2019年8月11日 更新

はじめて冬のバス釣りする人必見!おすすめのワームとカラーを徹底解説

1年の中でもっとも釣るのが難しいと言われる冬のバス釣り。冬のバス釣りにはじめて挑戦した方はその難しさに悩んでいるのではないでしょうか。しかしワームやカラー、使い方をしっかりと理解すれば、しっかりと冬バスを攻略できます。初心者の方は要チェックの冬バスの攻略法を徹底解説していきます。

6,279 view お気に入り 0
ゲーリーヤマモトから販売されているレッグワーム。弱った小魚をイミテートしたナチュラルなアクションは冬のバス釣りなど、バスが口を使いにくいタフなシチュエーションに非常に効果的です。ワーム自体のシルエットが小さめであるため使用する際はシンカーを組み合わせた使い方がおすすめ。レッグワームとダウンショットリグを組み合わせた一点シェイクでのアプローチはシャロー、ディープ問わず活躍する冬の大人気セッティングの一つです。

冬に合わせたワーム選びでバスを釣ろう!

冬のバス釣りは水温の低下からバスの活性が下がりやすく、春から秋にかけてのバス釣りに比べると難易度が高めです。しかしバスのつきやすいエリア選びや、食わせ力の高いワーム選びを心がけることで初心者でもしっかりとした釣果をあげることができます。おすすめのワームやカラーを参考に冬のバスを徹底攻略していきましょう。
79 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

山中湖のバス釣り情報ガイド!おかっぱり・ボートのポイント8選で絶対バスが釣れる!

山中湖のバス釣り情報ガイド!おかっぱり・ボートのポイント8選で絶対バスが釣れる!

山中湖のバス釣りはおかっぱりとレンタルボートで楽しめます。山中湖のバス釣りポイントはデニーズ前がおすすめで、シャッド系ワームでウィードに丁寧にアプローチすれば初心者もブラックバスの反応が得やすいです。山中湖のブラックバスは放流もされているので、放流直後のタイミングにエントリーすることも大切になります。
西湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

西湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

西湖は西湖は富士五湖の1つである山梨県の湖でバス釣りをおかっぱりとレンタルボートからブラックバスの動きを見ながらサイトフィッシングが楽しめます。西湖のバス釣りポイントはおかっぱりの西湖レストハウスがおすすめで、遠投力のあるタックルとスピナーベイト、バイブレーション、シャッドといったベイトフィッシュを意識したルアーを用意してください。
相模湖のレンタルボート屋おすすめ10店!バス釣りの貸しボートを免許不要で借りよう

相模湖のレンタルボート屋おすすめ10店!バス釣りの貸しボートを免許不要で借りよう

相模湖のレンタルボート屋は初心者でも楽しめる免許不要艇を一律3500円で利用できます。相模湖のおすすめのレンタルボートは初心者でも利用しやすい秋川屋で、公共交通機関を利用する方には小川亭も人気です。相模湖のレンタルボート屋はホームページに釣果情報が掲載されているので、事前にチェックしましょう。
梅雨のバス釣り攻略!ブラックバスの状態に適したルアーとは?

梅雨のバス釣り攻略!ブラックバスの状態に適したルアーとは?

梅雨のブラックバスはアフタースポーンや天候の影響で餌を積極的に追いかけるので、ルアーにも積極的に反応します。梅雨のバス釣りのおすすめルアーはバズベイト、ポッパー、ペンシルベイトといったトップウォーターで、オープンエリアを中心に広範囲をテンポよく探ることが釣果アップに繋がります。
相模湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

相模湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

相模湖は関東圏で有名なブラックバス釣りが楽しめるスポットです。相模湖のバス釣りはレンタルボートがおすすめで、はじめての方は秋川屋さんのレンタルボートを利用しましょう。相模湖のレンタルボートポイントは吉野ワンドの釣果実績が高く、ライトリグや虫系ルアーで大型のブラックバスも狙えます。タックルは6フィート台のスピニングタックルとベイトタックルを2種類用意しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01