Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. 新川のおすすめ釣りポイン...
新川のおすすめ釣りポイントとは?コイ釣りを楽しもう

新川のおすすめ釣りポイントとは?コイ釣りを楽しもう

新川は北海道札幌市の西区から手稲区を流れる河川。コイを中心とした川釣りはもちろん、河口域ではカレイなどのターゲットも釣ることができます。ここではそんな新川のおすすめの釣りポイントを中心に鯉の釣り方などについて紹介していきます。新川で釣りを楽しみたい方は参考にしてください。

2021.12.16 釣り

Writer

Activel_director

公式ライター
Activel_director

新川で釣れる魚とは?

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コイ
ウグイ
カワガレイ
ハゼ
新川は札幌市の西区から手稲区を跨ぎ石狩湾に流れ込む河川です。トラウトなどのルアーフィッシングを楽しめるスポットではありませんが、コイが釣れる川として人気を集めています。

また河口エリアは汽水域になっているため、ウグイやカワガレイやハゼなどの釣果も期待できます。食用としては不向きな魚が多いですが、札幌近郊で手軽にコイ釣りを楽しみたい方にはおすすめです。水深が浅く流れも比較的緩やかであるため、釣りの初心者にも安心です。

新川の釣りスポット①新川河口

新川ではもっとも狙える魚種が豊富な新川河口。石狩湾と繋がっている汽水域であるため、カレイやウグイを狙える名ポイントとして多くの釣り人が訪れます。

秋シーズンは大型のハゼの釣果も聞かれるため、シーズンに合わせた釣りが楽しめる点も魅力。春シーズンにコイのスポーニングエリアとなるスポットがありますが、アプローチする際はやや長めの投げ竿が必要不可欠です。

新川の釣りスポット②新川・濁川合流地点

札幌市の釣り場の中でも特にコイの釣果実績の高い新川と濁川の合流地点。ベテランコイ釣り師が数多く足を運ぶ新川のポイントの中でも歴史の深い釣り場です。

エントリーがやや難しいことから手軽にコイ釣りを楽しみたい方にはやや不向きなため注意しましょう。コイ以外の魚種の釣果はあがりにくいものの、本格的なコイ釣りを楽しみたい方は一度足を運んでみましょう。

新川の釣りスポット③新川・手稲土功川合流地点

  •        
  •        
  •        
  •       
    
新川の釣り場の中でも特に水深が浅い手稲土功川との合流地点。新川の釣り場の中でもコイの魚影が濃いポイントですが、釣り人のプレッシャーが高く簡単に口を使わないため、数釣りを楽しむのは難しいです。

膝丈ほどの水深で釣りが楽しめるため、お子さんを連れて釣りを楽しみたいと考えているコイ釣り師におすすめです。

新川の釣りスポット④前田森林公園前

前田森林公園に隣接した釣りスポット。駐車スペースが空いている場合は車で目の前にエントリーができるため、仕事帰りなどに手軽にコイ釣りを楽しみたい方にもおすすめです。

足場もしっかりしており、森林公園のトイレや駐車場なども利用できるため、釣りにはじめて挑戦する初心者の方にもおすすめです。

新川の釣りスポット⑤新川・中の川合流地点

札幌市内の河川の中でも水質が綺麗な中の川との合流地点。今回紹介した釣り場の中では釣り人の数が少なく、のんびりとコイ釣りが楽しみたい方にはおすすめです。

駐車スペースから釣り場までは若干距離があるため手軽に釣りが楽しみたい方には不向きです。他のポイントに比べると綺麗なコイが釣れる点も魅力の一つです。

新川の釣りスポット⑥新川・発寒川合流地点

西区を流れる発寒川と新川の合流地点にあスポット。コイ釣りが開幕する春シーズンの釣果実績が高く、シーズンの走りには食い気のあるコイが非常に多く、数釣りが楽しみたい方におすすめの釣り場です。

夏以降は水量が少なくコイの魚影も非常に少なくなるため、水量が少なくなる秋シーズンには不向きです。

新川の釣りスポット⑦下水処理場前

新川の釣り場の中でもオールシーズン釣り人が賑わう下水処理場前。処理場から出た廃水には多くのコイが溜まっており、それを狙って多くの釣り人が訪れます。特に人気の水門エリアは2つの水門がありますが、狭い水門側の実績が高く、エントリーできれば釣果実績が高い人気ポイントです。

釣り人の数が多いためポイントに入れるかどうかは運要素もありますが、確実に鯉を釣り上げたい方には間違いなくおすすめです。

新川での鯉の釣り方

 (85150)

新川は札幌市内を流れる河川の中でも多くの釣り人が訪れるため、コイを簡単に釣り上げることは非常に難しいです。ここではそんな新川のコイを釣り上げるための釣り方を解説します。通常のコイ釣りとは違う工夫が新川での釣果アップのポイントです。

遠投ができる釣具を用意しよう!

新川のコイ釣りでは対岸のポイントまで仕掛けを投げることも珍しくないため、最低でも3.6メートル以上の投げ竿が必要不可欠です。

合わせるリールには強靭な鯉の引きに対応できる6000番前後の大きめのスピニングリール。ラインはナイロンの5号が定番です。長めの竿はコイの強い引きも柔軟に受け流すことができるため、不意の大物にも安心して対応できる点も魅力です。

定番の練り餌は厳禁

コイ釣りでは練り餌を使った吸い込み仕掛けが定番の仕掛けとして人気を集めています。しかし新川のコイは練り餌を餌だと見切ってしまうため、吸い込み仕掛けは厳禁です。

新川のコイ釣りでは中通し錘を使った投げ仕掛けがおすすめ。餌には練り餌を使わず、生きたミミズなどの生き餌を使いましょう。新川でコイの釣果があがらずに悩んでいる方は餌や仕掛けにも工夫が必要です。

新川はコイ釣りを初心者から上級者まで楽しめる!

 (85151)

新川は札幌市内の釣り場の中でもコイの魚影の濃い河川です。トラウトフィッシングなどの定番の川釣りはできませんが、水深が浅く、流れも穏やかであるため初心者から上級者までコイ釣りが楽しめます。河口ではカレイやハゼなどの汽水域で釣れる魚も釣れるため、札幌市で手軽に釣りを楽しみたい方は新川がおすすめです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。