2019年4月30日 更新

釣りの仕掛けの基本とは?仕掛けの作り方を初心者向けに徹底解説!

釣りは、狙う魚種に合わせた仕掛けで魚を釣りますが、必ずしもターゲットが釣れるわけではありません。釣れない状況の場合は、その場で仕掛けを変更して違う魚種を狙うこともしばしばあります。どんな状況にも対応できるよう多くの仕掛けを覚えておくと楽しみが広がります。

3,302 view お気に入り 0

胴突釣りの特徴

胴突(どうつき)釣りとは、海底に潜んでいる魚をターゲットにした釣り方で、オモリの重さで確実に海底に餌を運ぶ餌釣りのことを言います。海釣りでターゲットにした魚を釣るというより、海底という場所をターゲットにして潜んでいる魚を釣るのが特徴です。

海釣りビギナーの方も手軽に楽しむことができる釣り方ですが、海底を狙うため、根掛りする確率が高いことを承知しておくことと、胴突の場合は、根掛り対策として多めに仕掛けを所持しておくことが必要です。
胴突の主な釣場は、足元のよい堤防がメジャーとなっています。胴突で釣れる代表的な魚として、カサゴやアイナメ、カワハギ、メバルなどが挙げられます。

胴突釣り仕掛け

 (75523)

胴突仕掛けは、枝スを2~3本作って海底に沈め、餌をアピールする餌釣りの特徴を存分に活かした構造です。枝スとは、幹糸から枝分かれした針と一体となったハリスのことを言います。
海釣りビギナーの方は、枝ス作りに時間がかかるため、市販品を道糸に直結させると時間短縮になります。また、根掛り対策で、仕掛けは最低でも5セット用意しておくと安心です。

胴突の作り方
幹糸に枝スを2~3本結び、幹糸の一番下にオモリをつけて道糸に幹糸を結びます。根掛りを回避したいときは、幹糸にオモリをつけ、オモリの下に針と一体になったハリスを1本結び、道糸に幹糸を結びます。

ポイント
枝スはトラブルを極力回避するため、2~3本がベストです。

釣り初心者の基本仕掛け⑥泳がせ釣り

泳がせ釣りの特徴

泳がせ釣りとは、海釣りで活きた魚を餌にして、魚を海中で泳がせて小魚を捕食する魚種を狙う釣り方のことを言います。数ある釣り方の中でもよくアタリ、不意の大物がかかることで有名な活き餌釣りです。

仕掛けは、ウキを使うことを基本として、海底を狙う場合は、胴突と同様にオモリを使用して沈める作り方をします。
また、餌は小魚であるイワシやアジを使い、現地でイワシやアジを釣って調達するか、活き餌を釣具屋で調達する方法のいずれかで入手します。活き餌釣りは、活きの良い魚が重要です。

泳がせの主な釣場は、足元のよい堤防や小磯がメジャーとなっています。泳がせで釣れる代表的な魚として、青物やヒラメ、マゴチなどが挙げられます。

泳がせ釣り仕掛け

 (75579)

泳がせ釣り仕掛けは、ウキと胴突の2種類があり、基本はウキ釣りと胴突釣り仕掛けと一緒で、それぞれを知っていると、あとは針に生きた魚をかけて、海中を泳がせるだけです。市販のウキ泳がせ仕掛けや根魚用泳がせ仕掛けを使うと、道糸に直結させるだけで餌釣り仕掛けが完成するので、海釣り初心者の方におすすめです。

ウキ泳がせの作り方
道糸にウキ止めと、万能ウキまたは発泡ウキをつけ、ウキの重さに合ったオモリをウキ下につけた後、道糸にハリスと針が一体になったハリスを結びます。

胴突泳がせの作り方
道糸に幹糸を結んで、幹糸の途中にハリスを結び、幹糸の一番下にオモリをつけます。

ポイント
ウキは根魚以外に、胴突は根魚に最適です。

釣り初心者の基本仕掛け⑦ぶっこみ釣り

ぶっこみ釣りの特徴

ぶっこみ釣りとは、海釣りで海中に仕掛けを入れ込みアタリを待つ釣り方です。至ってシンプルな仕掛けの餌釣りで、高度な釣りのテクニックを必要としませんが、仕掛けを海中に入れてアタリを単に待つだけでは釣果は期待できません。釣果を伸ばすためには、竿を動かして仕掛けを引っ張ることで、餌を動かしターゲットを誘います。

また、仕掛けを海底に沈めたままにしておくと、岩などに引っ掛かかる可能性があるため、岩礁帯は極力避けます。
餌は、ゴカイなどの活き餌を使用します。ぶっこみの主な釣場は、足元のよい堤防と磯がメジャーとなっています。ぶっこみで釣れる代表的な魚として、カサゴやアイナメ、クロダイ、ヒラメなどが挙げられます。

ぶっこみ釣り仕掛け

 (75648)

ぶっこみ釣り仕掛けは、道糸にオモリをつけ、針一体型ハリスを結ぶだけの構造です。仕掛けには針1本のタイプとサビキのように複数の針を使用する2種類のタイプがあります。どちらも市販品を使用すると、道糸に仕掛けを結ぶだけなので、海釣り初心者でも簡単に作ることができます。
また、根掛りによるトラブルに対応できるように、最低でも市販品を5セット用意しておくと安心です。

針1本の作り方
道糸に中通しのオモリをつけ、サルカンに道糸と針がついたハリスを結びます。

複数針の作り方
道糸に複数の針がついた市販の仕掛け(サビキ)を結びます。

ポイント
タナを広く探ることができ、餌釣りによるアピール力絶大のサビキに分があります。

釣り初心者の基本仕掛け⑧ダゴチン釣り

ダゴチン釣りの特徴

ダゴチン釣りとは、各地によってダンゴ釣りやウキダゴ釣りと呼ばれ、針につけた餌の上から、ダゴチン専用の配合餌をダンゴ状にくるみ、狙ったポイントへそのまま落とし込む餌釣りのことを言います。ダゴチンは、道糸に針が一体になったハリスを結ぶだけの単純な構造なので、海釣り初心者でも簡単に作ることができる手軽さがメリットとして挙げられます。

また、釣場は海上釣堀が多く、トイレなどの設備が整っているので、特に女性の方が安心して釣りを楽しむことができます。ダゴチンの主な釣場は、湾内に設置されたイカダや桟橋がかかった海釣り公園となっています。ダゴチンで釣れる代表的な魚として、チヌやマダイが挙げられます。

ダゴチン釣り仕掛け

 (75583)

ダゴチン仕掛けは、道糸に針と一体になったハリスを結び、針から30cm上方にオモリ(ガン玉)をつけます。ハリスに直接針を結ぶ作業は、初心者とって難しい作業となりますので、針が一体となったハリスを道糸に結束すると簡単に作ることができます。

ダゴチンの作り方
道糸に1m程度の長さの針が一体となったハリスをサルカンを通して結束します。また、オモリとなるガン玉は、必ずつけるものではありませんが、ハリスにガン玉をつけることで、タナまで餌を送り込むことができることと、ハリスを馴染ませることができるのでおすすめです。

ポイント
海底のターゲット狙いは、多少の技術が必要となるため、最初は中層のターゲットを狙います。

釣り初心者の基本仕掛け⑨ルアー釣り

 (75639)

70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマス(樺太鱒)を釣るためのタックルや仕掛けを詳しく紹介します。初めてカラフトマス釣りにチャレンジする初心者の方でも、必要なタックルや仕掛けを準備すれば、簡単に釣ることができます。カラフトマスの釣り方をマスターしましょう。
アジングの仕掛けを徹底解説!初心者が覚えておくべき釣り方とは?

アジングの仕掛けを徹底解説!初心者が覚えておくべき釣り方とは?

これからアジングを始めようという入門者の方やイマイチ釣果の上がらない初心者の方の為に、アジングの釣果があがる仕掛けと道具選びを丁寧に解説します。アジング仕掛けに詳しくなってアジングを楽しみましょう。
C.C.XY |
大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k