2020年2月5日 更新

スコーンリグとは?使い方やおすすめスイミングジグとシャッドテールを紹介

スコーンリグはラバージグとシャッドテールを合わせたスイミングジグです。プリスポーンのデカバスの釣果実績が高く、湖から野池まで全国の様々なフィールドで活躍しています。スコーンリグの使い方と各メーカーから販売されているおすすめのアイテムについて徹底解説していきます。

3,895 view お気に入り 0

ザップ PDチョッパー

 (93106)

メーカー ザップ
自重 10.5g
ザップから販売されているスイミングジグ。ヘッドとフックのセッティングにこだわることで、ウィード帯なども安定して引いてこれる抜群のヘッド形状を実現しました。様々なメディアで活躍する人気プロアングラーである秦拓馬が愛用していることでも知られており、全国のフィールドで多くのデカバスをキャッチしています。

デプス ハイパーフットボールジグ

 (93118)

メーカー デプス
自重 14g
デプスから販売されているスイミングジグ。デカバスを狙ったスイミングでの釣りを前提として開発されたアイテムであるため、まるでベイトフィッシュと見間違えてしまうようなリアルなアクションでバスにアピールします。シャッドテールワームの本来の動きをより引き出すことができる、まさにスコーンリグのためのスイミングジグです。

スコーンリグにおすすめのシャッドテールワーム3選

スコーンリグのトレーラーとして使われるワームはシャッドテールワームがほとんどです。

シャッドテールワームはバス釣りの定番アイテムとして各メーカーにラインナップされているため、どのアイテムを選べば良いか迷ってしまう方も多いです。ここではそんなシャッドテールワームの中でも特にスコーンリグに適したアイテムを紹介します。

ハイドアップ スタッガーオリジナル

 (93133)

メーカー ハイドアップ
全長 5インチ
ハイドアップから販売されているシャッドテールワーム。スライドスコーンジグのトレーラーとしてリリースされており、抜群のアピール力で広範囲のバスの捕食本能を刺激します。デカバスの実績がある湖はもちろん、野池や河川など様々なフィールドで釣果実績をあげている定番アイテムです。

ケイテック スイングインパクトファット

 (93139)

メーカー ケイテック
全長 4.8インチ
ケイテックから販売されているシャッドテールワーム。バス釣り用のシャッドテールワームの中ではシチュエーションを問わず活躍する、万能アイテムとして人気を集めています。水を噛むワイドなテールアクションは広範囲のバスに対してアピールができます。スコーンリグのトレーラーとして使うことで、その抜群のアクションをさらに引き立てることが可能です。

OSP ドライブシャッド

 (93147)

54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギングはSLJと呼ばれ、近年人気な釣り方の1つです。多くの魚種が狙え、大型サイズの釣りを楽しむことができます。ベイトリールを選ぶときはギア比・軽量性・メーカーで選び、自分に合ったリール選びが重要です。スーパーライトジギングはアクションも多く疲労が溜まりやすいため、初心者は軽量で操作性が優れたリールを選ぶようにしてください。
釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズとは魚が釣れないことです。通常は狙っている魚が釣れない場合にボウズと呼ばれ、1匹も釣れない場合は丸坊主とも呼ばれます。ボウズの由来には3つの諸説があり、比喩から生まれた言葉です。釣りにボウズは付きものですが、実績の高い釣り場選びや臨機応変な釣り方をすることで避けることができるでしょう。
9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月は堤防で大物の魚が釣れるシーズンです。小型の青物の群れが沿岸を回遊し、小魚の群れを追いフィッシュイーターたちも接岸する季節で、岸からでも大物が釣りやすい魚釣りのベストシーズンといえます。9月の釣りの特徴はルアーや簡単な仕掛けで多種多様な魚が釣れる季節です。
大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法は、大潮の干潮と満潮を知り大潮の釣りのポイントをおさえることです。大潮の日は、潮の流れが速くなるため魚の動きが活発になります。大潮ならではの釣り方をすれば、釣果を上げることが可能です。大潮の釣りに行くときには、攻略法をぜひ参考にしてください。
長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮は潮の満ち引きが少なく、釣果があがりにくい潮回りです。長潮の攻略法はベイトの多いポイント選びで、防波堤の先端、ブレイク、常夜灯、ストラクチャーといった1級ポイントを丁寧に攻めましょう。長潮でよく釣れる魚はアオリイカやヒラメで、潮回りに合わせてターゲットを選ぶことも釣果アップに繋がります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01