に選ばれて初めて世界で行われる大会に出場することができます。

ドッジボールの日本代表選手を目指す方法

小学生以下の場合

出場可能な大会 カテゴリー
全国大会 D-1
D-1G(女子専用)
県内の交流大会 D-2
幼児・低学年 D-3
小学生以下の場合は、D-1かD-1Gのチームに所属して全国大会などの出場経験を増やしましょう。

小学生のドッジボールチームはいくつかのカテゴリーに分かれています。
全国大会に出場可能なD-1、D-1G(女子専用チーム)や県内の交流大会に出場可能なD-2、幼児や低学年向けのD-3があります。

日本代表に選ばれているほとんどは小学生の時からD-1やD-G1に所属していた選手ばかりとなっています。小学生のうちから向上心の高い仲間とともに練習をし、着実に実力をつけていけば十分に日本代表を目指すことが可能です。
青山やまと on Instagram: “小学生ドッジボール大会の始球式の一コマ😊  #ドッジボール #ドッジボール大会 #霞ヶ浦カップ #ドッジボールチーム #水郷体育館 #始球式  #青山やまと #青山大人 #選挙区 #茨城6区 #土浦 #土浦市 #つくば #つくば市 #石岡 #石岡市 #かすみがうら…” (98812)

中学生以上の場合

中学生以上からドッジボールを習い始めて日本代表を目指す人は、現在ではほとんどいません。

日本代表選手は小学生の頃から全国大会などを経験している選手が多く、中学生以上から新たに始めても追いつけないのが理由だと考えられます。しかし中高生のチームは個人登録であるため、何歳からでも新たに始めることは可能です。

小学生の時からドッジボールを習っている人と比べるとハンデはあるものの、何かを始めるのに遅すぎるということはありません。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

sssa16183 sssa16183