Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ドッジボール
  4. >
  5. ドッジボールのコツ!キャ...
ドッジボールのコツ!キャッチ・取り方の方法とは?【初心者ガイド】

ドッジボールのコツ!キャッチ・取り方の方法とは?【初心者ガイド】

ドッジボールでのキャッチ・取り方をしっかりとできるようになるコツは、ドッジボールが上達するコツでもあります。キャッチ・取り方が上手いということは、それだけ相手からのボールに当たりにくいからです。今回はそんなドッジボールのキャッチ・取り方のコツを見ていきましょう。

2021.12.16 ドッジボール

ドッジボールのコツ:キャッチ・取り方とは?

Instagram (12518)

ドッジボールでのキャッチ・取り方は投げると並んで重要な技術です。ドッジボールでは相手からのボールをキャッチすることができれば、それだけボールに当たる確率を減らすことができるからです。

ドッジボールのキャッチ・取り方の技術を上げるコツは、ドッジボールの上達のコツでもあります。逆に言えば、キャッチ・取り方が上手くならなければドッジボールの上達も遅くなります。ですから、キャッチ・取り方の技術を磨いていきましょう。

ドッジボールのキャッチ・取り方の受け方のコツは、1種類ではありません。それぞれのキャッチ・取り方を状況に応じて使い分けることができれば、ドッジボールの試合で勝利に大きく近づくことができます。様々な状況に応じたキャッチ・取り方をできるようになっていきましょう。

ドッジボールのコツ:キャッチ・取り方の種類

ドッジボールでのキャッチ・取り方には、2種類の受け方があります。その受け方はハンドキャッチとボディーキャッチです。それぞれのキャッチ・取り方の仕方には違いがあります。ハンドキャッチ、ボディーキャッチ、それぞれのキャッチ・取り方のコツを見ていきましょう。

ドッジボールのコツ:キャッチ・取り方の種類①

ハンドキャッチ

ドッジボールのハンドキャッチは、ボールを手のひらでキャッチする取り方です。手だけを使ってボールをキャッチする取り方なので最初にマスターしたい基本の受け方になります。

ボールをキャッチしてすぐに投げることができる取り方ですので、相手のボールをキャッチしてすぐに投げることができたり、パスボールのカットに使うことができるキャッチ・取り方です。

ただし、手だけで取るキャッチ・取り方ですが足を使って体の中心でキャッチしなければなりません。もちろんこの取り方では手だけをのばしたり、動きながらキャッチをするのも必ずしもダメなプレイではありません。ですがキャッチのミスが増えるので、少なくとも初心者のうちは体の中心で取る受け方のハンドキャッチを行うのがコツです。

ドッジボールのコツ:キャッチ・取り方の種類②

ボディーキャッチ

みんなで一緒にドッジボール! 【第2回 キャッチング】|ベネッセ教育情報サイト (12622)

ドッジボールのボディーキャッチは、両ひざをついて体全体を使ってキャッチする取り方です。この受け方は、ハンドキャッチに比べて相手の速い球をキャッチすることができます。ボディーキャッチは弱点が少なく、いろいろなボールに対応できる基本の受け方です。

ドッジボールのボディーキャッチの受け方のコツは、ボールを体全体で包み込むようにキャッチすることです。背中を丸めてボールの勢いを消してキャッチします。

この取り方のコツで重要なことは取れる球を見極めることです。速い球を取ることができる受け方ですので、どんな球でも取りにいこうとするかもしれません。ですがコツとして取れない球には手を出さないということが大切です。確実に取れる球を見極めてキャッチするようにしましょう。

ドッジボールのコツ:ハンドキャッチの取り方

【町子連活動日記】ドッジボール交流会兼審判講習会を開催しました!/茨城町ホームページ (12625)

ドッジボールのハンドキャッチは、手をハの字にしてひじで勢いを消してキャッチする取り方です。まず手をハの字にして、体の中心でボールをキャッチします。そして指先、手首、ひじ(関節)でボールの勢いを消して、ボールを体によせます。

ドッジボールのハンドキャッチでハの字の手の形でキャッチを行うのは、ボールを逃げにくくするからです。また体の中心でキャッチを行い、手でボールをおおうようにして取るのがコツです。

ボールの中心に移動してハンドキャッチを行うのがコツです。最初は手をおろしてボールが飛んできたら、前で手をハンドキャッチのかまえにします。ボールがきた方向に移動して体の中心でハンドキャッチを行います。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ハンドキャッチの利点

松山市立北久米小学校 - my weblog : ドッジボールクラスマッチ by kitaku24 (12626)

ドッジボールのハンドキャッチの受け方には、キャッチしてからすぐにボールを投げることができる、という利点があります。ハンドキャッチの取り方ができるようになると、ドッジボールで素早いボールまわしができるようになります。
ドッジボールでハンドキャッチから素早いボールまわしを行うコツは、ボールをキャッチしたらボールを下にもっていって、ボールを投げる動作へと流れるようにつなげることです。このコツがスムーズにできなければ、ドッジボールで素早くボールをまわすことはできません。

またハンドキャッチができるようになると、相手のパスボールをカットすることができます。相手のボールからいきなり自分のボールにかえることができ、そこからすぐに相手への攻撃につなげることができるので、ドッジボールの試合での大きな一手となります。

ハンドキャッチの注意点

ドッジボールのハンドキャッチの受け方では、手の形に注意するのがコツです。しっかりとハの字でボールを手でおおうようにしてキャッチしてください。
この手の形がボールの横や縦にはさむようにしたり、肘を開きすぎてキャッチする時に手が開きすぎたり、ボールの下をつかみすぎたりしないのがコツです。

また足を使ってハンドキャッチを行うのもコツです。

手だけのキャッチになったり、ボールの中心に移動せずにキャッチを行うことはさけましょう。

それらのキャッチを行うとキャッチをミスする可能性が高まるからです。正確にハンドキャッチを行うためのコツは、ボールの中心に移動からハンドキャッチを行うことです。

ボールの中心に移動できない時は、キャッチしようとせずにボールを避けることもハンドキャッチのコツです。

ドッジボールのコツ:ボディーキャッチの取り方

ドッジボールの上手な受け方

ボディーキャッチの取り方です。
ドッジボールのボディーキャッチの受け方は、後ろに足を引いてひざをついてボールをキャッチする取り方です。まずボールが来る方向を見てかまえます。次に右足を後ろに引きます。そして左足を引き、左右の足のかかとをあわせてひざをつき、ボールをキャッチします。この時に背中をまるめてボールの勢いを消すのがコツです。

ドッジボールのボディーキャッチのかまえ方は、肩はばに足を開いて腰を低く落として正面を向いてかまえます。
動きやすい肩はばで足を開き、腰を低く落とします。この時に動きが遅くなるので腕はひざの上にのせないのがコツです。
しっかり腰を落として、正面を見ます。ひざよりも腰が低くならないようにしましょう。

ドッジボールのボディーキャッチのコツは、かまえからしっかりと行うことです。

ボディーキャッチの利点

ドッジボールのボディーキャッチの受け方の利点は、相手の速い球をキャッチすることができることです。またボディーキャッチは、ミスの少ないキャッチ・取り方なので、確実にキャッチしたい時に有効な取り方です。

相手のアタック、速い球をボディーキャッチでキャッチすることができれば、ピンチをチャンスに変えることができます。また、相手の最大のアタックをボディーキャッチで受けることができれば、相手の戦意や集中力を削ぐことにもつながります。
相手のアタックをボディーキャッチで受けることができれば、それだけ勝利を近づけることができるでしょう。

ボディーキャッチの注意点

Instagram (12536)

ドッジボールのボディーキャッチの受け方で注意することは、まずかまえをしっかりとることです。かまえのコツは、動きやすいように低くかまえをとることです。かまえる時の腰は高すぎず、下げすぎないのもコツです。また上半身が立ちすぎていたり、手が前に出すぎたり、足はばをせますぎたりしないようにしましょう。

ドッジボールのボディーキャッチでは、ひざをつく時に両足をそろえてつけておくのもコツです。この時に足をねかせてはいけません。
また他のコツはキャッチの時にひざをとじたり、左右の足を外に出さないことです。ひざをとじるとひざがじゃまになってキャッチがしにくくなりますし、足が外に出ていると相手に当てられやすくなるからです。

ドッジボールのコツ:ハンドキャッチの取り方の注意点

小学生ドッジボール大会 «  ミナミシンシュウ.jp (12633)

ドッジボールで初心者がハンドキャッチの取り方で気をつけるコツは、必ず体の中心でハンドキャッチを行うということです。ハンドキャッチは手で行うので、手を動かすだけのキャッチになることがあります。

特に初心者はハンドキャッチを行う時に手だけで取らなければいけない、と強く意識してしまい手だけ動かしてキャッチしようとしてしまいます。

ですが手だけ動かしてキャッチしようとすると、ミスする可能性が高まります。ですから初心者のうちは特に、体の中心でハンドキャッチを行うようにしましょう。また手だけで取るという意識よりも、体の中心でキャッチするという意識を持ってハンドキャッチを行うことがコツです。

ドッジボールのコツ:ボディーキャッチの取り方の注意点

みんなで一緒にドッジボール! 【第2回 キャッチング】|ベネッセ教育情報サイト (12630)

ドッジボールで初心者がボディーキャッチの取り方で気をつけることは、ボールから目をはなさないことと、難しい球に手を出さないことです。ではそれぞれのコツについて見ていきましょう。

気をつけること①ボールから目をはなさない

ドッジボールではキャッチする時にボールから目をはなさないのがコツです。ボールから目をはなすと上手く取ることができません。またケガをする可能性も上がります。
ですが初心者はボールを怖がってしまい、ボディーキャッチを行う時にボールから目をはなしてしまうことが多いです。
ですから、まずボールを怖がらないことがコツです。ボールを怖がってしまうと、ドッジボールの上達も遅れてしまいます。ボールを怖がらずドッジボールの試合中はボールから目をはなさないようにしましょう。そうすれば初心者でもキャッチが格段に上手くなります。

ドッジボールでボディーキャッチが上手くなれば、相手からの速い球をキャッチすることができるようになるので、初心者でも勝利がグッと近くなります。

気をつけること②難しい球に手を出さない

Instagram (12540)

ドッジボールのボディーキャッチで重要なことは、取れない球には手を出さない、ということです。確かにボディーキャッチは、相手からの速い球が取りやすいという特徴があります。ですが、高い球や体の左右をすりぬける難しい球は取りにくい、という特徴も持っています。ですから、このような球は取ろうとしないということがコツです。

初心者の場合、キャッチすることができるようになると、どんな球でもキャッチしようとしてしまうことがあります。そうなると、相手からのボールに当たる確率が上がります。このようにならないために、初心者のうちからボディーキャッチで取れる球かどうかしっかりと見極められるようになるのがコツです。

ドッジボールのコツ:キャッチ・取り方の見極め

Instagram (12549)

相手が投げてきた球をキャッチしようとする時に、ハンドキャッチの取り方で取るのか、ボディーキャッチの取り方で取るのかを瞬時に判断することが、キャッチを成功させれコツです。そのためにはどのような球に使うかを理解しておく必要があります。それぞれどのような球に使うかを見ていきましょう。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

見極め①ハンドキャッチを使う場合

ドッジボールのハンドキャッチは高めの球や、相手のパスボールのカットなどで使います。

比較的ゆっくりの球に対しては、ハンドキャッチの取り方で取るようにしましょう。このような球をハンドキャッチで受けると反撃のチャンスになります。
また相手の山なりのパスや、ゆっくりのパスはハンドキャッチでパスカットをねらっていきましょう。パスカットを行うと、こちらの攻撃にすることができるからです。

ボールの中心に移動できて、確実にハンドキャッチの取り方ができる球にはハンドキャッチを使うと覚えておきましょう。ハンドキャッチはすぐに攻撃につなげることができます。ですからハンドキャッチが使える場面であれば、ハンドキャッチを使うようにするのがコツです。

見極め②ボディーキャッチを使う場合

みんなで一緒にドッジボール! 【第2回 キャッチング】|ベネッセ教育情報サイト (12631)

ドッジボールのボディーキャッチの取り方は相手からの速い球、主にアタックで使います。ボールの高さは、自分がかまえた高さでキャッチできる球です。

相手が速い球を投げてきた時はボディーキャッチの取り方を使いましょう。速い球、アタックなどをハンドキャッチで取ろうとすると、はじかれてしまう可能性が高いです。ですからそういう場合は、迷わずボディーキャッチを使いましょう。ただし、速い球でも体の左右に飛んでくる難しい球は避けるようするのがコツです。かまえからボディーキャッチの最後の形までしっかりと行うことができる球で、ボディーキャッチの取り方を使うのがコツです。

ドッジボールのボディーキャッチはかまえからしっかり行うのがコツです。体全体を使ってボールを受けとめるので、キャッチしようとする球が高い時には使えません。球の高さが重要なため、高めで速い球はボディーキャッチしようとせずに避けるようにするのもコツです。

ドッジボールのコツ:ハンドキャッチの取り方習得

ドッチボール キャッチボール

キャッチボールです。
ドッジボールのハンドキャッチは二人一組のキャッチボールで身につけましょう。キャッチボールではハンドキャッチで取る、投げるという動作を一連の流れで練習することができます。
ハンドキャッチの習得には繰り返しの練習がコツです。ですから日々の練習で、キャッチボールは繰り返し行いましょう。

ドッジボールのコツ:ボディーキャッチの取り方習得

みんなで一緒にドッジボール! 第2回「キャッチング」 キャッチングの練習 【転がるボールを止める】

キャッチの習得についてです。
ドッジボールのボディーキャッチはかまえ、取り方を覚えさえすれば比較的習得はしやすいです。まずはかまえと取り方を覚えるのがコツです。

またボディーキャッチの習得で最も大切なことはボールを怖がらないことです。ボディーキャッチでは速い球を取らなくてはいけません。ボールを怖がるとキャッチに失敗する確率が上がってしまうので、速い球に慣れるようにしましょう。
初心者は速い球に慣れるまで大変かもしれません。ですから、速い球を投げてもらってボディーキャッチで取るという練習を、初心者のうちは行うと良いでしょう。

ドッジボールのキャッチ・取り方のコツのまとめ

わかやま新報:キングルーキーズ3位、ジュニアドッジ[和歌山] (12635)

ドッジボールのキャッチ・取り方のコツは、ハンドキャッチ、ボディーキャッチをまず習得することです。その習得のコツは、繰り返しのキャッチボールやキャッチの練習などの反復練習です。
ドッジボールのキャッチのコツを自分のものとするのは、時間がかかるかもしれません。しかし習得できれば、ドッジボールでの勝利が近づきます。

ドッジボールでチャンスを増やすコツは、身につけたハンドキャッチとボディーキャッチを場面ごとに使い分けることです。そうすれば試合の中でのチャンスは、増えていくでしょう。

ドッジボールの上達のコツは、キャッチ上達がコツでもあります。キャッチの技術を上げて、ドッジボールの実力も上げていってください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。