2019年12月13日 更新

ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ルアー釣りの印象が強いブラックバスですが、ミミズやザリガニなどの生きエサを用いての釣り方も人気があります。ルアー釣りよりも比較的簡単に釣ることができるのでバス釣り初心者にもおすすめです。ここではエサ釣りでブラックバスを釣りたいと言う方におすすめの釣り方や仕掛けなどの攻略法を徹底解説していきます。

11,193 view お気に入り 0
ブラクバスの好むエサについて知ったところで、今度はその生きエサを使った有効的な仕掛けや釣り方を紹介します。

オーソドックスなウキ釣り

Amazon | ささめ針(SASAME) W-615 ブラックバス(3.6m) 10号 | ささめ針(SASAME) | 完成仕掛け (94867)

様々な釣りで使用されるウキ釣りは、ブラックバス釣りでもよく使用されるオーソドックスな仕掛けです。ミミズやイソメ、エビなどでの使用に最適な釣り方法で、針にエサを取り付け、ポイントにキャスティングして待つだけです。

アタリがあればウキが沈むので目で確認しやすいのも魅力。しかし、ウキの抵抗により生き餌が弱りやすいことや、ウキ止めなどの仕掛けを作るのに少し手間がかかる点に注意が必要です。

ルアー釣りの練習に最適なジグヘッド

 (94925)

元々は海釣り用でしたが、バス釣り用としても有効なエサ専用のジグヘッドです。少々自分でもアクションを加える必要がありますが、ルアー釣りの練習にもなるため、後々ルアー釣りをした方にもおすすめ。使い方は、エサを付けてキャスティングし、ジグヘッドの重りで沈むのを待ちます。

そして2、3回竿を上下してブラックバスを誘い、少しの間静止してエサを捕食させる時間を与えて反応を探ります。また、底をズルズルと引きずるようにするのもおすすめ。根がかりが気になる方は、バス釣り用のガード付きジグヘッドもあります。

根がかりのリスクが少ないダウンショット

通常の仕掛けでは、釣り糸の先端にエサがくるように仕掛けますが、ダウンショットとは逆に釣り糸の先端に重りをつけ、重りから数cm~数十cm離したところにエサを取り付ける仕掛けです。

これによってエサにつけたフックが底に当たらないので根がかりのリスクが少なく、ある特定の棚を探ることができ、水中の状況を把握しやすいのがメリットです。ワーム釣りで頻繁に使用される仕掛けですが、ミミズやエビなどの生きエサ釣りにも用いられます。

ブラックバスが生息しやすいポイントにキャスティング

Drava Dawn Fishing - Free photo on Pixabay (94878)

せっかく釣れやすい生きエサを使用しても、ブラクバスがいない場所で使用しては意味がありません。そのため、ブラックバスが頻繁に出没するポイントを狙いましょう。ブラクバスは、川、池や沼などの淡水に生息していますが、その中でも

・アシやガマ付近
・橋脚
・杭や立木などの障害物
・水の流れ込み


これらのポイントに多く生息しています。何もないところにキャスティングするよりも、はるかに釣れる確率が上がるので、まずは最適な場所を見つけましょう。


アシとガマの違いとは?
茎がしっかり見えるのがアシ、茎が葉に隠れ、上の方に円柱形の穂が付いているのガマです。生えている水深に違いがあり、アシは30センチ前後の浅い場所、ガマは水深30センチから1メートル前後の深い場所に生えています。そのため、この2種類の違いでその場所のおおよその水深の見当をつけることができます。

生きエサで釣るならスピニングリールが最適

Amazon | カストキング(KastKing) スピニングリール Summer/Centron 500 2000 3000 4000 5000 9+1BB 軽量 最大ドラグ力8Kg(左右交換ハンドル) | KastKing | スピニングリール (94922)

釣り糸を巻き取るリールは、大きくスピニングリールとベイトリールの2種類に分かれますが、生きエサを用いたバス釣りの場合、エサが軽いため断然スピニングリールがおすすめです。

軽いエサをキャスティングするのに不向きなベイトリールでは、バックラッシュという釣り糸が絡まってしまう現象が起ききやすくなってしまいます。そのため、重量のある生体のザリガニなどには適していますが、スピニングリールの方が使用できる生きエサの幅が広く、汎用性が高いです。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

山中湖のバス釣り情報ガイド!おかっぱり・ボートのポイント8選で絶対バスが釣れる!

山中湖のバス釣り情報ガイド!おかっぱり・ボートのポイント8選で絶対バスが釣れる!

山中湖のバス釣りはおかっぱりとレンタルボートで楽しめます。山中湖のバス釣りポイントはデニーズ前がおすすめで、シャッド系ワームでウィードに丁寧にアプローチすれば初心者もブラックバスの反応が得やすいです。山中湖のブラックバスは放流もされているので、放流直後のタイミングにエントリーすることも大切になります。
西湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

西湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

西湖は西湖は富士五湖の1つである山梨県の湖でバス釣りをおかっぱりとレンタルボートからブラックバスの動きを見ながらサイトフィッシングが楽しめます。西湖のバス釣りポイントはおかっぱりの西湖レストハウスがおすすめで、遠投力のあるタックルとスピナーベイト、バイブレーション、シャッドといったベイトフィッシュを意識したルアーを用意してください。
相模湖のレンタルボート屋おすすめ10店!バス釣りの貸しボートを免許不要で借りよう

相模湖のレンタルボート屋おすすめ10店!バス釣りの貸しボートを免許不要で借りよう

相模湖のレンタルボート屋は初心者でも楽しめる免許不要艇を一律3500円で利用できます。相模湖のおすすめのレンタルボートは初心者でも利用しやすい秋川屋で、公共交通機関を利用する方には小川亭も人気です。相模湖のレンタルボート屋はホームページに釣果情報が掲載されているので、事前にチェックしましょう。
梅雨のバス釣り攻略!ブラックバスの状態に適したルアーとは?

梅雨のバス釣り攻略!ブラックバスの状態に適したルアーとは?

梅雨のブラックバスはアフタースポーンや天候の影響で餌を積極的に追いかけるので、ルアーにも積極的に反応します。梅雨のバス釣りのおすすめルアーはバズベイト、ポッパー、ペンシルベイトといったトップウォーターで、オープンエリアを中心に広範囲をテンポよく探ることが釣果アップに繋がります。
相模湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

相模湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

相模湖は関東圏で有名なブラックバス釣りが楽しめるスポットです。相模湖のバス釣りはレンタルボートがおすすめで、はじめての方は秋川屋さんのレンタルボートを利用しましょう。相模湖のレンタルボートポイントは吉野ワンドの釣果実績が高く、ライトリグや虫系ルアーで大型のブラックバスも狙えます。タックルは6フィート台のスピニングタックルとベイトタックルを2種類用意しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takutakkan takutakkan