2021年5月18日 更新

竹沼貯水池のバス釣りポイント5選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

竹沼貯水池のバス釣りは、おかっぱりで釣ることができるエリアが豊富にあり産卵時期を迎える4月から5月が釣果の期待できるハイシーズンとなります。竹沼貯水池のバス釣りのおすすめは、ワンドを狙うことです。ワームやスピナーベイトを使うことで釣果が期待できます。初心者には、足場のよいダムサイドがおすすめです。

4,596 view お気に入り 0

南西部ワンドの基本情報

南西部ワンドには、勢いよく水が流れる流れ込みポイントがあります。流れ込みは、貴重な酸素の供給源となり魚の活性が上がる場所になるため、釣果が期待できる釣り場です。おかっぱりから狙うことができるおすすめのポイントです。

南西部ワンドの周辺施設

駐車場 ×
トイレ ×
自動販売機 ×
南西部ワンドの周辺には駐車場やトイレ、自動販売機がありません。車の場合は、少し距離はありますが駐車場に止めて歩くことをおすすめします。おかっぱりで釣れる場所を探しながら歩いてポイントに向かいましょう。

南西部ワンドの攻略法

南西部ワンドの攻略法は、流れ込みのワキを狙うことです。ブラックバスは、流れ込みから流れてくるエサを待ち構えています。疑似餌には、虫系のルアーやワームを使い流れ込みにキャストすることで、エサと間違えてブラックバスが食い付いてきます。

竹沼貯水池のバス釣りの釣果アップの秘訣

竹沼貯水池のバス釣りの釣果アップの秘訣は、ブラックバスが棲みつきやすいワンドを狙うことです。野池の竹沼貯水池にはボトムや流れ込みがあるワンドが多く、餌が豊富にいるためブラックハズが集まりやすく釣果が期待できます。

竹沼貯水池のバス釣り初心者へのアドバイス

竹沼貯水池のバス釣り初心者は、足場もよくエントリーしやすいダムサイトを攻略しましょう。時期は、産卵を迎えて食い付きがよくなる春がおすすめです。

ダムサイトでは、バイブレーションプラグを使いカケアガリを底から探りながら狙うことで数を釣ることもできバス釣りを楽しむことができます。
61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

阿武隈川のバス釣りポイント9選!おかっぱりから狙えるおすすめ場所とは?

阿武隈川のバス釣りポイント9選!おかっぱりから狙えるおすすめ場所とは?

阿武隈川のバス釣りは春と秋のハイシーズンに40〜50cmのスモールマウスバスを狙えますが、ブラックバスの釣果情報は少ないです。阿武隈川のバス釣りのおすすめポイントは流れに溜まる小魚を食べる高活性なスモールマウスバスが狙える白石川で、広範囲を素早く探れるバイブレーションで流れのヨレを探りましょう。
旭川ダムのバス釣りポイント7選!おかっぱりから狙えるおすすめ釣り場と釣果とは?

旭川ダムのバス釣りポイント7選!おかっぱりから狙えるおすすめ釣り場と釣果とは?

旭川ダムのバス釣りは4〜10月の長い時期で50cmを超える大型のブラックバスが狙えますが、釣り人に対する警戒心が高いことから難易度は高めです。旭川ダムのバス釣りのおすすめポイントは夏シーズンに安定した釣果を期待できる旦土橋で、アピール力の高いスピナーベイトで、流れの中をただ巻きして探りましょう。
旧吉野川のバス釣りポイント7選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

旧吉野川のバス釣りポイント7選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

旧吉野川のバス釣りは40〜50cmのブラックバスが狙え、産卵期の4〜5月は大型の釣果情報が多いハイシーズンになります。旧吉野川のバス釣りのおすすめポイントはブラックバスの餌が溜まりやすい水門が隣接した馬詰水路で、10〜14gのバイブレーションで流れ込みの周辺をただ巻きで探ってください。
花見川のシーバスおかっぱりポイント6選!デイゲームで狙える釣り場とは?

花見川のシーバスおかっぱりポイント6選!デイゲームで狙える釣り場とは?

花見川のシーバスは活性が高くなる4〜11月におかっぱりの釣り場で50cm前後の中型が狙えますが、ランカーサイズの釣果は少ないです。花見川のシーバスのおすすめポイントはシーバスのストック量が豊富な花見川河口で、小魚の大きさに合わせた80〜120mmのシンキングミノーでテトラポットを探りましょう。
矢作川のシーバスおかっぱりポイント6選!デイゲームで狙える釣り場とは?

矢作川のシーバスおかっぱりポイント6選!デイゲームで狙える釣り場とは?

矢作川のシーバスは50〜60cmの中型が多いですが、河口エリアのポイントでは80cmを超えるランカーサイズが狙えることから、愛知県内でトップクラスの人気があります。矢作川のシーバスのおすすめポイントは小魚を捕食するランカーサイズのシーバスが狙える矢作川河口で、メタルバイブのただ巻きで探りましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro0716 hiro0716