Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ドッジボール
  4. >
  5. ドッジボールの変化球!投...
ドッジボールの変化球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールの変化球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールで変化球の投げ方を覚えましょう。ドッジボールは速い球を投げるだけでなく、変化球が投げられる事で勝率が大きくアップします。ドッジボールの変化球の投げ方と投げ方のコツをまとめていきます。ライバルに差を付けましょう。

2021.12.16 ドッジボール

ドッジボールの変化球について

 (18800)

ドッジボールの変化球の種類は正式に決まっておりませんが、基本的にはボールへ意図的な回転をかける投げ方をし、ボールの軌道が変化するものをドッジボールの変化球としています。中にはドッジボールの公式試合でも使われる、実践でも有効な変化球があります。全ての変化球を覚えるより、自分に合った投げ方、変化球を限定して練習した方が、実践でも使いやすいでしょう。

一般的にドッジボールの変化球は速いボールが非常に投げにくいと言われており、変化球よりもボールのスピードとコントロールが重視されます。ドッジボールの初心者は無理に変化球を覚えるより、速く、コントロールの良いボールを投げる事を優先して練習しましょう。ドッジボールの変化球は初心者より中級・上級者向けといえますね。

ドッジボールの変化球の5つの種類

変化球①カーブ

カーブは右利きの場合、反時計回りの回転を与える変化球です。ボールが自分から見て左側に、相手から見ると右側に変化します。左利きの場合は時計回りに回転をかけます。

変化球②シュート

シュートは右利きの場合、時計回りの回転を与える変化球です。ボールが自分から見て右側に、相手から見ると左側に変化します。左利きの場合は反時計回りに回転をかけます。

変化球③ドロップ

ドロップは縦回転の変化球で、サッカーでいうドライブシュートにあたります。ボールに自分から見て奥側に回転をかける事で、相手の手元で落ちるボールとなります。

変化球④アップ

アップはドロップとは逆の縦回転の変化球です。相手の手元で浮き上がるようなボールとなります。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

変化球⑤無回転ボール

無回転ボールは野球でいうナックルボール、サッカーでいう無回転シュートにあたる変化球です。

ボールに回転をかけない投げ方なので、ボールは重力や風という外的要因の影響を受けます。屋内ならば落ちるボール、屋外ならば風の影響で不規則な変化が期待できます。

ドッジボールの変化球を投げる時の注意点とは?

ドッジボールで速いボールを投げる場合、腕はもちろん、ステップを踏むなど、全身を使う投球フォームが基本です。対して、ドッジボールで変化球を投げる場合には全身を使うフォームに加えて、肩や手首など、腕全体を利用してボールに回転をかける事が必要となります。ドッジボール初心者には非常に難しい投げ方です。コツを掴むのも相当の練習が必要になります。

初心者や成長期にある小学生が、無理をしてドッジボールの変化球を投げる練習をすると怪我の原因になるので注意が必要です。特に、カーブなどの強い回転をかける変化球は肩や手首など、腕全体に大きな負担がかかるため、初心者に限らず、変化球の投げ方の過度な練習は避けましょう。

ドッジボールの変化球の投げ方!

ドッジボールの変化球の投げ方とコツをまとめていきましょう。

一番のコツはフォームを崩さないこと!

ドッジボールの全ての変化球を投げる時に共通していえる事ですが、ドッジボールの投球フォームが崩れやすいという問題があります。ドッジボールの変化球を投げる事に固執せずに、投球フォームを常に意識する事が重要であり、上手に変化球を投げるコツにもなります。特に腕全体の使い方は変化球を投げる上でコツになりますので、しっかりフォームチェックの練習をしましょう。

また、ドッジボールの変化球によっては、オーバースローなど、投げ方の種類によって投げやすさが変わります。投げやすいという事はコツを掴むのも早いという事。自分の投げ方がどの変化球に向いているのかをチェックしましょう。投げ方によっては初心者でもフォームを崩す事なく、簡単に変化球が投げられるかもしれませんよ。

①カーブの投げ方

ドッジボールの変化球の一つであるカーブの投げ方は右投げの場合、ボールに反時計回りの回転を与えます。ボールをリリースする時、右から左に向けて腕を巻き込むようなフォームで投げましょう。すると、ボールに反時計回りの横回転が加わります。これが、ドッジボールのカーブの投げ方です。

左利きの場合は逆に左から右に向けて、時計回りの回転を加えましょう。こちらは腕を巻き込むのではなく、ボールを親指以外の指で手前側ひっかくようなフォームを意識した投げ方となります。

ボールに横回転が加わるといいましたが、ボールが真横に回転するのではなく、斜め横に回転しているボールが正しいイメージとなります。変化球の初心者はボールの状態に注意して練習しましょう。

カーブを投げるコツ

 (18801)

ドッジボールでカーブを投げるコツは腕全体をしっかり使う事です。手首や指を使うのはもちろんの事、回転をかけたい方向に肩までしっかり回すフォームが、より変化の大きいカーブを投げるコツです。腕全体をしっかり使えているか、鏡の前でのフォームチェックを練習メニューに加えましょう。

また、ドッジボールのカーブはボールに反時計回りの回転を与えるという性質上、右利きのサイドスローの投げ方と非常に相性が良い変化球です。オーバースローに比べ、意識して回転をかけなくとも、リリースの瞬間に指をボールにしっかりかけるようにすると、カーブの変化がつきやすくなります。フォームを崩すことなくカーブのコツも早く掴めるでしょう。

逆に左利きのサイドスローの投げ方ではボールの表面を掌と指を使って撫でるように投げなければなりません。オーバースローに比べてもコントロールがつきにくく、非常に難易度があがりますので、左利きのサイドスローには不向きな変化球といえます。投球フォームも崩れやすくなるので、注意が必要です。

②シュートの投げ方

ドッジボールの変化球の一つであるシュートの投げ方はカーブと逆の時計回りの回転をかけます。右利きの場合にはボールをリリースする時に指で手前側に向けてひっかくようなフォームで投げましょう。投げた後に手首が下向きになると思います。これがドッジボールのシュートの投げ方です。

左利きの場合には右利きのカーブの投げ方と同じです。ボールをリリースする瞬間、腕で巻き込むようなフォームでの投げ方になります。

カーブと同様に真横に回転がかかるよりは、斜め横に回転しているボールを目指して、初心者は特にボールの状態に注意して練習しましょう。カーブとの投げ分けができると効果的ですね。

シュートを投げるコツ

 (18802)

ドッジボールでシュートを投げるコツはカーブと同様に腕全体を使うフォームを意識しましょう。回転をかけたい方向に肩、腕、手首をしっかりと回し、確実に横回転を加えるフォームでの投げ方がコツとなります。

ドッジボールの投げ方による向き、不向きもカーブと同様です。時計回りの回転を与えるシュートは左利きのサイドスローとは非常に相性が良く、指をかける事を意識すれば自然とシュートの投げ方となり、初心者がコツを掴むのも早いでしょう。右利きのサイドスローに不向きなのも投げ方とコントロールに難があり、カーブと同様の理由です。

③ドロップの投げ方

ドッジボールの変化球の一つであるドロップの投げ方は自分から見て、ボールに奥方向の縦回転を与えます。オーバースローの投げ方の場合、ボールを上から下に、奥側へ向かって撫でるようなフォームで投げましょう。ドッジボールのカーブやシュートの変化球とは違い、横回転をイメージするのではなく、あくまで縦回転を意識した投げ方としましょう。投球フォームが崩れやすいので注意が必要です。

サイドスローの投げ方でもオーバースローと同様にボールを奥側に向かって上から下に撫でるようなフォームでの投げ方となります。コントロールが難しく、初心者にはカーブなどより覚えにくいかもしれません。

初心者は特にカーブやシュートよりボールの回転するイメージが掴み辛いかもしれません。ドロップの変化を実感するために両手投げなどで縦回転をかけて、変化を確かめる練習をするのもありです。

ドロップを投げるコツ

 (18803)

ドッジボールでドロップを投げるコツは投げる時に体を前に倒し過ぎないフォームを取りましょう。体を前に倒し過ぎるフォームですと、ボールから手や指が離れる事が遅れてしまい、狙っている縦回転がうまくかかりません。奥側の縦回転ではなく、真逆の手前側に向かった縦回転がかかってしまう可能性もあります。

元々身に付けていたドッジボールの投球フォームが崩れてしまう可能性があるので、フォームチェックの練習を優先して取り入れる事をおすすめします。

オーバースロー、サイドスローの投げ方に比べてアンダースローの場合、ボウリングの球を投げるイメージで、ボールにしっかりと指をかけて投げると簡単にドロップが投げられ、コツも掴みやすいでしょう。アンダースローは速いボールが投げにくい投げ方ですので、変化球重視で攻める場合には、ドロップが有効な武器になります。

④アップの投げ方

ドッジボールの変化球の一つであるアップの投げ方はドロップとは真逆の縦回転を与えます。オーバースローの投げ方ならば、リリースの瞬間にボールを指でひっかくように投げるフォームを意識しましょう。ボールが自分から見て、手前に向かってバック回転します。ソフトボールでいうライズボールのように相手の手元でわずかに浮き上がるはずです。回転量によっては浮き上がるまでいかなくとも、落ちにくいボールとなります。

サイドスローやアンダースローの投げ方であれば、ボールの下を撫でるイメージで親指をしっかりかける投げ方をすると、ボールにバック回転がかかります。親指のかかり方によってはボールのコントロールが難しい点に注意が必要ですね。

アップを投げるコツ

 (18804)

ドッジボールでアップを投げるコツはボールに指をかける事です。投げ方によって、親指か親指以外の指かの違いはありますが、リリースするまでしっかりと指をかけるフォームを意識しましょう。指のかかりが悪いと回転がかからないだけでなく、ボールが抜けてしまう可能性もあります。フォームチェックの練習に加えて、指のかかりを確かめる練習をしましょう。初心者は指だけを使ってキャッチボールの練習をすると、指のかかりが意識しやすいでしょう。

ボールにバック回転をかけるドッジボールのアップはオーバースローが最も投げやすい投げ方です。体全体を使い、腕をしっかり振る事で、より回転量が上がり、速く、変化の大きいアップが投げられます。オーバースローの投げ方が身に付いている方は、是非挑戦してみましょう。初心者でも指のかかりを意識するコツに気を付ければ、他の変化球に比べて簡単な練習で投げられるかもしれません。

⑤無回転ボールの投げ方

ドッジボールの変化球の一つである無回転ボールの投げ方はボールに指をかけずに、押し出すように投げます。ボールを掌で弾くイメージでも良いかもしれません。他の変化球と比べても特殊な投げ方となります。

野球ではナックルと言われる無回転ボールを投げる時は指で弾くように投げます。しかし、ドッジボールのボールは指で弾けるほど、小さくありません。ドッジボールでは指を使うのではなく、掌を利用した投げ方が必要になるのです。

ドッジボールではボールを投げるのではなく、利き手と逆の手でボールを持ち、それを利き手の掌底で真っ直ぐ殴ると比較的簡単に無回転ボールになります。ドッジボールの試合では使えないかもしれませんが、変化のイメージやボールの状態を見るための練習には使えるのではないでしょうか。

無回転ボールを投げるコツ

 (18805)

ドッジボールで無回転ボールを投げるコツは、ボールを押し出す・弾くイメージを持つ事に終始します。他の変化球と違い、ボールに回転をかけない変化球ですので、ボールの様子は非常に分かりやすいと思います。ボールの回転を確かめながら練習し、自分なりに最も投げやすい投げ方、コツを見付けて下さい。初心者でもボールのイメージは掴みやすいですが、初心者が投げるには非常にハードルの高い投げ方とも言えます。

また、腕の振りを意識し過ぎると、自然と指がかかってしまうので、腕を振り過ぎない投げ方もコツです。優しく投げるというイメージの投げ方ですね。速いボールを意識せず、遅くてもよいので、回転をかけないボールが投げられるように練習しましょう。初心者でも速いボールで練習するよりコツは掴みやすいと思います。

ドッジボールの無回転ボールは回転をかけない事に意識を向けなければなりませんので、ドッジボールの他の変化球と比べてもボールの速さは遅くなります。あまり実践向きの変化球とはいえませんが、相手の体勢が崩れている時には的を絞らせないボールとなります。咄嗟に投げられる練習をすれば、チャンスを確実に掴めますね。

ドッジボールの変化球の投げ方!まとめ

 (18799)

ドッジボールでは変化球より、速いボールで、取りにくい箇所に投げる事が戦術的にも有効です。ドッジボールの試合では攻守の入れ替わりも早く、変化球の投げ方を確かめる時間や、どのボールを投げるか考える時間はありません。

しかしながら、反射的に変化球が投げられるようになれば、非常に強い武器になります。特に体勢が崩れていない相手の不意が突ける変化球は、攻撃のチャンスを十分に活かせる事につながります。

ドッジボールの変化球の投げ方を覚え、使いこなせるよう練習し、ライバルに差を付けましょう。ドッジボールの試合での勝率もアップするはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。