2020年6月27日 更新

バス釣りのスピニングリール用ラインとは?太さなどの選び方とおすすめライン9選

バス釣りのスピニングリール用ラインはフロロカーボン・ナイロン・PEの3種類で、5ポンド前後の太さが定番です。バス釣りの初心者におすすめのスピニングリール用ラインはナイロンで、強度のある6ポンド前後を選びましょう。スピニング用ラインの選び方に悩んでいる方は使い方に合わせて種類と太さを決めてください。

3,380 view お気に入り 0

バス釣りのスピニングリール用ラインとは?

 (149506)

バス釣りのスピニングリールには細いラインが使われます。バス釣りのスピニングリールはライトリグと呼ばれる軽いルアーを扱うことが多く、繊細な使い方ができる細いラインが必要です。

バス釣りの初心者はスピニングリールを使うことが多いので、スピニングリールにおすすめのラインを理解することは釣果アップに繋がります。

バス釣りのスピニングリール用ラインの種類

 (149507)

バス釣りのスピニングリール用ラインはフロロカーボン、ナイロン、PEの3種類があります。3種類のラインは特徴が大きく異なるため、使うルアーやタックルに合わせた使い分けも大切です。

フロロカーボンライン

 (149508)

フロロカーボンラインは耐摩耗性能と感度の高さが魅力です。バス釣りのスピニングタックルでは撃ち物と呼ばれるワームを使った釣り方で使われることが多く、定番のラインになります。

スピニングタックルのフロロカーボンラインは糸グセがつきやすく、初心者はライントラブルの原因になるので注意しましょう。

ナイロンライン

 (149509)

ナイロンラインは柔らかく扱いやすさが魅力です。バス釣りのスピニングタックルではトップウォーターといった表層直下のアプローチで使われることが多く、使用頻度は少なめになります。

スピニングタックルのナイロンラインは強度が弱いため、初心者は太めのラインセレクトが大切です。

PEライン

 (149510)

PEラインは遠投性能と浮力の高さが魅力です。バス釣りのスピニングタックルではライトリグを遠投したいシチュエーションにおすすめで、沖目のポイントのブラックバスに有効なラインになります。

PEラインの使い方はパワーフィネスも人気を集めており、1〜2号前後のラインできついカバーに対してアプローチしましょう。

バス釣りのスピニングリール用ラインの選び方

 (149511)

バス釣りのスピニングリール用ラインの選び方は太さが大切になります。ラインの太さはルアーの扱いやすさだけでなく、ブラックバスのキャッチ率に大きく影響するため、ルアーや使い方に合わせて適切な太さを選びましょう。

バス釣りのフィールドやルアーによっては飛距離や耐摩耗性能も必要になるので、ラインを選ぶときは意識してください。

カラー・色

 (149512)

スピニングリール用のラインはクリアカラーが定番になります。クリアカラーのラインはブラックバスにプレッシャーを与えにくいため、ライトリグを使うスピニングタックルに最適なカラーです。

PEラインのカラーは蛍光やピンクといった視認性の高いカラーも用意されていますが、ブラックバスにプレッシャーをかけやすいためクリアカラーのショックリーダーを結束しましょう。

太さ・号数

使い方 ラインの種類 ラインの太さ
ライトリグ フロロカーボン 2〜6ポンド
カバー撃ち フロロカーボン 4〜6ポンド
ライトリグの遠投 PE 0.4〜0.8号
トップウォーター ナイロン 4〜8ポンド
パワーフィネス PE 1〜2号
スピニングリール用ラインの太さは使い方とラインの種類によって異なります。使い方に合わせた太さを選ばなければ、ライントラブルだけでなく、ブラックバスのキャッチ率も下がるので注意してください。

スピニングリール用のラインは種類によって太さに対する強度が異なるため、種類による太さの使い分け大切になります。

長さ

 (149513)

スピニングリール用ラインの長さは100メートル前後が定番になります。バス釣りのスピニングリールは100メートル以上の遠投が必要とされるシチュエーションが少ないため、100メートルのラインが最適です。

PEラインで遠投をするときは150メートルの長めのラインを用意すると、遠投先でのラインブレイクも安心になります。

飛距離

 (149432)

スピニングリール用ラインの飛距離を出したい方はPEラインがおすすめです。PEラインは太さに対する強度が高いので遠投が必要なシチュエーションで最適になります。ナイロンはフロロカーボンに比べると飛距離が伸びやすいと言われていますが、体感できる差はありません。

スピニングリールのラインは太さが細ければ細いほど距離が伸びるため、飛距離を伸ばしたい方は細いラインを選ぶことも大切です。

耐摩耗性能

スピニングリール用のラインの耐摩耗性能はフロロカーボンが高いです。フロロカーボンは根ズレやカバーに対しての耐摩耗性能が1番強く、カバー撃ちで積極的に使いたいラインになります。

バス釣り専用のラインはPEやナイロンでも耐摩耗性能の高いアイテムが用意されているので、フロロカーボンライン以外でカバーを攻略したい方は要チェックです。

バス釣りにおすすめなスピニングリール用フロロカーボンライン

バス釣りにおすすめなスピニングリール用フロロカーボンラインは高品質なバス釣り専用アイテムです。フロロカーボンラインはライントラブルの多いので、しなやかで扱いやすいモデルを選ぶのも大切になります。

クレハ シーガー フロロリミテッド

 (149514)

カラー クリア 耐摩耗性能 ★★★★★
長さ 100m 飛距離 ★★☆☆☆
太さ 4lb ターゲット 濃いカバーを攻略
シーガーから販売されているフロロカーボンライン。フロロリミテッドはラインブレイクの少ないフロロカーボラインを探している方におすすめで、耐摩耗性能が高く、細いラインでも切れにくい特徴があります。

フロロリミテッドの使い方はライトリグを組み合わせたカバー撃ちで、濃いカバーでも安心です。

サンライン シューター FCスナイパー

 (149308)

カラー ナチュラルクリア 耐摩耗性能 ★★★☆☆
長さ 100m 飛距離 ★★★☆☆
太さ 6lb ターゲット スピニングリールの初心者
サンラインから販売されているフロロカーボンライン。FCスナイパーはフロロカーボンラインの初心者におすすめで、幅広いルアーを扱える汎用性の高さが魅力です。

FCスナイパーの太さは6ポンド前後が人気で、柔らかく扱いやすいので初心者も扱いやすいです。

バリバス デッドオアアライブ

 (149516)

カラー クリスタルクリア 耐摩耗性能 ★★★★☆
長さ 150m 飛距離 ★★☆☆☆
太さ 6lb ターゲット カバー撃ちで攻略
バリバスから販売されているフロロカーボンライン。デッドオアアライブはカバー撃ちに特化したフロロカーボンラインを探している方におすすめで、比重が重く、感度が高い特徴があります。

デッドオアアライブの硬さは硬めで初心者は扱いにくいので注意が必要です。
102 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スーパーライトジギングロッドおすすめ10選!初めての1本はどう選ぶの?

スーパーライトジギングロッドおすすめ10選!初めての1本はどう選ぶの?

初めての1本におすすめできるスーパーライトジギングロッド10選です。スーパーライトジギングロッドに求められる基本性能は、軽量なジグの操作性と大物とファイトできるパワーです。さまざまメーカーから発売されている特徴の異なったモデルの中から、よく行く釣り場と自分の釣りスタイルに最適な、基本性能を搭載したロッドを選ぶことが重要です。
パワーフィネスロッド19選!ダイワ・シマノのメーカー別のおすすめロッドとは?

パワーフィネスロッド19選!ダイワ・シマノのメーカー別のおすすめロッドとは?

パワーフィネスロッドはベイトタックルとスピニングタックルの隙間を狙うことができる実用的なアイテムで、スレたバスにアプローチして釣り上げることが可能になります。パワーフィネスロッドはタイプがあり、バーサタイルタイプはおかっぱり向け、エキスパートタイプはボート釣りに向いています。
スーパーライトジギングリールおすすめ10選!ダイワ・シマノの初心者向けリールとは?

スーパーライトジギングリールおすすめ10選!ダイワ・シマノの初心者向けリールとは?

スーパーライトジギングリールおすすめ10選は、ダイワとシマノから発売されているコスパに優れた初心者向きのリールをピックアップしています。スピニングとベイトの特徴を理解し、スーパーライトジギングに適したリールを選ぶことが重要です。初心者はトラブルの少ないスピニングがおすすめで、釣りに行くポイントや対象魚に適したモデルを選びましょう。
竹沼貯水池のバス釣りポイント5選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

竹沼貯水池のバス釣りポイント5選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

竹沼貯水池のバス釣りは、おかっぱりで釣ることができるエリアが豊富にあり産卵時期を迎える4月から5月が釣果の期待できるハイシーズンとなります。竹沼貯水池のバス釣りのおすすめは、ワンドを狙うことです。ワームやスピナーベイトを使うことで釣果が期待できます。初心者には、足場のよいダムサイドがおすすめです。
阿武隈川のバス釣りポイント9選!おかっぱりから狙えるおすすめ場所とは?

阿武隈川のバス釣りポイント9選!おかっぱりから狙えるおすすめ場所とは?

阿武隈川のバス釣りは春と秋のハイシーズンに40〜50cmのスモールマウスバスを狙えますが、ブラックバスの釣果情報は少ないです。阿武隈川のバス釣りのおすすめポイントは流れに溜まる小魚を食べる高活性なスモールマウスバスが狙える白石川で、広範囲を素早く探れるバイブレーションで流れのヨレを探りましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous