2020年6月27日 更新

バス釣りのナイロンラインとは?太さなどの選び方と最強おすすめライン9選

バス釣りのナイロンラインは初心者におすすめで、巻物やトップウォーターで積極的に活用しましょう。バス釣りのナイロンラインの選び方は太さが大切で、巻物・トップウォーターで10〜20ポンド、初心者は6ポンド前後が定番になります。おすすめのラインはバス釣り専用のアイテムで、コスパのよいボビン巻きも人気です。

872 view お気に入り 0

バス釣り用のナイロンラインとは?

 (149484)

バス釣り用のナイロンラインは初心者におすすめのラインです。ナイロンラインはルアーフィシングでは定番のアイテムで、柔らかさと扱いやすさを活かしたたくさんのシチュエーションで活躍しています。

ナイロンラインはコスパもよく初心者も扱いやすいので、バス釣りの初心者も積極的に活用しましょう。

ナイロンラインの特徴

 (149485)

ナイロンラインの特徴は伸びやすく扱いやすい点です。ナイロンラインはフロロカーボンやPEラインに比べると伸びやすく、初心者でもライントラブルが少なく扱いやすいアイテムになります。

ナイロンラインの感度や強度は弱めで、カバー撃ちはフロロカーボンやPEラインに劣るので注意してください。

バス釣りでのナイロンラインのメリット

バス釣りでのナイロンラインのメリットはフッキング率の高さとトラブルレスです。ナイロンラインの伸びやすい特徴は、巻物やトップウォーターといったフッキングが難しい釣り方に効果を発揮します。

ナイロンラインは初心者でも扱いやすいので、スピニングリール・ベイトリールのどちらを使うシチュエーションでもライントラブルを最小限にできます。

バス釣り用のナイロンラインの選び方

 (149505)

バス釣りのナイロンラインの選び方は太さが大切になります。バス釣りではたくさんのルアーを使ってポイントに合わせたアプローチをするので、フィールドの状況に合わせてカラーや耐摩耗性能も意識してください。

カラー・色

 (149486)

バス釣りのナイロンラインのカラーはナチュラル系が定番になります。ナチュラル系のカラーはクリア、グリーン、ブラウンといった水やフィールドに馴染みやすいカラーで、ブラックバスのプレッシャーを最小限に抑えられるのが魅力です。

ルアーの引いてくるコースを明確にしたい方はピンクや蛍光系の視認性の高いカラーを選びましょう。

太さ・号数

ルアー ラインの太さ
ライトリグ 4〜8ポンド
巻物 10〜16ポンド
スピニングのトップウォーター 5〜8ポンド
ベイトのトップウォーター 12〜20ポンド
ビッグベイト 25ポンド以上
バス釣りのナイロンラインの太さはルアーやタックルに合わせて使い分けます。ナイロンラインの太さは使いたいルアーによって大きく異なるため、最適な太さを選んで快適な釣りを楽しみましょう。

バス釣りの初心者はスピニングタックルに6ポンド前後の太さがおすすめで、ライトリグを中心にたくさんのルアーを扱うことができます。

長さ

バス釣りのナイロンラインの長さは100メートルが定番になります。バス釣りのナイロンラインの使い方は100メートル以上遠投するシチュエーションが少ないので、100メートルの長さで快適に釣りが楽しめます。

ベイトタックルは75メートル前後で釣りができるため、150メートル巻きのラインは2回に分けて使ってください。

飛距離

 (149465)

バス釣りのナイロンラインで飛距離を伸ばしたい方は細いラインを使いましょう。ナイロンラインは各メーカーのアイテムを比較しても飛距離の差が出にくいです。

ナイロンラインを使って遠投を楽しみたい方は、タックルバランスに合わせてラインを細くしてください。細いナイロンラインはラインブレイクのリスクがあるので初心者は注意が必要です。

耐摩耗性能

 (149488)

バス釣りのナイロンラインの耐摩耗性能はバス釣り専用アイテムが強いです。ナイロンラインの耐摩耗性能はフロロカーボンラインに比べると弱いため、ハードボトムやカバー撃ちに使うときはバス釣り専用のアイテムを選びましょう。

耐摩耗性能の強いナイロンラインは硬さがあるため、初心者には扱いにくいデメリットもあります。
96 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バス釣りの道具一覧!初心者が揃えるべき道具と疑問を解説!

バス釣りの道具一覧!初心者が揃えるべき道具と疑問を解説!

バス釣りに必要な道具はロッド・リール・ルアー・ラインにはじまり、ライフジャケット・バッグ・カッターといった便利用品も用意する必要があります。初めてバス釣りの道具を揃える方は、おかっぱりとレンタルボートの釣り方に合わせたタックル選びが大切で、人気メーカーのエントリーモデルで3万円程度の予算が必要です。
takagi | 1,045 view
バス釣りのタックルとは?初心者の方へ選び方と種類をわかりやすく解説!

バス釣りのタックルとは?初心者の方へ選び方と種類をわかりやすく解説!

バス釣りのタックルはリール・ロッド・ライン・ルアーといった道具で、初心者はスピニングタックルから揃えましょう。初心者におすすめのバス釣りタックルは6ft台Lクラスのスピニングロッドと2500番のスピニングリールの組み合わせで、ルアーは4inchストレートワームのジグヘッドワッキーが定番になります。
takagi | 432 view
バスロッドの選び方ガイド!バス釣りの入門用の釣竿27選

バスロッドの選び方ガイド!バス釣りの入門用の釣竿27選

バスロッドの選び方は長さ・硬さ・適合ルアーが大切で、スピニングとベイトでおすすめのロッドが異なります。初心者におすすめのバスロッドは6フィートLクラスのスピニングロッドと6フィートMクラスのベイトロッドで、シマノ・ダイワのエントリーモデルがコスパがよく、種類も豊富で人気を集めています。
takagi | 758 view
バス釣りのPEラインの選び方!使い方・巻き方・結び方を解説!

バス釣りのPEラインの選び方!使い方・巻き方・結び方を解説!

バス釣りのPEラインは太さと耐摩耗性能が大切で、遠投、パワーフィネス、トップウォーターで使い分けます。バス釣りのPEラインの太さは遠投で0.4〜0.8号、パワーフィネスで1〜2号、トップウォーターは3〜5号が定番です。バス釣りの遠投は細いラインを使うためリーダーをノーネームノットで結びましょう。
takagi | 1,439 view
バス釣りのラインの選び方!PEラインなど種類と色・太さを解説

バス釣りのラインの選び方!PEラインなど種類と色・太さを解説

バス釣りのラインはPE・フロロカーボン・ナイロンの3種類です。バス釣りの初心者におすすめラインはナイロンでライトリグは3〜5ポンド、巻物は10〜14ポンドが定番になります。素材の使い分けはPEは比重の軽さを活かしてトップウォーター、フロロカーボンは耐摩耗性能を活かしてカバー撃ちにぴったりです。
takagi | 1,050 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takagi takagi