2020年1月25日 更新

ドッジボールのコツ!キャッチ・取り方の方法とは?【初心者ガイド】

ドッジボールでのキャッチ・取り方をしっかりとできるようになるコツは、ドッジボールが上達するコツでもあります。キャッチ・取り方が上手いということは、それだけ相手からのボールに当たりにくいからです。今回はそんなドッジボールのキャッチ・取り方のコツを見ていきましょう。

50,542 view お気に入り 0

ボディーキャッチの注意点

Instagram (12536)

ドッジボールのボディーキャッチの受け方で注意することは、まずかまえをしっかりとることです。かまえのコツは、動きやすいように低くかまえをとることです。かまえる時の腰は高すぎず、下げすぎないのもコツです。また上半身が立ちすぎていたり、手が前に出すぎたり、足はばをせますぎたりしないようにしましょう。

ドッジボールのボディーキャッチでは、ひざをつく時に両足をそろえてつけておくのもコツです。この時に足をねかせてはいけません。
また他のコツはキャッチの時にひざをとじたり、左右の足を外に出さないことです。ひざをとじるとひざがじゃまになってキャッチがしにくくなりますし、足が外に出ていると相手に当てられやすくなるからです。

ドッジボールのコツ:ハンドキャッチの取り方の注意点

小学生ドッジボール大会 «  ミナミシンシュウ.jp (12633)

ドッジボールで初心者がハンドキャッチの取り方で気をつけるコツは、必ず体の中心でハンドキャッチを行うということです。ハンドキャッチは手で行うので、手を動かすだけのキャッチになることがあります。

特に初心者はハンドキャッチを行う時に手だけで取らなければいけない、と強く意識してしまい手だけ動かしてキャッチしようとしてしまいます。

ですが手だけ動かしてキャッチしようとすると、ミスする可能性が高まります。ですから初心者のうちは特に、体の中心でハンドキャッチを行うようにしましょう。また手だけで取るという意識よりも、体の中心でキャッチするという意識を持ってハンドキャッチを行うことがコツです。

ドッジボールのコツ:ボディーキャッチの取り方の注意点

みんなで一緒にドッジボール! 【第2回 キャッチング】|ベネッセ教育情報サイト (12630)

ドッジボールで初心者がボディーキャッチの取り方で気をつけることは、ボールから目をはなさないことと、難しい球に手を出さないことです。ではそれぞれのコツについて見ていきましょう。

気をつけること①ボールから目をはなさない

ドッジボールではキャッチする時にボールから目をはなさないのがコツです。ボールから目をはなすと上手く取ることができません。またケガをする可能性も上がります。
ですが初心者はボールを怖がってしまい、ボディーキャッチを行う時にボールから目をはなしてしまうことが多いです。
ですから、まずボールを怖がらないことがコツです。ボールを怖がってしまうと、ドッジボールの上達も遅れてしまいます。ボールを怖がらずドッジボールの試合中はボールから目をはなさないようにしましょう。そうすれば初心者でもキャッチが格段に上手くなります。

ドッジボールでボディーキャッチが上手くなれば、相手からの速い球をキャッチすることができるようになるので、初心者でも勝利がグッと近くなります。

気をつけること②難しい球に手を出さない

Instagram (12540)

ドッジボールのボディーキャッチで重要なことは、取れない球には手を出さない、ということです。確かにボディーキャッチは、相手からの速い球が取りやすいという特徴があります。ですが、高い球や体の左右をすりぬける難しい球は取りにくい、という特徴も持っています。ですから、このような球は取ろうとしないということがコツです。

初心者の場合、キャッチすることができるようになると、どんな球でもキャッチしようとしてしまうことがあります。そうなると、相手からのボールに当たる確率が上がります。このようにならないために、初心者のうちからボディーキャッチで取れる球かどうかしっかりと見極められるようになるのがコツです。

ドッジボールのコツ:キャッチ・取り方の見極め

Instagram (12549)

相手が投げてきた球をキャッチしようとする時に、ハンドキャッチの取り方で取るのか、ボディーキャッチの取り方で取るのかを瞬時に判断することが、キャッチを成功させれコツです。そのためにはどのような球に使うかを理解しておく必要があります。それぞれどのような球に使うかを見ていきましょう。

見極め①ハンドキャッチを使う場合

ドッジボールのハンドキャッチは高めの球や、相手のパスボールのカットなどで使います。

比較的ゆっくりの球に対しては、ハンドキャッチの取り方で取るようにしましょう。このような球をハンドキャッチで受けると反撃のチャンスになります。
また相手の山なりのパスや、ゆっくりのパスはハンドキャッチでパスカットをねらっていきましょう。パスカットを行うと、こちらの攻撃にすることができるからです。

ボールの中心に移動できて、確実にハンドキャッチの取り方ができる球にはハンドキャッチを使うと覚えておきましょう。ハンドキャッチはすぐに攻撃につなげることができます。ですからハンドキャッチが使える場面であれば、ハンドキャッチを使うようにするのがコツです。

見極め②ボディーキャッチを使う場合

みんなで一緒にドッジボール! 【第2回 キャッチング】|ベネッセ教育情報サイト (12631)

ドッジボールのボディーキャッチの取り方は相手からの速い球、主にアタックで使います。ボールの高さは、自分がかまえた高さでキャッチできる球です。

相手が速い球を投げてきた時はボディーキャッチの取り方を使いましょう。速い球、アタックなどをハンドキャッチで取ろうとすると、はじかれてしまう可能性が高いです。ですからそういう場合は、迷わずボディーキャッチを使いましょう。ただし、速い球でも体の左右に飛んでくる難しい球は避けるようするのがコツです。かまえからボディーキャッチの最後の形までしっかりと行うことができる球で、ボディーキャッチの取り方を使うのがコツです。

ドッジボールのボディーキャッチはかまえからしっかり行うのがコツです。体全体を使ってボールを受けとめるので、キャッチしようとする球が高い時には使えません。球の高さが重要なため、高めで速い球はボディーキャッチしようとせずに避けるようにするのもコツです。

ドッジボールのコツ:ハンドキャッチの取り方習得

ドッチボール キャッチボール

キャッチボールです。
ドッジボールのハンドキャッチは二人一組のキャッチボールで身につけましょう。キャッチボールではハンドキャッチで取る、投げるという動作を一連の流れで練習することができます。
ハンドキャッチの習得には繰り返しの練習がコツです。ですから日々の練習で、キャッチボールは繰り返し行いましょう。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールで相手に当てるコツを紹介していきます。ドッジボールで大切なことは、いかにして自分の投げたボールを相手に当てるかです。そのためには狙いどころや投げる時の様々な技も必要となります。そんなドッジボールで相手に当てるコツを一緒に見ていきましょう。
MOSK | 72,545 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK