2020年6月27日 更新

バス釣りのPEラインの選び方!使い方・巻き方・結び方を解説!

バス釣りのPEラインは太さと耐摩耗性能が大切で、遠投、パワーフィネス、トップウォーターで使い分けます。バス釣りのPEラインの太さは遠投で0.4〜0.8号、パワーフィネスで1〜2号、トップウォーターは3〜5号が定番です。バス釣りの遠投は細いラインを使うためリーダーをノーネームノットで結びましょう。

1,395 view お気に入り 0

バス釣りのPEラインとは?

 (148686)

バス釣りはPEラインが活躍するシチュエーションがたくさんあります。バス釣りのPEラインは特定のルアーを使った釣りに挑戦する方におすすめで、汎用性の高いラインを探している初心者は扱いにくいので注意しましょう。

PEラインを有効に活用することで、バス釣りのゲーム性を高めブラックバスの釣果を高めることに繋がります。

PEラインのメリット

PEラインのメリットは飛距離と浮力の高さになります。PEラインは太さに対する強度が、フロロカーボンやナイロンと比較して強いのが特徴です。

PEラインの強度の強さは、遠投力のある細いラインを使っても安心して大型のブラックバスをキャッチできます。

PEラインは比重が軽い特徴もあるので、フラッグやトップウォーターといった表層系のルアーも快適です。

バス釣りのPEラインの特徴

 (148662)

バス釣りのPEラインはルアーと使い方が限られます。PEラインが活躍する効果的な使い方やリーダーといった特徴を必ず理解しましょう。

PEラインの使い方

バス釣りのPEラインの使い方は3種類あります。バス釣りで定番の巻物には不向きなラインですので、注意が必要です。

細いPEライン:スピニングタックルを使った遠投
強度のあるPEライン:スピニングタックルを使ったパワーフィネス
浮力のあるPEライン:ベイトタックルを使ったトップウォーター・フロッグ

PEラインの使い方はルアーやタックルによって大きく異なるため、使うルアーやタックルを考えておきましょう。

PEラインの巻き方

 (149386)

PEラインをはじめて巻く方は釣具店でラインを巻いてもらいましょう。PEラインは細いため下巻きでスプールを調整しなければ、ラインが綺麗に巻けずにライントラブルの原因になります。

釣具店はPEラインを巻いてくれるサービスがあるので、初心者の方は釣り具でラインを巻いてもらうと安心です。

PEラインのリーダー

PEラインはショックリーダーの結束が必要です。PEラインの耐摩耗性能はナイロンやフロロカーボンに比べると弱いため、細いラインを使うときはショックリーダーを活用しましょう。

ショックリーダーの素材は耐摩耗性能の高いフロロカーボンが定番で、50〜100センチ前後の長さを基準に考えてください。

PEラインのショックリーダーはブラックバスのプレッシャーを軽減する効果も期待できます。

バス釣り用のPEラインの選び方

 (148666)

バス釣り用のPEラインは太さと耐摩耗性能が大切です。PEラインは使い方によって適切な太さが異なるので、注意が必要です。

飛距離やカラーはPEラインを使う釣り場やブラックバスのプレッシャーに影響するため、釣果をアップするために意識しましょう。

太さ・号数

 (149388)

PEラインの太さと号数は使い方によって異なります。バス釣りのPEラインは使い方とルアーに合わせた太さを選ばなければ、PEラインの性能を発揮できないので注意してください。

スピニングタックルの遠投:0.4〜0.8号
スピニングタックルのパワーフィネス:1〜2号
ベイトタックルのフロッグ・トップウォーター:3〜5号


パワーフィネスタックルで遠投も兼用する方は0.8〜1号が定番になります。

色・カラー

 (149389)

PEラインのカラーは視認性の高さを意識して選びましょう。PEラインは蛍光やピンクといった明るいカラーが多く、自分好みのカラーセレクトができます。

ブラックバスがスレたハイプレッシャーフィールドでは、明るいカラーが見切られてしまうことがあるので、グリーンやグレーといったナチュラルなカラーを選んでださい。

長さ

 (148669)

PEラインの長さは100メートルが定番になります。バス釣りのPEラインはベイトタックルで遠投をするシチュエーションが少ないので、100メートルで快適に釣りが楽しめます。

細いPEラインとスピニングタックルで沖目のポイントを狙うときは150メートルの長さがあると安心です。

飛距離

 (149391)

PEラインは太さによって飛距離が変わります。飛距離の伸びる太さは0.4〜0.8号が定番とされており、ベイトタックルに比べるとスピニングタックルは飛距離を出しやすいです。

細いPEラインはラインブレイクのリスクだけでなく、ライントラブルの原因になるため注意が必要です。

耐摩耗性能

バス釣りのPEラインは耐摩耗性能が大切です。PEラインはナイロンやフロロカーボンに比べると耐摩耗性能が弱いので、バス釣り専用の耐摩耗性能の高いアイテムを選びましょう。

パワーフィネスやカバー撃ちでは耐摩耗性能の高いラインを選ぶことで、強引なファイトでのラインブレイクやトラブルを防ぐ効果も期待できます。

バス釣りにおすすめPEライン3選

 (148672)

バス釣りにおすすめのPEラインは人気メーカーからリリースされるラインを選びましょう。PEラインはバス釣り専用ライン以外でも飛距離がでやすく、強度が高い特徴があります。

サンライン シューター・デファイアー D-Braid

 (148136)

カラー ピンク 飛距離 ★★★☆☆
長さ 120m 耐摩耗性能 ★★★☆☆
太さ 0.6号 ターゲット 撃ち物でバスを攻略
サンラインからリリースされているバス釣り専用のPEラインです。デファイアー D-Braidは撃ち物に適したラインを探している方におすすめで、PEラインのなかでは比重が重く沈みやすい特徴があります。

デファイアー D-Braidの飛距離と耐摩耗性能は弱めで、遠投や濃いカバー狙いには不向きです。

クレハ シーガー PEX8 ルアーエディション

 (149392)

カラー ピンク 飛距離 ★★★★☆
長さ 150m 耐摩耗性能 ★★★☆☆
太さ 0.6号 ターゲット 遠投でバスを攻略
シーガーからリリースされているルアーフィッシング用のPEラインです。PEX8 ルアーエディションは遠投に適したPEラインを探している方におすすめで、飛距離が伸びやすくコスパのよい特徴があります。

PEX8 ルアーエディションの耐摩耗性能は弱く、細いラインを使ったカバー撃ちはラインブレイクのリスクが高いので注意しましょう。

デュエル アーマードF+ Pro バス

 (149393)

カラー シルバー 飛距離 ★★★★☆
長さ 100m 耐摩耗性能 ★★★★☆
太さ 1.5号 ターゲット PEライン初心者
デュエルからリリースされているバス釣り専用のPEライン。PEラインの初心者におすすめで、飛距離と耐摩耗性能のバランスがよいのが特徴です。

アーマードF+ Pro バスの太さは0.1〜1.5号までラインナップされており、ライトリグの遠投からパワーフィネスまで快適に扱うことができます。
148 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バス釣りの道具一覧!初心者が揃えるべき道具と疑問を解説!

バス釣りの道具一覧!初心者が揃えるべき道具と疑問を解説!

バス釣りに必要な道具はロッド・リール・ルアー・ラインにはじまり、ライフジャケット・バッグ・カッターといった便利用品も用意する必要があります。初めてバス釣りの道具を揃える方は、おかっぱりとレンタルボートの釣り方に合わせたタックル選びが大切で、人気メーカーのエントリーモデルで3万円程度の予算が必要です。
takagi | 1,009 view
バス釣りのタックルとは?初心者の方へ選び方と種類をわかりやすく解説!

バス釣りのタックルとは?初心者の方へ選び方と種類をわかりやすく解説!

バス釣りのタックルはリール・ロッド・ライン・ルアーといった道具で、初心者はスピニングタックルから揃えましょう。初心者におすすめのバス釣りタックルは6ft台Lクラスのスピニングロッドと2500番のスピニングリールの組み合わせで、ルアーは4inchストレートワームのジグヘッドワッキーが定番になります。
takagi | 428 view
バスロッドの選び方ガイド!バス釣りの入門用の釣竿27選

バスロッドの選び方ガイド!バス釣りの入門用の釣竿27選

バスロッドの選び方は長さ・硬さ・適合ルアーが大切で、スピニングとベイトでおすすめのロッドが異なります。初心者におすすめのバスロッドは6フィートLクラスのスピニングロッドと6フィートMクラスのベイトロッドで、シマノ・ダイワのエントリーモデルがコスパがよく、種類も豊富で人気を集めています。
takagi | 755 view
バス釣りのナイロンラインとは?太さなどの選び方と最強おすすめライン9選

バス釣りのナイロンラインとは?太さなどの選び方と最強おすすめライン9選

バス釣りのナイロンラインは初心者におすすめで、巻物やトップウォーターで積極的に活用しましょう。バス釣りのナイロンラインの選び方は太さが大切で、巻物・トップウォーターで10〜20ポンド、初心者は6ポンド前後が定番になります。おすすめのラインはバス釣り専用のアイテムで、コスパのよいボビン巻きも人気です。
takagi | 852 view
バス釣りのラインの選び方!PEラインなど種類と色・太さを解説

バス釣りのラインの選び方!PEラインなど種類と色・太さを解説

バス釣りのラインはPE・フロロカーボン・ナイロンの3種類です。バス釣りの初心者におすすめラインはナイロンでライトリグは3〜5ポンド、巻物は10〜14ポンドが定番になります。素材の使い分けはPEは比重の軽さを活かしてトップウォーター、フロロカーボンは耐摩耗性能を活かしてカバー撃ちにぴったりです。
takagi | 1,034 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takagi takagi