Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. ロックフィッシュラインの...
ロックフィッシュラインの選び方&おすすめラインTOP10!

ロックフィッシュラインの選び方&おすすめラインTOP10!

ロックフィッシュのラインはタックル選びの中でも大切なポイントの一つです。ラインの素材や太さはもちろん、リーダーの有無などロックフィッシュ用ラインの選び方を徹底解説していきます。ロックフィッシュ用のライン選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

2021.12.16 釣り

ロックフィッシュ用ラインの選び方

 (83365)

ロックフィッシュ用のラインを選ぶ際はそれぞれのフィールドに合わせたラインの種類と太さが非常に大切になります。ロックフィッシュでは主にPEラインとフロロカーボンラインの2種類が使われることが多く、漁港の規模や地形などに合わせてこれらを使い分けましょう。

漁港釣りの場合

 (83366)

もっとも手軽にロックフィッシュが楽しめる漁港。釣り人のプレッシャーが高く、魚種のサイズも小さくなりがちであることからスピニングタックルが使われます。そのためラインを選ぶ際は0.6号前後の細めPEラインがおすすめです。ショックリーダーには8ポンド前後のフロロカーボンが定番で、リグへの直結は避け必ず結束しましょう。
種類 太さ リーダー
PEライン 0.6号前後 8ポンド前後のフロロカーボン

大型の港の場合

 (83367)

フェリーなどの往来が盛んな大型の港。漁港に比べると水深も深く狙えるロックフィッシュのサイズも大きくなりがちです。ロックフィッシュでは水深のあるエリアにアプローチする際はレングスが長いスピニングタックルと10グラム以上の重めのリグが定番。そのためラインは0.​8号以上のPEラインがおすすめです。こちらもショックリーダーを結束する必要がありますが、メインラインの太さに合わせて10ポンド以上の太さのフロロカーボンを選びましょう。
種類 太さ リーダー
PEライン 0.8号前後 10ポンド以上のフロロカーボン

磯釣りの場合

 (83368)

地形変化に富んでおり、漁港とは全く異なる釣りを求められる磯。8フィート以上のパワーのあるベイトタックルが使われることが多く、ラインも根ズレに強いフロロカーボンラインが定番です。磯はロックフィッシュが狙えるフィールドの中でも、もっとも大型がヒットする確率が高いため、ラインの太さも14ポンド以上がおすすめ。PEラインとは違いショックリーダーは結束しなくても問題ありません。
種類 太さ リーダー
フロロカーボン 14ポンド以上 不要

ロックフィッシュにおすすめのライン10選

ルアーフィッシング用のラインは非常に幅広いメーカーから販売されているため、初心者が悩みがちなポイントの一つです。ロックフィッシュ専用ラインも販売されていますが、ショアキャスティング用、バスフィッシング用のラインを安く流用することもできるため、専用ラインにこだわる必要はありません。ここでは編集部が厳選したロックフィッシュのおすすめラインを10選として紹介します。

ラパラ ラピノヴァ

 (83345)

素材 号数 強度 カラー
PE 0.8号 17.8lb ピンク
ラパラから販売されているPEライン。4本編みになっているため、強度が高く大型のロックフィッシュとのファイトも安心です。大手メーカーから販売されているPEラインの中では価格が非常に安くリーズナブルな価格で購入できる点も魅力です。

こんな方におすすめ!

ロックフィッシュだけでなく、ルアーフィッシングに慣れてない初心者の方にぴったりのラインです。PEラインはちょっとしたトラブルによってラインが使えなくなってしまうこともあるため、リーズナブルな価格帯のラインで慣れておくことが大切です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

サンライン シグロン X8

 (83347)

素材 号数 強度 カラー
PE 0.6号 10lb ライトグリーン
サンラインから販売されているPEライン。PEラインの中では高価な8本編みでありながら、コストパフォーマンスも高く人気を集めています。癖のない扱いやすさはロックフィッシュだけでなくさまざまな釣りで注目を集めています。

こんな方におすすめ!

大手メーカーのPEラインの中でも非常に取り扱いが豊富で、ネット通販や全国の釣具店でいつでも購入できるアイテムです。身近な漁港でロックフィッシュを楽しむ方やラインをマメに交換する方がメインに使う定番ラインとして非常におすすめです。

デュエル アーマードプロ ロックフィッシュ

 (83349)

素材 号数 強度 カラー
PE 0.8号 15lb ダークブラウン
デュエルから販売されているPEライン。ロックフィッシュ専用としてリリースされている数少ないPEラインの一つで、PEラインながら根ズレに強い加工が施されています。ラインに張りがあるため少々癖がつきやすく、好みが分かれる点も特徴の一つです。

こんな方におすすめ!

地形変化に富んでいる漁港での釣りなど、メインラインの根ズレ対策に不安がある方にぴったりのラインです。PEラインの中では圧倒的に根ズレに強いため、テトラポットなどでの穴釣りなどに使うのも面白いです。初心者よりは中級者以上の使用をおすすめします。

シーガー PE X8 ルアーエディション

 (83351)

素材 号数 強度 カラー
PE 0.8号 18lb パッションピンク
シーガーから販売されているPEライン。フロロカーボンのメーカーとして定評があるシーガーですが、近年はPEラインにも力をいれており高い品質から人気を集めています。ルアーエディションはロックフィッシュなどのオカッパリでのルアーフィッシングに特化した専用モデルです。

こんな方におすすめ!

今回紹介したPEラインの中でも品質が高く、コストパフォーマンスに優れたラインの中でも品質や使用感にこだわりたい方におすすめです。またしなやかで非常に扱いやすいため、PEラインに慣れてきた方のステップアップにもぴったりです。

よつあみ G-soul X8 UPGRADE

 (83353)

素材 号数 強度 カラー
PE 0.8号 16lb グリーン
よつあみから販売されているPEライン。ロックフィッシュはもちろん、シーバスやサーフゲームなどのソルトゲームで非常に人気が高い大定番アイテムです。ラインの個体差が少なく、飛距離、感度などが高次元で備わっていることからベテランアングラーからも支持を集めています。

こんな方におすすめ!

大型の漁港などではリグの飛距離が釣果に影響することも少なくありません。G-soulは品質が高くキャストした際の飛距離も安定するメリットがあるため、少しでもリグを遠くへ飛ばしたい方にはおすすめです。またシーガーのPE X8と同じく扱いやすさにも定評があるため予算が許すのであれば初心者にもぴったりのラインです。

シーガー フロロマイスター

 (83355)

素材 号数 強度 カラー
フロロ 3.5号 14lb クリア
シーガーから販売されているフロロカーボンライン。320m巻きで1000円台と圧倒的なコストパフォーマンスの高さが最大の特徴です。80メートル毎にマーキングが施されているため、釣り人のスタイルに合わせて使いたい量だけ小分けで使える点も魅力です。

こんな方におすすめ!

価格が安いため初心者向けのラインと思われがちですが、品質もしっかりとしているためマメにラインを巻き替える中級者以上のアングラーにもおすすめです。特に磯ロックなどのラインに傷や擦れが生じやすい釣りでは釣行毎にラインを巻き替えることもあるため、コストパフォーマンスを優先したい方にはおすすめです。

シーガー フロロリミテッド

 (83357)

素材 号数 強度 カラー
フロロ 4号 16lb クリア
シーガーから販売されているフロロカーボンライン。シーガーのさまざまなフロロカーボンラインの中でも最高峰の一つで、根ズレなどを想定した圧倒的な耐久性が魅力です。通常のフロロカーボンラインよりも耐久性があるため、ラインの太さを1サイズ落とすことができます。

こんな方におすすめ!

耐久性の高さはもちろんライン自体の品質も非常に高いため、フロロカーボンライン選びに妥協したくないアングラーにおすすめです。磯場の中でも根ズレの激しい岩礁帯などでロックフィッシュを楽しみたい方は多少予算を出してもフロロリミテッドを選びましょう。

シーガー フロロリミテッド ハードバス

 (83359)

素材 号数 強度 カラー
フロロ 4号 18.5lb クリア
シーガーから販売されているフロロカーボンライン。フロロリミテッドの耐久性をアップさせより高比重にしたアイテムです。ブラックバス用のラインとして販売されていますがその根ズレへの強さからロックフィッシュ用としても注目を集めており、ショックリーダーとして流用する方もいます。

こんな方におすすめ!

圧倒的な耐久性は磯場のスリットや昆布帯から50センチクラスのロックフィッシュを強引に引き剥がすパワーファイトも可能にします。通常のタックルでは探りきれないストラクチャーの奥までリグを落とし込む釣りにはおすすめのラインです。張りがあるためバックラッシュを起こしやすいため初心者は要注意です。

ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

 (83361)

素材 号数 強度 カラー
フロロ 2号 8lb クリア
ヤマトヨテグスから販売されているフロロカーボンショックリーダー。コンパクトな30メートル巻きのサイズ感はショックリーダーとして手軽に携帯できるためおすすめです。太さは2ポンドから用意されているためロックフィッシュのリーダーとしても最適です。

こんな方におすすめ!

フロロカーボンのショックリーダーの中ではもっともベーシックなアイテムの一つで、はじめて購入する方におすすめです。価格も比較的安価であることから結束の練習などにも活用してみましょう。

デュエル パワーリーダー

 (83363)

素材 号数 強度 カラー
フロロ 2号 8lb クリア
デュエルから販売されているフロロカーボンとナイロンのハイブリッドリーダー。通常のフロロカーボンリーダーに比べると耐久性はやや落ちるものの、しなやかで扱いやすいメリットがあります。こちらもコンパクトなサイズ感で携帯がしやすくラインが絡みにくいストッパーが標準搭載されている点も魅力です。

こんな方におすすめ!

フロロカーボンリーダーだと結束部から切れてしまう方におすすめです。通常のフロロカーボンリーダーに比べると柔らかく結束強度が出しやすいため、ショックリーダーの結束強度で悩んでいる方はぜひ一度試していただきたいです。

初心者はしなやかで柔らかいラインがおすすめ!

ROCKFISH🇯🇵JUNKY072 on Instagram: “・ ・ @monkeys_fishingram がカレー食べにやって来た。ではなくメバリングにやってきました🙏 僕のポイント選択ミスによりガシラしか釣れないという結果に💦個人的にはジグヘッドを忘れるという🤷‍♂️ ・…” (83369)

PEライン、フロロカーボンラインを問わず初心者にはしなやかで柔らかいラインがおすすめです!硬くて張りがあるラインは強度や感度が高いなどのメリットもありますが、糸グセがつきやすくライントラブルを起こしやすい特徴があります。価格が安価なラインの中でもしなやかで柔らかいラインは数多くラインナップされているため、初心者の方はラインの柔らかさを要チェックです。

ロックフィッシュのライン選びは素材が大事

ラミエル on Instagram: “本日の釣行結果 🎣  午前中の空き時間に小1時間ほど竿出し 。  雨の影響で相変わらず濁りはあるものの、ベイトも多く魚自体の活性は高め 。  中層付近のストラクチャー脇を通すとガツンという力強いアタリが !  ランディングしたのは46cmの本命でした 。…” (83371)

ロックフィッシュで使用されるPEラインとフロロカーボンラインは特徴や性質が大きく異なります。ラインの素材選びを間違えてしまうと、肝心の魚がヒットした際もラインブレイクやトラブルによってキャッチできない可能性があるため要注意です。それぞれの好みやスタイルによって例外はあるものの、基本的には漁港ではPEライン磯ではフロロカーボンラインを選ぶことを覚えておきましょう。

正しいラインの選び方でロックフィッシュを快適に楽しもう!

ロックフィッシュではロッドやリールだけなくライン選びもタックルを決める際の大切なポイントの一つです。ラインはターゲットによって使い分けをする方もいますが、基本的にはフィールドの地形などに合わせて素材と太さを決めることが多いです。はじめてロックフィッシュに挑戦する方は自分の釣りをするフィールドに合わせた素材と太さをしっかりと検討し、おすすめのラインの中から好みのアイテムを選んでください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。