2019年3月11日 更新

ジグヘッドの結び方特集!初心者でも簡単にできる方法とは?

アジングやメバリングで多用するジグヘッド。初心者でも楽しめるライトゲームですが、ラインの結び方をきっちりマスターしていますか?ここではジグヘッドの基本的な結び方をアングラー初心者の方にも分かりやすいよう、丁寧に解説します。

107,222 view お気に入り 0
 (73053)

ラインの結び目を軽く舐めて湿らせた後、先端と根元をゆっくり引いて締め込みます。余分な部分をカットすれば出来上がりです。

クリンチノットのポイント

クリンチノットはジグヘッドだけでなく、ルアーやタルカン、スナップスイベルなど様々な場面でよく使う結び方です。この結び方はとても簡単なので、初心者が一番最初に覚える結び方としてぴったりです。アジングやメバリング、シーバスやムラソイなど様々な釣り方に対応しています。この結び方はキャロライナリグや、ダウンショットリグなど様々なタックルで有効です。

ジグヘッド結び方②(ユニノット)

ユニノットの結び方手順①

 (73054)

クリンチノットと並び、ユニノットは基本的な結び方です。この結び方は他の結び方でもよく使うので、しっかりとマスターしておきましょう。まずラインをジグヘッドのリングに通し、折り返してから先端の部分で輪を作ります。

ユニノットの結び方手順②

 (73055)

①でできた輪の中にラインの折り返した先端を5回前後通して絡めます。絡める時にジグヘッドをくるくる回すと絡めやすいのですが、ジグヘッドの釣り針で怪我をしないように注意しましょう。

ユニノットの結び方手順③

 (73056)

結び目を軽くなめて湿らせ、ライン先端とライン根元をゆっくりと引いて締め込みます。

ユニノットの結び方手順④

 (73057)

結び目をジグヘッドのリングに寄せて締め込み、先端の余った部分を切れば完成です。

ユニノットのポイント

ユニノットは強度が高い結び方なので、アジングやメバリングの際はもちろんですが大型のロックフィッシュを狙う場合も使える結び方です。ジグヘッドのサイズが大型になっても結び方は変わりません。この結び方はラインとラインを結ぶ電車結びなどでも使うため、覚えておきたい結び方でもあります。この結び方はキャロライナリグや、ダウンショットリグなど様々なタックルで有効です。

ジグヘッド結び方③(フリーノットA)

フリーノットAの結び方手順①

 (73098)

フリーノットはルアー(ワーム)の動きを、より自然に行うための結び方になります。ルアーに直接ラインを結びつける時はこのフリーノットがおすすめです。この結び方も釣り針で手を怪我しないよう、充分に注意しましょう。ラインに固結びで輪を作り、先端をルアーのリング(アイ)に通します。できた固結びの輪の中にラインの先端を通します。

フリーノットAの結び方手順②

 (73099)

91 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

C.C.XY C.C.XY