Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. トラウトリールの人気おす...
トラウトリールの人気おすすめTOP15!渓流用や管理釣り場用など

トラウトリールの人気おすすめTOP15!渓流用や管理釣り場用など

トラウトは管理釣り場や渓流などさまざまな場所で狙われる釣り人に人気のターゲット。トラウトはルアーで狙うことが多いのでリールは必須です。トラウト用リールとはどういったものなのか、どういう選び方をすればよいのか詳細に解説します。

2021.12.16 釣り

トラウトリールの選び方

トラウトフィッシングでは釣り場、釣り方によって必要な道具の選び方が異なり、さまざまなリールが使われています。基本的な選び方は細いラインを使うケースが多いため、他のルアーフィッシングと比較して小さい番手が使われる傾向が強いです。

ドラグ性能

c.y on Instagram: “japan【岩手県】🇯🇵釣具photo1 シマノの最高峰 釣り人にはたまらない道具です🎣 #ルアーフィッシング #angler #lure #trout #fishing #nature #forest #river #釣り #渓流 #サクラマス #shimano  #シマノ…” (70084)

管理釣り場や渓流の釣りではポイントによってトラウトのアベレージサイズが大きく変わります。 大型のトラウトに限らず、細いラインを使用することが多い釣りなので、選び方はスピニングリールやベイトリール共通で急激な負荷からラインを守るスムーズなドラグがあるリールです。

巻き心地

北の若きアングラー on Instagram: “..2019年最初のお買い物♪..ずっと欲しかったストラディックハンドル回してその軽さにビックリ.さすがシマノ!!.やっぱ俺はシマノが好き.#2019#最初の#お買い物#リール#スピニングリール#ストラディックci4#シマノ#さすがシマノ” (70083)

一定の速度でゆっくり巻くことで トラウトがルアーに触れるようなバイトを リールで感じる事ができます。リールにゴロツキ感があるとアタリがとれませんので、選び方はリールの巻くリズムに変化や違和感を感じるための滑らかな巻き感があるリールです

リールの自重

飯野ブタ兄 on Instagram: “飯野的2019モデルの目玉、ヴァンキッシュ!  軽い、軽い、軽い、イグジストより軽い。  やばいぞダイワ!得意なところで負けちゃったぞ!  ステラvsセルテート、ヴァンキッシュvsイグジスト。  ダイワ劣勢の様子。…” (70082)

トラウトフィッシングはソルトゲームのような海水や砂によるリールへのダメージが少なく、激しいファイトが求められる状況が少ないため剛性よりも軽さが必要です。 選び方は軽いルアーを細いラインで操作することがほとんどであるため、軽く短いタックルとの相性や操作性を考えて軽いリールを使う方がよいでしょう。

リールのギア比

狙うときは渓流なのか、もしくは管理釣り場なのか、釣り場にあわせてギア比を選ぶと釣果を上げやすいです。ギア比は流れよりも速く巻き取ってルアーをアクションさせられるハイギアと、一定の速度を保ってゆっくり巻きやすいローギアがあります。選び方は渓流ではハイギア、管理釣り場ではノーマルギアがそれぞれおすすめです。

リールのタイプ

くさきち on Instagram: “☀✨今日は🎣コレを見て回してテンション上げて⤴️⤴️⤴️からの💦出勤でっす🚴💨 🌸春の😂釣りをいろいろ考えてたらさらに上がります⤴️⤴️⤴️😂 #メガバス #ito #スピニングリール #ベイトリール #daiwa #バス釣り #釣りフォト” (70077)

トラウトフィッシングではスピニングリールが主流ですが、技術が向上したことでより軽いルアーに対応できるようになったベイトリールも選択肢の中に入ってきます。選び方はスピニングリールはキャストのしやすさから初心者におすすめで、ベイトリールはキャストに精度を求める上級者におすすめです。

トラウトリールのおすすめランキング第15位

シマノ サハラ C2000HGS

 (70972)

ギア比 6.0
自重(g)  220
最大ドラグ力(kg) 3
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 79
ナイロン糸巻量(lb-m) 3-125、4-100、5-75
PE糸巻量(号-m) 0.6-150、0.8-110、1-80
シマノから販売されている人気のスピニングリール。特徴はX−SHIPを搭載したリールの中でもっとも安価で買えるリールです。耐久性に優れ、操作性の高い大径タイプのドラグノブを採用することでトラウトの引きに対応し、独自技術のHAGANEギアで作られたギアによって長期間摩耗に耐え、滑らかな巻き心地となっています。またGフリーボディによってキャスト時の疲労軽減やロッドの操作性を向上させたリールです。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆
価格 安い
巻き心地 やや重い
自重 やや重い
価格が安価で、渓流や管理釣り場など一日中リールを巻くとこが少なくないトラウトフィッシングにおいて、疲れないギアが上級者の方も満足させています。デザインもお洒落で、使っていて楽しくなるスピニングリールです。価格を感じさせない作りやシマノのこだわりを感じる細かい技術特性は初心者の方であれば間違いなく満足できるでしょう。

トラウトリールのおすすめランキング第14位

ダイワ レガリス LT2000S-XH

 (70973)

ギア比 6.2
自重(g)  190
最大ドラグ力(kg) 5
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 81
ナイロン糸巻量(lb-m) 2.5-200、3-150、4-100
PE糸巻量(号-m) 0.4-200、0.5-170、0.6-150
ダイワから販売されているスピニングリール。細部までの徹底した軽量化と、ギアやボディをよりタフなものとするライト&タフを低価格帯に反映させた人気のリールです。滑り出しがスムーズで、トラウトの引きに対して滑らかに追従しながら効き続けるATDやローターの軽量化により巻き感度が向上したエアローターに加え、今までのギアよりも精度が高く、ギアの違和感を無くしたタフデジギアを採用しています。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆
価格 安い
巻き心地 やや重い
自重 普通
自重が軽いので片手でのキャストもしやすく、巻き心地もエントリーモデルとしてはハイレベルです。トラウトフィッシングでは釣果を分ける大切な要素でもあるドラグには、上位モデルにも採用されているATDが使われており、安心して釣りを楽しむことができます。管理釣り場や渓流で使う初めてのリールとして人気でおすすめです

トラウトリールのおすすめランキング第13位

シマノ アルテグラ C2000HGS

 (70974)

ギア比 6.0
自重(g)  205
最大ドラグ力(kg) 3
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 79
ナイロン糸巻量(lb-m) 3-125、4-100、5-75
PE糸巻量(号-m) 0.6-150、0.8-110、1-80
  •        
  •        
  •        
  •       
    
シマノから販売されているスピニングリール。特徴はボディやスプール、ドラグノブの接触部をはじめ、いたるところに強力なシーリングを施しています。手元に重心を近づけたことで自重を体感で軽くして、操作性のよい釣りが可能となるGフリーボディも搭載し、ファイトの途中でも細かなドラグ調整が可能で、釣り人の思い通りのファイトを実現する大径タイプのドラグノブを採用しています。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆
価格 安い
巻き心地 やや重い
自重 普通
適度な慣性を持つローターが生み出すしっとりとした質感がある回転性能を特徴とするコアソリッドシリーズのリールです。なめらかな巻き心地や派手すぎないデザイン、適度に軽くて操作性が高く、ファイトの途中でも細かなドラグ調整が可能と低価格でも欲しい機能が詰まっています。エントリーモデルに巻き心地のよさを求める方や渓流など、多少の剛性が必要となるフィールドで使用できることで人気のためおすすめです

トラウトリールのおすすめランキング第12位

ダイワ イプリミ 1003

 (70975)

ギア比 4.8 
自重(g) 210
最大ドラグ力(kg) 2
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 60
ナイロン糸巻量(lb-m) 2-150、3-100
ダイワから販売されているエリアトラウト用スピニングリール。スムーズに作動し、魚の引きに追従して滑らかに効き続けるATDを搭載し、軽くレスポンスの良い回転を実現しているエアローターや、上級機種と同じザイオン素材のハンドルノブを採用することで、エリアトラウトリールに求める機能を充実させています。さらにハンドルの長さも巻き感度を高めるために短めにした45mmハンドルです。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆
価格 安い
巻き心地 普通
自重 やや重い
手頃な価格設定としながら、4ポンドラインが100メートル巻ける軽さを重視した専用スプールや、上位機種にも使用されているATDの搭載で、コストパフォーマンスの高さは十分にあります。管理釣り場の釣りに最適化されたエントリーモデルですのでコストパフォーマンスの高い製品をお探しの方や、中級者の方はもちろん初心者の方にもおすすめのリールです

トラウトリールのおすすめランキング第11位

シマノ ストラディックCI4+ C2000HGS

 (70273)

ギア比 6.0
自重(g) 160
最大ドラグ力(kg) 3
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 79
ナイロン糸巻量(lb-m) 3-125、4-100、5-75
PE糸巻量(号-m) 0.6-150、0.8-110、1-80
シマノから販売されている人気のスピニングリール。マグナムライトローターを搭載することによって大幅な軽量化と巻き出しの軽さを可能としたリールです。ボディ素材やローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、精密冷間鍛造で作られたHAGANEギア、防水性を高めるコアプロテクトなど軽いだけではなく、高耐久性能も備えた川や海で対応する汎用性に優れたスピニングリールです。

おすすめポイント

巻き出しの速さと自重の軽さがトラウトフィッシングに求められる性能と合っています。エリアトラウトは軽いルアーを使うことが多く、渓流においても剛性があるので信頼の高いスピニングリールです。 デザイン性も非常に高く、トラウトロッドに合わせやすいので、中価格帯の汎用スピニングリールで、エリアトラウトを中心とする釣りをする方に人気があるためおすすめします
比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆
価格 やや安い
巻き心地 普通
自重 普通

トラウトリールのおすすめランキング第10位

シマノ カーディフ CI4+ 1000SHG

 (70280)

ギア比 6
自重(g) 170
最大ドラグ力(kg) 3
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 79
ナイロン糸巻量(lb-m) 2.5-140、3-100、4-90
PE糸巻量(号-m) 0.6-140、0.8-100、1-70
シマノから販売されているエリアトラウト専用スピニングリール。シリーズコンセプトであるクイックレスポンスを生み出し、巻きたいときに巻けて止めたい時に止まる、低慣性なフィーリングが持ち味のマグナムライトロータースプールを搭載しています。また上下にブレる動きを抑えて、ドラグの挙動を安定させるリジッドサポートドラグや、コアプロテクトにより水から内部パーツを保護し、海水や淡水での使用もばっちりです。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆
価格 普通
巻き心地 普通
自重 やや軽い
通常のドラグよりも締め込み時のピッチが狭く、より細やかにドラグを設定できるエリア専用ドラグが付いているので、細糸でファイトせざるを得ないエリアトラウトにおいて、これ以上ない信頼感があります。また渓流での使用にも対応し、流れの中から引っ張り出すパワーも健在です。管理釣り場初心者から抜け出したい方や専用機を今まで持っていなかった方に人気なのでおすすめします

トラウトリールのおすすめランキング第9位

ダイワ アルファス エア ストリームカスタム 7.2R

 (70285)

ギア比 7.2
自重(g)  165
最大ドラグ力(kg) 4
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 69
ナイロン糸巻量(lb-m) 6-40、8-30
PE糸巻量(号-m) 0.6-40
ダイワから販売されている渓流用ベイトリール。フレームに高強度アルミを採用することで、リーリング時のネジレやボディのゆがみを軽減しています。サイドプレートはザイオンを採用することで、軽さと硬さのバランスよく自重を抑えることに成功。また効き始めの食いつきをよくしたUTDや構造スプールを両側のベアリングで支える構造のスピードシャフトを搭載したことで軽量ルアーとの相性は抜群です。

おすすめポイント

渓流におけるさまざまなシチュエーションでのキャストに対応するために、あえてブレーキのローターを固定しています。キャスト時の差やショートレンジへの対応力など、機械的なラグも排除してキャスト精度を極限まで求めたセッティングです。
そのため、極めて微弱なブレーキでスプール回転を制御するため、軽量なルアーをも低弾道で打ち込む事が可能な渓流でトラウトを狙う際にベイトリールを使用してみたい方におすすめです
比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆
価格 やや安い
巻き心地 やや軽い
自重 やや軽い

トラウトリールのおすすめランキング第8位

シマノ アルデバラン BFS

 (70289)

ギア比 8.0
自重(g)  130
最大ドラグ力(kg) 3.5
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 80
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-45
シマノから販売されているベイトフィネスリール。軽量ルアーのキャスト性能を徹底的に追及したベイトフィネス用リールとして開発された専用設計で、新型スプール&ブレーキシステムのFTBを搭載しています。ピンポイントへの正確なキャストがよりスムーズに行えて、自重は130gとシマノのベイトリール中で最軽量です。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆
価格 普通
巻き心地 やや軽い
自重 非常に軽い
最大の魅力は軽さです。同メーカースピニングリールの自重と比較しても飛び抜けた軽さを誇っています。スプールの立ち上がりもよいもので、軽い力で十分な飛距離が得られ、バックラッシュ等のトラブルも発生しにくいです。エリアトラウトでよく使用される2g台のスプーンも十分キャストできますので、エリアトラウトにベイトリールを導入したい方に人気のためおすすめします

トラウトリールのおすすめランキング第7位

ダイワ バリスティック FW LT2000SS-XH

 (70293)

ギア比 6.2
自重(g) 160
最大ドラグ力(kg) 5
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 5
ナイロン糸巻量(lb-m) 2.5-100
PE糸巻量(号-m) 0.3-200
ダイワから販売されている人気のスピニングリール。圧倒的な軽量感と強靭な心臓部を持つ淡水専用小型スピニングの新シリーズです、LTコンセプトで磨き込まれた軽量性に加え、心臓部はタフデジギアを搭載したことであらゆる状況下に対応できる性能を実現しました。上位機種にも使われるザイオン素材で出来たエアローターを搭載し、本体の軽量化はもちろん、同価格帯のスピニングリールに比べて驚くべき回転性能が魅力です。

おすすめポイント

最上位機種にも劣らない軽さが最大の魅力。ラインキャパシティも細いラインがメインとなっているので、エリアトラウトに最適なリールです。またPEラインを使用すれば渓流の釣りにも対応できるため、ミノーを使ったトゥイッチなどのロッドアクションがかけやすいリールでもあります。中位機種で軽さを重視したい方から人気を集めているおすすめのスピニングリールです
比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆☆
価格 やや高い
巻き心地 やや軽い
自重 軽い

トラウトリールのおすすめランキング第6位

シマノ ヴァンキッシュ FW 1000SHG

 (70297)

ギア比 6.1
自重(g) 160
最大ドラグ力(kg) 3
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 80
ナイロン糸巻量(lb-m) 2.5-140、3-100、4-90
PE糸巻量(号-m) 0.6-140、0.8-100、1-70
シマノから販売されている人気のスピニングリール。軽くて高剛性、動き出しの早い低慣性の優れたリーリング感度を持つクイックレスポンスシリーズの最上位機種になります。このリールはそんなヴァンキッシュをトラウト専用にチューニングしているため、より巻き出しの軽さを追求したモデルです。新型マグナムライトローターや動力を無駄なく伝えるX-SHIPなど、巻き始めのスムーズさは他のリールと比べても抜群の使用感です。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆☆
価格 やや高い
巻き心地 非常に軽い
自重 軽い
特筆すべきは圧倒的な巻きの軽さが挙げられます。マイクロモジュールギアが搭載されたことで、非常に滑らかな回転が実現されていて、使用感もとてもよくなっています。また巻きの軽さを上げるために、従来はベアリングにグリスを使用していましたが、オイルに変えることでさらに巻きの軽さを上げる徹底ぶりです。シマノで管釣り用リールをお探しの方に人気なのでおすすめします

トラウトリールのおすすめランキング第5位

ダイワ プレッソLTD 1025

 (70301)

ギア比 4.8
自重(g) 155
最大ドラグ力(kg) 2
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 60
ナイロン糸巻量(lb-m) 2.5-100、3-90
ダイワから販売されている人気の管釣り用スピニングリール。スプールは派手さよりもストイックに軽量化を実施し、従来のザイオン製エアローターよりも軽量化を施した新型のエアローターを搭載したことで巻き感度が向上しています。また新たにスプールへ搭載された新形状チタンリングは、スプールの軽量化だけでなくキャストフィールすらも変えることに成功し、軽量ルアーの遠投性は非常に優秀です。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆☆
価格 やや高い
巻き心地 軽い
自重 非常に軽い
最上位機種と同等という驚異的な自重と2ポンド以下の細糸でも大型の魚と快適にファイトが楽しめる抜群のドラグ性能は管釣り用リールの最高峰の名に恥じないリールです。エリアトラウトを長年楽しむ上級者はもちろん、トーナメントなどに参加するプロ志向の高い釣り人の方にも信頼感があり人気なので、ダイワで管釣り用リールをお探し方におすすめします

トラウトリールのおすすめランキング第4位

シマノ カルカッタコンクエスト BFS HG

 (70305)

ギア比 6.8
自重(g) 200
最大ドラグ力(kg) 4
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 68
フロロ糸巻量(lb-m) 8-45
シマノから販売されている人気の渓流用ベイトリール。耐久性と剛性感溢れる巻き心地で不動の人気を誇るリールにベイトフィネスモデルとして販売されたのがこのリールです。FTBをはじめ、ベアリングやオイルもベイトフィネス仕様にし、ギアはマイクロモジュールギアを組み込み、滑らかでノイズの少ないことが体感できます。とくに渓流ベイトフィネスに完全対応したモデルです。

おすすめポイント

較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆☆☆
価格 高い
巻き心地 非常に軽い
自重 普通
手の小さな方でもパーミングしやすく、手元に重心があり、疲れず扱いやすいです。また飛距離に優れており、コンパクトボディの操作性の高さや、このシリーズならではの剛性も発揮できていることから従来のBFSモデルから一味違った快適さ、使い心地を実現できています。シマノのベイトリールで渓流に使いたい方に人気なのでおすすめです

トラウトリールのおすすめランキング第3位

ダイワ T3 エアー 8.6-TW

 (70309)

ギア比 8.6
自重(g) 160
最大ドラグ力(kg) 5
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 86
フロロ糸巻量(lb-m) 8-50
ダイワから販売されている人気のベイトフィネスリール。ラインのフリー性能と、ブレーキ設定を変える事なくさまざまなキャストを可能にする事の二つを命題に、究極のベイトフィネスリールを求めて作られたのがこのリールです。自重はあるもののその性能はまったく見劣りするものではありませんし、第一線で活躍できるベイトフィネスリールになっています。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆☆☆
価格 高い
巻き心地 非常に軽い
自重 やや軽い
ベイトリールとしては異質の1gから投げられるのが特徴で、いまだ他のメーカーはなかなか達成できていないダイワの専売特許といえる性能です。また細かいセッティングができるので、自分に合ったセッティングで思い通りの飛距離が出せる点も魅力となっています。エリアトラウトで飛距離の出せるベイトリールを求める方におすすめです

トラウトリールのおすすめランキング第2位

シマノ ステラ C2000SHG

 (70312)

ギア比 6.1
自重(g) 170
最大ドラグ力(kg) 3
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 82
ナイロン糸巻量(lb-m) 3-125、4-100、5-75
PE糸巻量(号-m) 0.6-150、0.8-110、1-80
シマノから販売されている人気のバス釣り用スピニングリール。シマノスピニングリールの中では最高峰で、定番となっているHAGANEギアが進化しており、ギアのサイズなどを変えることなく、設計だけでギア強度を1ランク上へ性能がアップしています。マイクロモジュールギアⅡでは設計を見直したことで、音鳴りの低減や滑らかなフィーリングへ向上し、遠投性にこだわった他機種と比較してロングストローク仕様となったスプールも魅力です。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆☆☆
価格 高い
巻き心地 非常によい
自重 やや軽い
特筆すべきは巻き心地の良さとドラグ性能が挙げられます。巻き心地のよさに関しては、巻きの軽さとなめらかな巻き感を両立し、ドラグ性能は低負荷時や高負荷時でも絶妙な微調整を可能にしていますので、急に走り出すことのある大型トラウトに最適です。トラウトリールの選び方が巻きのよさとドラグ性能を重視という方におすすめします

トラウトリールのおすすめランキング第1位

ダイワ イグジスト FC LT2000S-H

 (70275)

ギア比 5.8
自重(g) 155
最大ドラグ力(kg) 5
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 76
ナイロン糸巻量(lb-m) 2.5-200、3-150、4-100
PE糸巻量(号-m) 0.4-200、0.5-170、0.6-150
ダイワから販売されている人気のスピニングリール。最上位に位置するスピニングリールで、ライト&タフのLTコンセプトを軸に、なめらかなリールへと変貌しました。ボディとボディカバーが1つのパーツになったモノコックボディや、ボディ素材を金属系に変えたことで滑らかな回転を生み出します。性能はさらに磨きがかかっており高価格帯であっても間違いなく欲しいと思わせる最高峰の逸品です。

おすすめポイント

比較ポイント
おすすめ度 ☆☆☆☆☆
価格 高い
巻き心地 非常に軽い
自重 非常に軽い
トラウト専用リールと言っても過言ではない、スペックと極上の仕上がりが最大の魅力です。新しく採用されたモノコックボディによって力強くなった巻き上げ力と、ザイオン素材から作られたローター部分から来る巻きの軽さはトラウトやルアーを問わず対応できる汎用性の高さを備えています。

新形状のスプールによって、トラウトフィッシングで使われるような細いラインであっても収束が素晴らしく、飛距離に圧倒的な伸びが生まれます。トラウトリールの選び方の中でもっとも大切な自重の軽さと巻きの軽さを両立してる最高峰に恥じないおすすめリールです

トラウトリールで迫力のある引きを楽しもう

手軽に楽しめる管理釣り場から自然の中で美しい魚との出会いが楽しめる自然渓流など、さまざまな形でトラウトフィッシングを楽しめます。初心者の方にはレガリスLTなどエントリーモデルから入ってもらい、そこから上達するにつれて、カーディフやイグジストなど価格の高いものなどから欲しいと思ったものを選んでいくとよいでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。