Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. 秋のバス釣りの攻略しよう...
秋のバス釣りの攻略しよう!秋はベイトフィッシュが重要?

秋のバス釣りの攻略しよう!秋はベイトフィッシュが重要?

秋のバス釣りではバスが小魚などのベイトを積極的に追いかけるため、ベイトフィッシュを意識した釣りを展開しましょう。ベイトフィッシュが溜まりやすい流れ込みはもちろん、ターンオーバーの影響を受けにくいシャローエリアでの釣りもおすすめです。ここではそんな秋のバス釣りにおすすめのルアーや攻略法を紹介します。

2021.12.16 釣り

秋のバス釣りはベイトフィッシュが鍵を握る!

 (90405)

秋のバス釣りは水温が落ち着きブラックバスの活性が高まる1年の中でもハイシーズンの一つです。この時期のバスはベイトフィッシュを追いかけて積極的に動き回るため、それに合わせたポイントやルアー選びが釣果アップのポイントです。
ハイシーズンでも難しいのが秋のバス釣り
秋のバス釣りは夏と違ってバスのいるポイントが絞りにくいため、一歩間違えれば全くバスの反応が得られないこともあります。季節に合わせたアプローチができなければイージーに釣ることができない点も秋のバス釣りの醍醐味です。

秋のバス釣りにおすすめの釣り場のポイント

 (90406)

秋のバス釣りのポイントを選ぶ時はベイトフィッシュが付きやすい釣り場選びが非常に大切です。秋にベイトフィッシュが溜まりやすいポイントがわからない方は、まずベイトフィッシュが好む釣り場のポイントをしっかりと理解しましょう。

流れ込み

たけちゃん。 on Instagram: “今日の調査わ!サカマタシャッド8inchです。。…” (90409)

インレットやアウトレットと呼ばれる野池や湖での流れ込みは、水通しがよく1年を通して小魚の溜まりやすい定番ポイントです。視覚的にも非常にわかりやすいため、ベイトフィッシュがどこにいるかわからない方はまず流れ込みをチェックしてみましょう。
ベイトフィッシュを探すには?
ベイトフィッシュをチェックする際は水中の様子がわかりやすくなる、偏光グラスなどを用意するのがおすすめです。

シャローエリア

KEIJI OHHARA on Instagram: “裏磐梯の湖 / シャローエリア ♩ 朝一番はシャローでトップウォータープラッキング ♩ ボイルがエリア全体でありました ♩ #シャローエリア #ボイル #lurefishing #bassfishing #smallmouthbass #fenwick #福島県釣り遠征…” (90411)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
秋は急激な冷え込みなどの影響で表層と低層の水が掻き回されるターンオーバーと呼ばれる現象が起こります。ターンオーバーの影響を受けたポイントは水質が悪くなり、ベイトフィッシュの数も少なくなりがちです。水深の浅いシャローエリアはターンオーバーの影響を受けにくく、バスやベイトフィッシュが安定している特徴があります。
ターンオーバーをチェックするには?
ロッドで表層をかき回した際にできる泡がすぐに消えなけれればターンオーバーが発生している可能性が高いです。

秋のシーズンに合わせた攻略法

 (90407)

秋シーズンと言っても夏を引きずっている9月と晩秋の11月では水温やバスの活性も大きく異なります。ただひたすらにベイトフィッシュを追いかける釣りを展開するだけでなく、秋のシーズンに合わせた釣りを展開することも釣果アップの大切な要素です。

9月は夏パターンを必ず試す

8月に比べると気温が下がりはじめ、秋の気配を感じる9月。しかし水中は夏を引きずっていることも珍しくなく、ベイトフィッシュを追いかける高活性のバスだけを狙った釣りを展開するのは少々危険です。まずは夏場の鉄板ポイントにアプローチしながら、シーズンの進み具合を確認してみましょう。
9月におすすめのアプローチ
夏のバス釣りで定番とされるシェイドやディープエリアでバスの反応を確かめてみましょう。

10月は秋シーズンの開幕

水温が下がりはじめる10月は秋シーズンの本格的な開幕を意味します。この時期のバスはベイトフィッシュを追いかけて散るため、素早く広範囲を探れる釣りがおすすめです。ベイトフィッシュがつきやすいポイントを意識しながら、秋の釣りを楽しみましょう。
10月におすすめのアプローチ
ベイトフィッシュをイミテートした巻物で広範囲をテンポよく探ってみましょう。

11月もまだまだ秋の釣りが楽しめる

冬の気配を感じる晩秋の11月。気温が下がりはじめ、徐々にバスの活性も下がると思われがちですが、水中は秋を引きずっていることが多いです。10月同様に秋の釣りが楽しめることもあるため、ベイトフィッシュを意識した釣りを引き続き展開してみましょう。
11月におすすめのアプローチ
ターンオーバーがもっとも発生しやすい時期であるため、シャローエリアを中心に広範囲を探りましょう。

秋のバス釣りにおすすめのルアー

秋のバス釣りではベイトフィッシュをイミテートしたルアー選びが非常に大切です。しかしベイトフィッシュを意識したルアーだけで見ても、各メーカーからは様々なアイテムが販売されています。ここではそんな数多くのルアーの中から秋のバス釣りにおすすめのアイテムを3つピックアップしました。

バイブレーション

t_fishing on Instagram: “最近このルアーでしか釣ってない、、 そろそろデカイの釣りたい、、、(*_*) #ブラックバス #ブラックバス釣り #bass #bassfishing #バス釣り #シマノ #shimano #カシータスmgl #zodias #1610m #釣り #fishing…” (90416)

秋の釣りの大定番とも言われるバイブレーション。遠投性能が高いため広範囲を探れることはもちろん、早巻きにも対応しているため素早くバスの反応を確認したいシチュエーションにもぴったりです。バイブレーションでしっかりと反応が得られるようになれば、秋の釣りの開幕と言っても過言ではありません。
レイドジャパン レベルバイブ

レイドジャパン レベルバイブ

メーカー レイドジャパン
全長  54mm
自重 10.5g
レイドジャパンから販売されているバイブレーション。コンパクトなサイズ感ながら非常に遠投性能が高く、広範囲を素早くチェックしたい秋の釣りにおすすめです。トラブルの多いバイブレーションの弱点を徹底改善しており、初心者にも扱いやすいアイテムです。

クランクベイト

オオモリ ショウ on Instagram: “ブリッツマグナムMRと言っておけばでかく見える今日の釣果😝  #子バスとの戯れ #osp #オーエスピー  #blitz #ブリッツ #blitzmr #blitzmagnummr  #legitdesign #レジットデザイン  #wildside #ワイルドサイド #wsc…” (90418)

ベイトフィッシュをイミテートしたルアーの代名詞でもあるクランクベイト。リップの長さによって探れるレンジがコントロールできるため、バスのつくレンジがわかっているシチェエーションで大活躍します。秋の定番エリアであるシャローエリアを快適に引ける点も魅力です。
OSP ブリッツ

OSP ブリッツ

メーカー OSP
全長 53mm
自重 9g
OSPから販売されているクランクベイト。バス用としてリリースされているシャロークランクの中でも特に人気の高い定番アイテムです。スタンダードなディテールとバスの捕食本能を刺激する攻撃的なアクションは秋のシャローエリアのバスに抜群の効果を発揮します。

シャッド

上島 力⚓︎Riki Ueshima on Instagram: “たまにはバス釣りも。#ジャッカル #ソウルシャッド #シマノ #アルデバランbfs #バス釣り #リボルテージ #jackall #shimano #fishing #pic #blackbassfishing #japan” (90420)

小型のベイトフィッシュをイミテートしたハードルアー。活性の高いバスの数釣りを楽しみたい状況にぴったりのアイテムです。ベイトタックルはもちろん、スピニングタックルでも快適に扱えるため、バス釣りにはじめて挑戦する方にもおすすめのルアーです。
ジャッカル ソウルシャッド

ジャッカル ソウルシャッド

メーカー ジャッカル
全長 45mm
自重 2.7g
ジャッカルから販売されているシャッド。シリーズでもっとも小さい45ミリのサイズ感はベイトフィッシュを追いかけるバスに対して非常に効果的です。潜行レンジは1メートル前後となっており、シャローエリアにも対応している点も秋のバス釣りにぴったりです。

ベイトフィッシュを意識して秋のバス釣りを楽しもう!

秋のバス釣りはポイントもルアー選びもベイトフィッシュが鍵を握ります。ベイトフィッシュが生息しやすい流れ込みを中心に広範囲を探れる巻物でチェックしていきましょう。

晩秋はターンオーバーが発生することもあるため、影響を受けにくいシャローエリアでの釣りもおすすめです。秋の釣りにしっかりとアジャストできれば、ハイシーズン特有のエキサイティングな釣りも楽しめます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。