2021年2月14日 更新

パワーフィネスロッド19選!ダイワ・シマノのメーカー別のおすすめロッドとは?

パワーフィネスロッドはベイトタックルとスピニングタックルの隙間を狙うことができる実用的なアイテムで、スレたバスにアプローチして釣り上げることが可能になります。パワーフィネスロッドはタイプがあり、バーサタイルタイプはおかっぱり向け、エキスパートタイプはボート釣りに向いています。

2,657 view お気に入り 0

パワーフィネスロッドとは?

 (216401)

パワーフィネスロッドとは、通常柔らかいスピニングロッドに細いラインと軽いルアー使用するスピニングタックルの特性を活かしつつパワフルにしたロッドです。

パワーフィネスロッドの多くは竿先のティップが柔らかく根元のバット部分が固く仕上げてありPEラインと合わせることで軽いルアーをカバーに入れてもバスを引っ張り出すことができます。

パワーフィネスとベイトフィネスの違い

ライン ルアー キャスティング制度 飛距離 強度
パワーフィネス PE 超軽量〜 低い 遠投可 強い
ベイトフィネス フロロ 軽量〜 高い 遠投不可 とても強い
パワーフィネス
強度のあるスピニングロッドとPEラインを使うことで軽いルアーやワームのライトリグでも飛距離を伸ばし、通常は狙うことができないブッシュやヘビーカバーも狙うことができます。

ベイトフィネス

通常のベイトタックルはパワーがある分、軽いルアーを投げることができませんがベイトフィネスは弱点を克服しパワフルかつ柔らかなタックルで軽いルアーを扱うことができます。

パワーフィネスロッドの特徴

 (216402)

パワーフィネスロッドの特徴は、軽いルアーを遠くまで飛ばすことができる柔軟さとストラクチャーからバスを引っ張り出すパワーを兼ね備えていることです。ライトリグでヘビーカバーを攻められることで、バスが口を使う確率が格段に上がり、釣果アップに直結します。

パワーフィネスロッドの長さ

パワーフィネスロッドは6.5~7フィートが一般的で短いロッドはルアーの飛距離が伸び辛く、反対にロッドが長すぎるとルアーをピンポイントにストラクチャーに落とすことが難しくなります。パワーフィネスロッドを始めて購入する場合は飛距離と操作性を兼ね備えた6フィート3インチ〜6フィート6インチを選択するとよいでしょう。

パワーフィネスロッドの硬さ

パワーフィネスロッドの硬さはML~MHが一般的で、ファーストテーパーの穂先を中心に曲がるモデルを選ぶとよいです。ファーストテーパーなロッドはソリッドティップが採用されている場合が多く、竿先が柔らかくバットの部分が硬く作られ、パワーと柔軟さを兼ね備えたパワーフィネスにマッチします。

MHやHと聞くと硬いイメージがありますがパワーフィネスロッドはティップが柔らかく安心して軽量ルアーを扱うことができます。

パワーフィネスのおすすめスピニングロッド9選

 (216403)

パワーフィネスロッドは数多くの釣具メーカーが販売していますが、普段の自分の釣り方で選ぶ必要があります。おかっぱりがメインの方は移動が多くロッドの本数を絞る必要があり、3/16〜1/2オンスの幅広いルアーに適合しているタイプのロッドがよいでしょう。

ダイワ : ブラックレーベル(6101MLFS)

 (209106)

全長 6.11 ft/2.11m
継数 1
硬さ ML
自重 135g
適合ルアー重量 2〜14g
レベル 初・中級者向け
ダイワのブラックレーベルシリーズ6101MLFSは近距離のブッシュやカバーの点の釣りからロングキャストに対応するパワーフィネスロッドです。

竿先のLDBガイドが絡まりやすいPEラインのトラブルを軽減させ、PEに不慣れな方も安心して釣りをすることができます。ブラックレーベル6101MLFSはパワフルな釣りと繊細な釣りの両方で活躍するオールラウンドなロッドで、おかっぱりバサーにおすすめです。

ダイワ : エアエッジ(684ML+S)

 (209570)

全長 6.8 ft / 2.03m
継数 4
硬さ ML+
自重 108g
適合ルアーウェイト 4~12g
レベル 初心者向け
132 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スーパーライトジギングロッドおすすめ10選!初めての1本はどう選ぶの?

スーパーライトジギングロッドおすすめ10選!初めての1本はどう選ぶの?

初めての1本におすすめできるスーパーライトジギングロッド10選です。スーパーライトジギングロッドに求められる基本性能は、軽量なジグの操作性と大物とファイトできるパワーです。さまざまメーカーから発売されている特徴の異なったモデルの中から、よく行く釣り場と自分の釣りスタイルに最適な、基本性能を搭載したロッドを選ぶことが重要です。
バス釣りのスピニングリール用ラインとは?太さなどの選び方とおすすめライン9選

バス釣りのスピニングリール用ラインとは?太さなどの選び方とおすすめライン9選

バス釣りのスピニングリール用ラインはフロロカーボン・ナイロン・PEの3種類で、5ポンド前後の太さが定番です。バス釣りの初心者におすすめのスピニングリール用ラインはナイロンで、強度のある6ポンド前後を選びましょう。スピニング用ラインの選び方に悩んでいる方は使い方に合わせて種類と太さを決めてください。
スーパーライトジギングリールおすすめ10選!ダイワ・シマノの初心者向けリールとは?

スーパーライトジギングリールおすすめ10選!ダイワ・シマノの初心者向けリールとは?

スーパーライトジギングリールおすすめ10選は、ダイワとシマノから発売されているコスパに優れた初心者向きのリールをピックアップしています。スピニングとベイトの特徴を理解し、スーパーライトジギングに適したリールを選ぶことが重要です。初心者はトラブルの少ないスピニングがおすすめで、釣りに行くポイントや対象魚に適したモデルを選びましょう。
竹沼貯水池のバス釣りポイント5選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

竹沼貯水池のバス釣りポイント5選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

竹沼貯水池のバス釣りは、おかっぱりで釣ることができるエリアが豊富にあり産卵時期を迎える4月から5月が釣果の期待できるハイシーズンとなります。竹沼貯水池のバス釣りのおすすめは、ワンドを狙うことです。ワームやスピナーベイトを使うことで釣果が期待できます。初心者には、足場のよいダムサイドがおすすめです。
阿武隈川のバス釣りポイント9選!おかっぱりから狙えるおすすめ場所とは?

阿武隈川のバス釣りポイント9選!おかっぱりから狙えるおすすめ場所とは?

阿武隈川のバス釣りは春と秋のハイシーズンに40〜50cmのスモールマウスバスを狙えますが、ブラックバスの釣果情報は少ないです。阿武隈川のバス釣りのおすすめポイントは流れに溜まる小魚を食べる高活性なスモールマウスバスが狙える白石川で、広範囲を素早く探れるバイブレーションで流れのヨレを探りましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous