Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. バイブレーションルアーと...
バイブレーションルアーとは?おすすめの使い方とアクション・巻き方を解説!

バイブレーションルアーとは?おすすめの使い方とアクション・巻き方を解説!

バイブレーションルアーは小刻みに震えながら魚にアピールするハードルアーです。バス釣りやシーバスなどを中心に様々なルアーフィッシングで使われる定番のアイテムです。ここではそんなバイブレーションの使い方、アクション、巻き方などを徹底解説していきます。

2021.12.16 釣り

Writer

Activel_director

公式ライター
Activel_director

バイブレーションルアーとは?

 (90023)

バイブレーションルアーは、その名の通りボディが小刻みに震えながら魚に対してアピールするルアーです。自重が重い特徴があることから遠投性能が高く、広範囲を素早く探ることができるためバス釣りやシーバスなどで人気を集めています。

メタルバイブレーションとの違いは?

バイブレーションにはメタルバイブレーションと呼ばれるステンレス製のモデルが存在します。自重が重く通常のバイブレーションに比べて深いレンジを探ることに長けているため、普通のバイブレーションと使い分けしてみるのも面白いです。

バイブレーションのおすすめの使い方

瓜生一寿(デイ番長) on Instagram: “台風通過直後の朝練#ゼニス #ZENITH #シュレムSCHーSー902M #ダイワ #DAIWA #スイッチヒッターSHーLBD #バスディ #レンジバイブ #下関 #河川 #デイゲーム #シーバス  #デイ番長” (90025)

バイブレーションはシチュエーションに合わせて様々な使い方があります。はじめてバイブレーションを使う方は攻め方や釣れる使い方を最初にチェックしてみましょう。

広範囲を素早くサーチする

バイブレーションは遠投性能が高く、素早くリトリーブすることにも長けたルアーです。そのため魚の活性をチェックしたい状況や、魚のついているレンジを探りたい状況にぴったりです。バイブレーションの使い方の中ではもっとも定番と言っても過言ではありません。
シーバスやバス釣りでは最初に投げるルアーとしてバイブレーションを選ぶアングラーも非常に多いです。

沖目のブレイクを狙い撃ち

シーバスやバスが好むとされている沖目のブレイク。他のプラグやワーム類ではしっかりと探ることが難しいですが、バイブレーションは遠投性能が高く、探るレンジも自由に調整できるためブレイクをピンポイントに狙った使い方にも長けています。
根掛かりには弱いデメリットがあるため、ブレイクにストラクチャーやウィードがあるエリアは注意が必要です。

高活性の魚に積極的にアピール

バイブレーションは水押しする力が強く、振動でも魚に対してアピールできるため、活性の高い魚に効果的です。特にベイトフィッシュとなる小魚を積極的に追いかけているシチュエーションでは思わぬ爆釣が期待できることも珍しくありません。
バスやシーバスが積極的に小魚を追いかけるシーズンを押さえておきましょう。
・バス 5月〜7月
・シーバス 5月〜6月
  •        
  •        
  •        
  •       
    

バイブレーションの釣れるアクション

Shin on Instagram: “レンジバイブにドンッ!足場高くて4mくらいあったけどネット無かったので抜きあげました😤#シーバス#デイシーバス#浜名湖#浜名湖シーバス#レンジバイブ#ルアーフィッシング#オカッパリシーバス#オカッパリ” (90028)

バイブレーションにはそれぞれのシチュエーションに合わせた様々なアクションがあります。ただ巻きはもちろん、リフト&フォールなどの縦のアクションも使いこなせば、より釣果アップにつなげることができます。

リトリーブ

バイブレーションの釣れるリトリーブアクション (92026)

via バイブレーションの釣れるリトリーブアクション
バイブレーションの基本となるアクション。リールを巻くだけでボディを揺らしながらアピールします。誰でも簡単に使えるアクションですが、くスピードやレンジコントロールが釣果に大きく影響するため注意が必要です。
リトリーブでのアプローチに慣れていない方は一度ボトムまでバイブレーションを着底させてから巻き出すアクションからはじめてみましょう。

リフト&フォール

バイブレーションの釣れるリフト&フォールアクション (92027)

via バイブレーションの釣れるリフト&フォールアクション
縦のロッドワークでリフトさせたルアーをフォールさせてアクションさせるリフト&フォール。ただ巻きでは反応しないシチュエーションでもリアクションバイトで魚に口を使わせることができます。ただ巻きに比べるとやや難しいアクションですが、使いこなせば大きく釣果をアップさせることができます。
リフト&フォールのアクションでは、フォールしている最中にバイトがでることも珍しくありません。バイブレーションを激しく動かすリフト時だけでなく、フォール中のバイトにもしっかりとフッキングできるように常に意識しましょう。

バイブレーションの巻き方

ユウキセイ@作曲家&Youtuber on Instagram: “#ジャッカルルアー #TN60” (90031)

バイブレーションのもっとも定番のアプローチであるただ巻きは巻き方のスピードを変えるだけで、魚の反応が劇的に変わることも多いです。ここではそんなバイブレーションの巻き方について解説していきます。

高速巻き

バイブレーションの巻き方の中ではもっとも定番の高速巻き。素早いスピードでアプローチすることで高活性の魚を狙って釣ることができます。小魚を積極的に追いかけるハイシーズンにもっともおすすめの巻き方です。
高速巻きのポイント
高速巻きをする際はルアーをピックアップするの速さを意識して、バイブレーションを止めずに巻き続けることがポイントです。

ただ巻き

魚のいるレンジに合わせてアプローチしたい時にはただ巻きがおすすめ。スピードを早め過ぎずに一定速でバイブレーションを巻くことで表層からボトムまで一定のレンジを探ることができます。10センチのレンジの違いが釣果に大きく影響を与えるためバイブレーションを使う際は必ず押さえたい巻き方です。
ただ巻きのポイント!
はじめてただ巻きをする際は1秒にハンドル1回転を意識して巻くことが大切です。自分好みのスピードを見つけることでより繊細なレンジコントロールが可能です。

ストップ&ゴー

活性が上がりきってないシチュエーションにおすすめのストップ&ゴーです。魚に食わせの間を与えることでただ巻きや高速巻きでスイッチが入らない魚のバイトを引き出すことができます。リフト&フォールなどを組み合わせることでより多彩なアクションで攻略できます。
ストップ&ゴーのポイント!
ストップさせる時間は非常に短い一瞬の間であることが大切です。バイブレーションをフォールさせるのではなく、一瞬だけリトリーブを止めるイメージでトライしてみましょう。

おすすめのバイブレーション3選

バイブレーションは各メーカーから非常に豊富なラインナップが販売されています。ここではそんなバイブレーションの中から特に釣果実績の高いおすすめアイテムをピックアップして3選として紹介します。

バスデイ レンジバイブ 80ES

 (92028)

メーカー バスデイ
サイズ 80mm
自重 23g
バスデイから販売されているシーバス用のバイブレーション。ソルト用のバイブレーションの中ではスタンダードアイテムとして愛されており、誰でも簡単に引き出せるナチュラルアクションと抜群の遠投力が魅力です。シーバス用のバイブレーションを探している方はまずはレンジバイブからはじめてみましょう。

ジャッカル TN60

 (90012)

メーカー ジャッカル
サイズ 60mm
重さ 13g
ジャッカルから販売されているバス釣り用のバイブレーション。オカッパリの釣りで圧倒的な武器になる遠投性能が魅力で、野池から湖まで様々なフィールドで活躍するアイテムです。内部ウエイトにタングステンを採用しているためより強い波動で広範囲のバスにアピールすることができます。

レイドジャパン レベルバイブ

 (90017)

メーカー レイドジャパン
サイズ 54mm
自重 10.5g
レイドジャパンから販売されているバイブレーション。オカッパリの釣りにこだわったレイドジャパンを代表するハードルアーの一つです。コンパクトなサイズ感ながら遠投性能を強化し、様々な巻き方や攻め方に対応するオールマイティーなバイブレーションとしてリリースされています。

バイブレーションは様々な釣りに使える定番ルアー

いとー on Instagram: “レベルバイブブースト。今年は冬だけじゃなく1年通して使ってみます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー#RAIDJAPAN#レイドジャパン#LEVELVIBBOOST#レベルバイブブースト#初バスはいつになるやら” (90032)

バイブレーションはバス釣りやシーバスなどで使われる定番ルアーです。ただ巻きだけでアプローチできるため、ルアーフィッシングの初心者の方にも非常に使いやすくおすすめです。バイブレーションをはじめて使う方は、アクションや巻き方などをしっかりとチェックして自分の釣りにバイブレーションを取り入れてみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。