2019年4月30日 更新

釣りの仕掛けの基本とは?仕掛けの作り方を初心者向けに徹底解説!

釣りは、狙う魚種に合わせた仕掛けで魚を釣りますが、必ずしもターゲットが釣れるわけではありません。釣れない状況の場合は、その場で仕掛けを変更して違う魚種を狙うこともしばしばあります。どんな状況にも対応できるよう多くの仕掛けを覚えておくと楽しみが広がります。

3,554 view お気に入り 0

ルアー釣りの特徴

ルアー釣りとは、餌釣りとは異なり、疑似餌(ルアー)を使って、竿を動かしながら疑似餌に動きをつけて疑似餌を喰わせる釣り方で、餌釣りにはない竿を動かすテクニックが必要です。ルアーには、カラーや形、素材、大きさなど、狙う魚種や釣り方、その日の状況によって使い分けるので、種類が豊富に用意されています。

また、仕掛けがシンプルで、道糸とライン(疑似餌を直結させる糸)を結束してしまえば、ルアーを選ぶだけなので、思い立ったときにいつでも釣行できる手軽さが人気です。ルアーの主な釣場は、湾内や堤防、磯などフィールドは多彩です。ルアーで釣れる代表的な魚として、アジやメバル、青物、シーバス、ヒラメなどが挙げられます。

ルアー釣り仕掛け

 (75642)

ルアー仕掛けは、餌釣りでの餌の動きに似せるため、疑似餌に動きをつけやすいよう、道糸にポリエチレン素材のPEラインを使用します。また、道糸に根ズレに強いリーダーを直接結束し、ルアーをつけます。道糸とリーダーの結束は、糸同士の結束となるため、途中ですっぽ抜けないように強度ある作り方が必要となります。現場で結束すると時間がかかるため、市販品のリーダーで道糸に結束することをおすすめします。

ルアー仕掛け
PEにFGノット法という結びでリーダーと結束し、末端にルアーをつけます。軽量ルアーを使用するときは、ナイロンラインに電車結びでリーダーと結束します。

ポイント
結束は結び目小さく、強固な結びがベストです。

釣り初心者の基本仕掛け⑩エギング釣り

 (76054)

エギング釣りの特徴

エギング釣りとは、餌釣りとは異なり、疑似餌(エギ)を使って、竿を動かしながら疑似餌に動きをつけて主にイカをかける釣り方で、餌釣りにはない竿を動かすテクニックが必要です。エギは、カラーや重量、形状、大きさなど、豊富な種類が用意されており、個体大きさや活性、その日のコンディションに合わせたエギを選択します。

また、仕掛けがシンプルで道糸とラインを結束してしまえば、エギを選ぶだけなので、思い立ったときにいつでも釣行できる手軽さから、海釣りの中でも女性に一番人気です。エギングの主な釣場は、湾内や堤防、磯です。エギングで釣れる代表的な魚として、アオリイカやコウイカ、タコなどが挙げられます。

エギング仕掛け

 (75647)

エギング仕掛けは、餌釣りでの餌の動きに似せるため、エギに動きをつけやすいよう、道糸はポリエチレン素材のPEラインを使用します。また道糸は、根ズレに強いリーダーを直接結束し、末端にエギをつけます。道糸とリーダーの結束は、糸同士の結束となるため、途中ですっぽ抜けないように強度ある作り方が必要となります。現場で結束すると時間がかかるため、市販品のリーダーで道糸に結束することをおすすめします。

ルアー仕掛け
PEにFGノット法でリーダーと結束し、末端にエギをつけます。

ポイント
エギの種類は、カラーを中心にオレンジかピンクを数種類揃えます。不意のトラブルを回避するため、結び目は小さく強固な結束が一番です。

釣り初心者の基本仕掛け⑪ミャク釣り

ミャク釣りの特徴

ミャク釣りとは、リールを使わず、道糸1本でアタリを感じて仕留める釣り方で、海釣りや川釣りの原点と言っても過言ではありません。タックル(竿やリールなどの道具)と言えば、竿にリールはセットですが、この釣り方はリールを使わないため、ライントラブルが極めて少なく、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

主に警戒心の強い魚がいる川釣りで用いられる釣り方で、違和感を感じさせないよう細い糸を使います。手元にアタリが直に伝わるので、その瞬間を逃さず掛けたときの満足感は川釣りならではの満足感が得られます。
ミャクの主な釣場は、川釣りでメジャーな渓流です。ミャクで釣れる代表的な魚として、ヤマメやニジマスが挙げられます。

ミャク釣り仕掛け

 (75697)

ミャク釣り仕掛けは、道糸にアタリの目印となる糸を結び、道糸にオモリ(ガン玉)と針をつける構造が一般的です。道糸に直接針を結ぶ作業は、初心者とって難しい作業となりますので、道糸に針が結ばれている市販品を使うことで簡単に川釣り用の仕掛けを作ることができます。川釣りの餌は、ヒラタカゲロウやクロカワ虫などで、川虫は現地で調達して使用します。

ミャクの作り方
道糸にアタリの目印となる糸を3本結び、末端に針を結んだ後、針から30cmほど上方にガン玉をつけます。目印の色は視認性を優先して、周囲が暗い時は目印を大きくしたり、白泡の渓流は黒色の目印をつけます。

ポイント
川釣りでは、極力細い糸を使うことです。

釣り初心者の基本仕掛けのまとめ

釣りは、ターゲットに合わせた仕掛けを用意するか、仕掛けを選んで釣れた魚を楽しむ2つの釣り方があります。

海釣りや川釣りに慣れている人は、ターゲットに合わせた仕掛けを準備しますが、初心者の方は、仕掛けが簡単に作れる餌釣りのサビキから始めると、数釣りが楽しめたり、魚の引きが楽しめるのでおすすめです。海釣りや川釣りの魅力にハマったときは、必然とターゲットに合わせた仕掛けを用意していることでしょう。

また、その日の活性具合や時間帯、潮の流れ、天候など、自然の状況によっても仕掛けを変えていく必要があるので、どんなシチュエーションにも対応できるように餌釣りやルアーの仕掛けを多く用意しておくことが大切です。
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマス(樺太鱒)を釣るためのタックルや仕掛けを詳しく紹介します。初めてカラフトマス釣りにチャレンジする初心者の方でも、必要なタックルや仕掛けを準備すれば、簡単に釣ることができます。カラフトマスの釣り方をマスターしましょう。
アジングの仕掛けを徹底解説!初心者が覚えておくべき釣り方とは?

アジングの仕掛けを徹底解説!初心者が覚えておくべき釣り方とは?

これからアジングを始めようという入門者の方やイマイチ釣果の上がらない初心者の方の為に、アジングの釣果があがる仕掛けと道具選びを丁寧に解説します。アジング仕掛けに詳しくなってアジングを楽しみましょう。
C.C.XY |
大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k