Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. シーバスリールおすすめ人...
シーバスリールおすすめ人気TOP10!ダイワやシマノなどの選び方とは?

シーバスリールおすすめ人気TOP10!ダイワやシマノなどの選び方とは?

人気のシーバスフィッシング、狙うフィールドに合わせてリールを選ぶのが重要なポイントです。初心者だと、リールを選ぶ際に何を基準に選べばいいのか、フィールドやシーバスの大きさにあわせたリールの選び方などをまとめ、シーバスフィッシングに必要なリールを紹介します。

2021.12.16 釣り

シーバスリールに必要なポイントは

SpinReels.pro on Instagram: “SHIMANO 2010 STELLA FE…” (65308)

シーバスフィッシングに使われるリールはスピニングリールとベイトリールの2種類があります。

スピニングリールは軽量ルアーから重量級ルアーまで万能にキャストができる点や、リールの構造上キャスト時にかかるブレーキがほぼないため、飛距離を出しやすい点がメリットです。

ベイトリールはキャスト時にブレーキがかかるのでピンスポットへのキャストがしやすい点や、ラインキャパシティがスピニングリールよりも多いため、より重量級ルアーが扱えます。

悩んだ時の選び方としては、ベイトリールはバックラッシュなどのトラブルも多いため、万能なスピニングリールを選びましょう。

ドラグ性能

Pejcic Ivan on Instagram: “Beauty&Patchinko...…” (65309)

ドラグ性能はシーバスの動きに合わせてラインが出ることで、ラインブレイクやバラシを軽減できます。 価格帯によって変わってきますが、大手メーカーのリールであれば性能は申し分ないので、自身の予算に合わせたリールでドラグ性能の良いものを選びましょう。

ただし、釣具店などのワゴンにあるような安いリールですとドラグ性能は期待できないことが多いので、陳列されている人気の品から選ぶのが無難です。

シーバスは不意に暴れることがあるので、ドラグも適正な強さに設定する必要があります。その日の状況に合わせて、シーバスに主導権を持っていかれない強さで、,不意に暴れてもラインがきちんと出ていく強さに設定しましょう。

ギア比

大地 on Instagram: “クリスマスイブは 久しぶりのシーバス狙いで釣りに行ってきましたー!  寒い中バイト終わり速攻でバイクで 河口付近まで行ってきた!  着いた瞬間から寒すぎてルアーも結ぶのに一苦労。…” (65311)

スピニングリールにはさまざまなギア比があり、その中でシーバスリールとして使われるギア比はノーマルギアとハイギアのものが主に使用されています。

定番はハイギアで、糸巻量が多いため手返しよい釣りが可能です。 ポイントを狙って遠投を繰り返す状況も多いので、糸巻量の多さはテンポよく攻められるため大きな武器となります。 シーバスフィッシングにおいて飛距離が必要なサーフや河口、根の荒い磯などで釣りをすることが多い方におすすめです。

ノーマルギアはもっとも種類が多く、安定したスピードで引けるのでシーバスに対してスローな誘いがしやすい点がメリットなので、各ルアーに対しても問題なく扱える万能なギア比となっています。

自重

SpinReels.pro on Instagram: “SHIMANO 18 EXSENCE Ci4+ #exsenceci4…” (65313)

最近のリールは大きく分けて金属、カーボン、樹脂の3つの素材で作られています。

金属は剛性が強い分リール自体も重くなり、樹脂は3つの中でもっとも軽量ですが、耐久性があまり強くないのが欠点です。
カーボンはある程度耐久性もあり、重くないため、多くのリールで採用されていますが、ほとんどが中級機以上と価格が高い点が挙げられます。

シーバスフィッシングはルアーを巻いてくる際に情報が伝わりやすい軽いものを重視して選びましょう。ただし、タックルバランスが悪くなるなど、使う竿によってバランスを取る必要があります。自重の比較をする際は基準となる番手が3000番手なので、サイズや番手で比較するとわかりやすいです。

シーバスリールのおすすめランキング

シーバス用リールは大手メーカーでも販売されていますが数は多くないので、今回は汎用リールを含めた人気があっておすすめできるリールを10個厳選し、ランキング形式にて紹介します。

値段の高い人気の機種になるにつれ、素材やギアの精度、軽量化など各部がこだわった作りになっているので、欲しいと思ったときは手にとって触ることで、見るだけではわからない重量感などの情報が買いたい気持ちを高めるでしょう。

釣具店に行けば、興味を持ったリールに触って巻き心地を確認できるのでおすすめです。
さまざまなリールの中から、シーバスを狙うときに最適なものを選んだため、きっと理想のシーバス用リールを選ぶ参考になるでしょう。

人気シーバスリールのおすすめランキング第10位

シマノ サハラ C3000HG

 (65090)

ギア比 6.2
自重(g) 250
最大ドラグ力(kg) 9.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 91
ナイロン糸巻量(lb-m) 10-180、12-150、16-100
PE糸巻量(号-m) 1-400、1.5-270、2-180
シマノから販売されているスピニングリール。特徴は、力を無駄なく伝えるシマノの独自技術、ギアシステムX−SHIPを搭載したリールの中では、もっとも安い価格で買えるリールです。

キャスト時の疲労軽減やロッドの操作性を上げたGフリーボディ。独自技術のHAGANEギアで作られたギアは、長期間摩耗に耐え、硬く粘り強く滑らかな巻き心地を実現。ドラグは耐久性に優れた大径タイプのドラグノブを搭載しています。

操作性が高く、シーバスとのファイトの途中でも細かなドラグ調整が可能なので瞬時に対応でき、自重においても3000番サイズのリールとして250グラムと比較的軽量で糸巻量もあり、価格が非常に安いのも魅力的です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

人気シーバスリールのおすすめランキング第9位

ダイワ レガリス LT3000-CXH

Amazon | ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT3000-CXH | ダイワ(DAIWA) | スピニングリール (65252)

ギア比 6.2
自重(g) 220
最大ドラグ力(kg) 10
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 93
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-150、10-120、12-100
PE糸巻量(号-m) 1-200、1.2-190、1.5-170
ダイワから販売されているスピニングリール。元は中位機種で導入されていたダイワの新基準、ライト&タフをエントリーモデルにも反映させたリールです。

滑り出しがスムーズで、シーバスに違和感を与えにくく、シーバスの引きに対して滑らかに追従しながら効き続けるATD。ローターの軽量化により自重を軽減し、回転のレスポンスや巻き感度が向上したエアローター。今までのギアよりも精度が高く、剛性も上がったタフデジギアなど、さまざまな技術がこのリールに採用されています。

自重も220gと3000番サイズのエントリーモデルとしては軽くなっており、糸巻量も多く、シーバスに根へ潜られるのを防げるため初心者の方にもおすすめです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第8位

シマノ ストラディック C3000HGM

Amazon | シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ストラディック C3000HGM | シマノ(SHIMANO) | スピニングリール (65258)

ギア比 6.0
自重(g) 245
最大ドラグ力(kg) 9.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 88
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-130、10-110、12-85
PE糸巻量(号-m) 1-220、1.2-150、1.5-135
シマノから販売されているスピニングリール。永遠に変わらない巻き心地を設計思想として掲げたHAGANEによって生み出されたリールであり、HAGANEギアを搭載した中位機種では初めてのリールです。

HAGANEは、HAGANEギアのほかに、不意の衝撃にも耐える剛性と耐衝撃性を持たせたHAGANEボディ、巻く力を効率的に伝える配置と設計であるX-SHIPの3つによって構成されています。

このリールには、パワーロスを防ぐ高剛性ローターや、剛性アップを目的としたステンレス製ベールなどもついているので、シーバスフィッシングに必要な高い剛性を持ちつつ性能に対して価格も比較的安いのでこのランキングです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第7位

ダイワ カルディア LT3000-CXH

 (65263)

ギア比 6.2
自重(g) 195
最大ドラグ力(kg) 10
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 93
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-150、10-120、12-100
PE糸巻量(号-m) 1.0-200、1.2-190、1.5-170
ダイワから販売されているスピニングリール。こちらもダイワの新基準であるライト&タフをコンセプトとしたリールで、ダイワ独自の特殊カーボン素材ザイオンを採用しています。

ザイオンはリールの軽量化を実現しながら、大型のシーバスに耐えられる耐久性が自慢です。スプールには、アルミ素材を採用することで従来よりも更に薄くなり、ツバ部分の形状も見直し、釣りをより快適にするロングキャストタイプのアンチバックラッシュシステムを搭載しています。

自重は3000サイズで200gを切るなどシーバスリールとして驚異的な軽さ。糸巻量も多く比較的安いので、買いたい、選びたいと思わせる魅力から、このランキングです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第6位

シマノ エクスセンス CI4+ C3000MHG

 (65270)

ギア比 6.0
自重(g) 195
最大ドラグ力(kg) 9.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 88
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-130、10-110、12-85
PE糸巻量(号-m) 0.8-300、1-220、1.2-150
シマノから販売されているスピニングリール。このリールは人気のシーバスフィッシング専用機で、シーバスを狙うにあたって必要な機能を兼ね備えています。

リールに欠かせないAR-Cスプールや、Gフリーボディに加え、巻き始めがとても軽く、慣性力を抑えたマグナムライトローター。シマノ独自の技術HAGANEギアに、瞬時にドラグ調整をしたい場面で役に立つラピッドファイアドラグ。中位機種に多いCI4シリーズの中で唯一防水壁と撥水グリスを併用した強力な防水構造であるXプロテクトの4つを採用しているのがすばらしいです。

中位機種でシーバス用のリールを選ぶのであれば、喉から手が出る程欲しいこのリールをおすすめします。

人気シーバスリールのおすすめランキング第5位

ダイワ ルビアス 3012H

 (65278)

ギア比 5.6
自重(g)  250
最大ドラグ力(kg) 7
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 95
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-200、12-150
PE糸巻量(号-m) 1.5-200
ダイワから販売されているスピニングリール。

強度はそのままに大幅な軽量化を実現し、同形状であればダイワのスピニングリールに付いているスプールリングの中でもっとも軽くて硬い物です。
水や埃など異物の侵入を防ぐダイワ独自の防水技術マグシールドに、軽量、高精度、高剛性のジュラルミン製デジギアを搭載することで、緻密で滑らかな巻き心地を長期間維持できます。

ドラグは最上位機種とほぼ同一セッティングのオートマチックドラグシステムを採用しているため、シーバスを狙う上で中位機種を超えた性能を持つリールなので、このランキングです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第4位

シマノ ツインパワーXD C3000HG

 (65284)

ギア比 6.0
自重(g) 235
最大ドラグ力(kg) 9.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 88
ナイロン糸巻量(lb-m) 10-180、12-150、16-100
PE糸巻量(号-m) 1-400、1.5-270、2-180
シマノから販売されているスピニングリール。特徴は過剰なほどの耐久性をテーマに、従来のツインパワーをチューンしたリールです。

シマノの独自技術HAGANEギアに高精度の加工技術を施し、従来の大型機種と並ぶ強度を実現。強化された防水構造であるXプロテクトで防水性もアップ、ドラグ部分にはカーボンクロスワッシャーを採用し、ドラグの滑り出しはなめらか、摩擦熱によるドラグ性能の変化が非常に小さいので耐久性も大幅に上がっています。

これまでの常識を覆すほどの剛性を備えたことで、サーフや磯などの剛性や糸巻量の多さを求められるフィールドで大型のシーバスを狙って釣りをする方にとって大きな武器になるのでおすすめです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第3位

ダイワ セルテート 3012H

 (65288)

ギア比 5.6
自重(g) 270
最大ドラグ力(kg) 7
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 95
ナイロン糸巻量(lb-m) 12-150、16-100
PE糸巻量(号-m) 1-280、1.5-200
ダイワから販売されているスピニングリール。このリールは回転性能と剛性の二つを極限まで突き詰めたもので、最新鋭の技術が導入されています。

防水技術のマグシールドを他のリール同様に搭載していますが、マグシールドベアリングをドライブギアの両軸に付けるなど、リール全体に搭載する事で、ハンドル回転時のわずかな抵抗さえも消し去り、歴代最高の防水・耐久性能を実現。新構造のモノコックボディを一部モデルに搭載したことで、強度、防水性、防塵性を同時に高めることに成功しています。

ローターも従来のエアローターよりも軽量化しており、回転性能も高水準なので、大型シーバスを狙って釣りをする際でも快適に扱えるでしょう。

人気シーバスリールのおすすめランキング第2位

シマノ ステラ 3000MHG

Amazon | シマノ リール スピニングリール 18 ステラ 3000MHG | シマノ(SHIMANO) | スピニングリール (65294)

ギア比 5.8
自重(g) 225
最大ドラグ力(kg) 9.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 86
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-130、10-110、12-85
PE糸巻量(号-m) 1-190、1.2-150、1.5-120
シマノから販売されているスピニングリール。このリールはシマノのスピニングリールでは最上位です。

シマノスピニングリール定番のHAGANEギアがさらに進化、ギアのサイズなどを変えることなく、設計だけでワンサイズ上のリールギア強度へ性能がアップ。ギアの歯も、設計を見直したマイクロモジュールギアⅡで音鳴りの低減や滑らかなフィーリングへ向上、ボディ全体の基本設計から駆動部品まで見直し、滑らかな回転性能や、静かな巻き心地を実現したサイレントドライブなどの新技術が搭載されています。

シーバスを狙って釣りをする際は1サイズ落としてもしっかりと対応できるため、よりタックルの軽量化が可能なのでおすすめです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第1位

ダイワ モアザン 3012H

 (65302)

ギア比 5.6
自重(g)  285
最大ドラグ力(kg) 7
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 95
ナイロン糸巻量(lb-m) 12-150、16-100
PE糸巻量(号-m) 1.5-200
ダイワから販売されているスピニングリール。このリールも最上位であり、シーバス専用設計です。

ダイワ独自の技術マグシールドやエアローター、オートマチックドラグシステムを搭載しており、高剛性かつ軽量で、マグネシウムを上回る強度のザイオンを採用。高負荷時のねじれや歪みを防ぎ、滑らかな回転や高耐久性を生み出す剛性の高いアルミニウム素材を使用したスーパーメタルボディも搭載しています。ドライブギアは高強度の素材で大口径化し、強度と耐久性が大幅に向上、歯面の形状を根本的に見直して、理想のかみ合わせを実現したものがハイパーデジギアです。

シーバスを狙うにあたってこれ以上ない性能で、とくにおすすめとなっています。

自分に合ったリールを見つけよう

シーバスフィッシングは身近なポイントで始められるので、初心者でも簡単にはじめられる人気の釣りです。シーバスの引きにはまる人が多く、メーカーもシーバス専用のタックルを開発し、海水使用が可能な汎用リールも発売されています。

シーバスフィッシングはリールのドラグ性能と巻き心地が非常に重要です。シーバスリールの選び方は基本的には釣りに行くフィールドと狙うシーバスのサイズで決めましょう。

試行錯誤を重ね、自分が一番使いやすいシーバス用リールを見つけるのが一番の楽しみです。多くのリールに触れることで、自分の感覚に合った欲しいシーバス用リールの選び方ができるので、買いたいと思ったら迷わず買いましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。