Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. 10月のバス釣りを攻略し...
10月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは巻き物?

10月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは巻き物?

10月のバス釣りは巻き物で広範囲を探ることが大切で、ベイトフィッシュを意識してアプローチしましょう。10月のバスは水温が安定するため、広いフィールドを泳ぎ回って餌を捕食します。狙うポイントはベイトフィッシュが溜まるシャローやブレイクで、スピナーベイトやクランクベイトで素早くアプローチしましょう。

2021.12.16 釣り

10月のバス釣りとは?

Login 窶「 Instagram (137024)

10月のバス釣りは広範囲を探ることが大切です。10月のブラックバスは水温が下がり、活性が高くなるため広範囲の動き回って餌を捕食します。秋はバス釣りのハイシーズンになるのでテンポよく釣りを展開していきましょう。

10月のブラックバスの特徴

10月のブラックバスは水温の低下で活性が上がり、広範囲に散らばって餌を捕食します。9月の定番ポイントであるシェイドやカバーに依存しないブラックバスが増えるため、カバー撃ちでは反応がないことも多いです。

秋のブラックバスはベイトフィッシュを追いかけて捕食するため、ベイトフィッシュの有無は必ずチェックしましょう。

10月の水温

10月の水温は関東圏で21度〜23度と言われています。ブラックバスは水温25度以下になると活性が上がるため、10月は日中もベイトフィッシュを追いかけて捕食することが多いです。

秋のバス釣りでは水温の影響によるターンオーバーに注意しましょう。朝の急激な冷え込みによって水質が急激に悪化するため、ブラックバスの活性も極端に下がりレンジもシビアになります。

10月のおすすめの時間帯

10月のバス釣りは1日中釣果を期待できます。ブラックバスの好む水温が維持されるため、日が差している時間帯でも広範囲で餌を捕食することが多いです。

まずめの時間帯は年間を通して釣果があがるゴールデンタイムですが、急激な冷え込みが予想される日はブラックバスの活性が下がるので注意しましょう。

10月のバス釣りの攻略法

Login 窶「 Instagram (137025)

10月のバス釣りはポイントに合わせたアプローチができれば数釣りも楽しめます。10月の攻略法を参考に基本的なアプローチを理解しましょう。

湖(琵琶湖・霞ヶ浦など)

Login 窶「 Instagram (137026)

琵琶湖や霞ヶ浦といった湖はアピール力の高い巻き物が攻略の鍵です。広い湖に散ったブラックバスを反応させるには、巻き物のなかでもアピール力のあるスピナーベイトを使って広範囲を素早くチェックしましょう。

湖はベイトフィッシュが流れ込みや水門に溜まりやすいので、ポイントが絞りにくいときはベイトフィッシュの有無を確認してください。

野池

  •        
  •        
  •        
  •       
    
Login 窶「 Instagram (137027)

10月の野池はターンオーバーを意識したルアー選びが大切です。野池の水はターンオーバーによる濁りの影響が出やすいため、クランクベイトやバイブレーションといったリアクションバイトを誘えるアイテムを選びましょう。

野池のシャローエリアはターンオーバーの影響を受けにくいため、濁りがきついときはシャローを重点的に狙ってください。

10月のバス釣りで狙うポイント

Login 窶「 Instagram (137031)

10月のバス釣りは狙うポイントを見極めにくいため、地形変化や水深を意識してポイントを選びましょう。地形変化は水中の状況をイメージするとアプローチしやすいです。

ブレイク

Login 窶「 Instagram (137028)

ブレイクは10月のブラックバスが好む鉄板のポイントで、大型の釣果も期待できます。秋シーズンのブラックバスはベイトフィッシュを捕食するためにブレイクを回遊するため、沖目を意識してアプローチしましょう。

シャロー

Login 窶「 Instagram (137029)

シャローはテンポよくブラックバスにアプローチできます。10月のブラックバスはシャローにベイトフィッシュを追いかけて入ってくることも珍しくありません。沖目まで遠投しなくてもアプローチできるため、秋のバス釣りが苦手な方は積極的に狙ってみましょう。

バックウォーター

Login 窶「 Instagram (137030)

バックウォーターは湖やダムに流れ込む流入河川で、水質が綺麗な特徴があります。10月の釣り場は湖でも濁りが発生することがあるので、本湖で反応が出ないシチュエーションではバックウォーターに足を運びましょう。

10月のバス釣りでおすすめのルアー

Login 窶「 Instagram (137032)

10月のバス釣りはベイトフィッシュを意識した巻き物をルアーに選びましょう。巻き物はポイントや水深によって使い分けができるので、状況に合わせた使い分けが釣果アップに繋がります。

スピナーベイト

Login 窶「 Instagram (137033)

スピナーベイトは巻き物のなかでもシーズンを問わず活躍します。10月のブラックバスは広範囲に散っているシチュエーションが多いので、遠投力のあるタックルで広範囲を早巻きしてチェックしましょう。

スピナーベイトを選ぶポイントはアピール力のあるダブルウィローで、14グラム以上のウエイトがぴったりです。
O.S.Pのハイピッチャーマックス

O.S.Pのハイピッチャーマックス

メーカー O.S.P
自重 14g
O.S.Pから販売されているスピナーベイト。ハイピッチャーマックスは遠投性能の高いコンパクトなボディと広範囲のブラックバスを反応させるアピール力が魅力です。

トレーラーワームは同じくO.S.Pから販売されているドライブスティックをセッティングしましょう。

クランクベイト

Login 窶「 Instagram (137034)

クランクベイトはシャローエリアの攻略に長けたルアー​です。野池のターンオーバー対策におすすめで、狙ったレンジを引いてくるシチュエーションでも活躍します。

ブラックバスがいるレンジがわかれば、数釣りも楽しめる10月にぴったりのルアーです。
レイドジャパンのレベルクランク

レイドジャパンのレベルクランク

メーカー レイドジャパン
自重 10.5g
レイドジャパンから販売されているクランクベイト。レベルクランクはシャローエリアでのレンジキープ力と抜群の遠投性能があるため10月のブラックバス攻略に最適です。

根掛かりの回避性能も高いため、根掛かりが気になるポイントでも積極的に使えるルアーになります。

バイブレーション

Login 窶「 Instagram (137035)

バイブレーションはリアクションバイトを引き出せるルアーで、濁りや急激な冷え込みに効果を発揮します。水深のあるポイントに有効で、湖やダムで積極的に活用したいです。

10月のブラックバスはただ巻きが定番ですが、季節の進行に合わせてリフト&フォールも組み合わせましょう。
ジャッカルのTN60

ジャッカルのTN60

メーカー ジャッカル
自重 12.7g
ジャッカルから販売されているバイブレーション。TN60はタングステン素材のウエイトを搭載しており、バイブレーションのなかでも優れた遠投性能があります。

10月のバス釣りでは野池から湖まで幅広いフィールドで活躍するアイテムです。

10月のバス釣りはベイトフィッシュを意識した巻き物で攻略しよう!

10月のバス釣りは巻き物で広範囲を探ることが大切です。10月のブラックバスは水温が適水温に近いため、ベイトフィッシュを追いかけてフィールドの広い範囲を泳ぎまわります。ポイントによっては急激な冷え込みによるターンオーバーが起こるため、影響が出にくいシャローエリアを中心にクランクベイトやスピナーベイトでアプローチしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。