2020年2月5日 更新

シーバスのバイブレーションの使い方と動かし方とは?アクションについて学ぼう

シーバス用バイブレーションは、飛距離が抜群で広範囲を素早く探れるのが魅力ですが、釣り人側の使い方や巻き方次第でさまざまなベイトに似せることが出来るルアーです。変幻自在に姿や形を変える事のできるシーバス用バイブレーションの使い方について解説します。

2,556 view お気に入り 0
おすすめの時期と時間
低活性の時期の夜間がおすすめ
おすすめの使い方
波動を抑えつつ、ストラクチャー周りを引くのがおすすめ
巻き方は下流側に着水させ、そこからルアーを流していきます。アップクロスよりも手返しは良く、基本的には同じようなイメージですが、ライン管理の仕方によっては、頂点を遠い場所に設定出来る事もあり、手早く探りたい時によく使います。

一般的に魚は上流方向へ頭を向けて泳いでいるため後ろ側から来るルアーが突然目の前に現れる形になるので、リアクションバイトを狙うにはダウンクロスがよいです。

水深が浅いフィールドでは小型にする

おすすめの時期と時間
春先など高活性な時期の夜間がおすすめ
おすすめの使い方
水深が浅いフィールドでベイトが小さいときに使用するとよい
巻き方はベイエリアや河口などのプレッシャーが高いポイントではボディサイズが5cm程度、ウェイトが14g以下の小型バイブレーションを使用します。

サイズが小さい分マイクロベイトパターンにも合わせやすいこのタイプは、ボディサイズが小さくアピール力が高いので、ある程度のスレた状態でも十分通用するのでおすすめです。

シーバス用バイブレーションの巻き方

バイブレーションはハードルアーの中でも一番の飛距離を出せるルアーです。その中でもメタルバイブは特に遠投性能が高く、この飛距離を生かしておかっぱりから他の釣り人が届かない場所まで、ルアーを送り込むことができるのは大きな武器の一つでしょう。

また、レンジコントロールをしっかりと意識することで、ボトムを叩きながら巻くことができます。表層にシーバスが浮いておらずボトム付近に居着いてるときなどは、巻き方を変えることで効率的に釣ることが可能です。

ただ巻き

ただ巻きテクニック

バイブレーションの基本的な使い方といえばただ巻きです。投げて巻くだけの釣り方なので誰でも簡単に使うことができますが、単純にただ巻くといっても案外奥が深く、適当にリトリーブしてるだけだと釣れないことも多くあります。

シーバス釣りはただ巻きがメインの釣りであり、ただ巻きを極めることで安定した釣果をあげることが可能です。まずは巻き方を意識してバイブレーションを使い、試してみましょう。

早巻き

デイゲームでは、ゆっくり目の巻き方だとルアーとシーバスから見極められる可能性が高くなりますので、そういった場合の使い方として巻くスピードを速めてアクションをかけるとよいです。

毎投違う巻き方で巻き、その日の傾向を確かめるのが釣果を伸ばすポイントですが、水深のあるポイントではレンジ攻略も同時に行うことでさらに釣果を伸ばせます。

高速巻き

超高速引きの効果!

巻ける速さの最高速度でバイブレーションを巻く巻き方のことを指します。普通の巻き方で反応がない時は高速で巻くことで、シーバスのスイッチを入れることが可能です

パニックになった小魚は高速で逃げるので、最速で巻かないと捕食のスイッチが入らないことが少なからずあります。魚は人間が思っているより早く魚を追いかけると言われており、特にソルトゲームでは、川や湖の魚と違い魚を追い詰めて捕食しづらいため高速巻きは非常に有効なテクニックです。

シーバス用バイブレーションの使い方のコツ

yasu.KOGA on Instagram: “どんな事してもセイゴばっかり!流れの中で活性バツグン👍マイクロベイト追っかけてるみたい。サイズは望めません!でもバイトの瞬間はセイゴでも最高です☺️#シーバスタックル #スイッチヒッター105f #シーバス #シーバスルアー #シーバス釣り #シーバスフィッシング…” (71130)

基本的には普通に巻いてくれば釣れるのがバイブレーションです。シーバス釣りにおいてキャスト回数が多いほど釣れる確率は上がるというのは当然のことですが、ただやみくもに投げていても釣果が上がるとこはありません。要点を抑えたうえで攻めていくことができればよりシーバスが釣れるでしょう。全て試してだめだったらそこには魚がいないか、地合が悪いと判断がつきます。

ロッドの角度を変える

Y A on Instagram: “夕日と相棒 SUNSET GLOW AND MY  BUDDY  #シマノ #アピア #海釣り #釣り #夕まずめ #つり  #ルアーフィッシング #シーバス #シーバス釣り #鱸  #スズキ釣り #シーバスロッド #シーバスゲーム  #夕方の空 #夕方 #おセンチじゃないよ…” (71132)

角度を変えることで、引いてきたコースとは別のコースを引くことが簡単になります。しかしロッドの角度は何度でも良いですが、リトリーブ途中で角度を変えないようにしっかり固定しましょう。

ロッドの角度を変えると急にレンジが変わったり姿勢が悪くなってしまう場合もあり、釣れない原因になってしまいますので、角度を変えたらその位置をキープし続けることが重要です。
92 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイブレーションルアーとは?おすすめの使い方とアクション・巻き方を解説!

バイブレーションルアーとは?おすすめの使い方とアクション・巻き方を解説!

バイブレーションルアーは小刻みに震えながら魚にアピールするハードルアーです。バス釣りやシーバスなどを中心に様々なルアーフィッシングで使われる定番のアイテムです。ここではそんなバイブレーションの使い方、アクション、巻き方などを徹底解説していきます。
シーバスのバイブレーションのおすすめ人気TOP10!定番ルアーの魅力とは?

シーバスのバイブレーションのおすすめ人気TOP10!定番ルアーの魅力とは?

シーバス釣りはさまざまな種類のルアーを選択しながら楽しむ釣りですが、その中でもバイブレーションは欠かすことのできないルアーです。飛距離を出すことや、魚の存在を確かめるのに有効なバイブレーションについて、基礎知識や選び方を詳細に解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act