Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. シーバス用のランディング...
シーバス用のランディングネットってどう選んだらいいの?

シーバス用のランディングネットってどう選んだらいいの?

シーバスに使用するランディングネットの選び方を詳しく紹介します。ランディングネットは最適なネット・フレームの大きさやシャフトの長さを選び、シーバスを確実に取り込みましょう。シーバス釣りはランガンすることが多く、携帯性をよくするための便利なアイテムも紹介しています。

2021.12.16 釣り

シーバス釣りにランディングネットは必需品

 (97345)

シーバスは体長が長く、重いため取り込むときはランディングネットを使用します。この記事では、シーバス用ランディングネットの選び方について紹介します。

ランディングネットはタモや玉網と呼ばれることがありますが、最適なランディングネットを使用して快適な釣りを楽しみましょう。

シーバスの釣り場

シーバスが釣れる場所は、漁港や堤防、河川、サーフや干潟、磯などがあります。足場の高い漁港や堤防では、全長が長いランディングネットが必需品です。

足場が低い釣り場も、足元の水深の浅い場所まで引き寄せることは難しく、確実に取り込むためにランディングネットを使用します。釣り場の高さを確認すると選びやすくなります。

釣り場によるランディングネットの選び方

釣り場によりランディングネットの長さは、以下の2つを意識しましょう。

①足場が低い河口など:3~4m
②足場の高い堤防など:5~6m


ネットの長さは、基本的に5m程度のものがおすすめです。

シーバスのサイズ

tottori イリノリ on Instagram: “少し前に釣りました😊エラを剥ぐってしまったのでお持ち帰り🎶おいしくいただきました😆#シーバス” (97352)

シーバスはサイズによって名前が変わる出世魚です。

【長さごとの呼び名】
30cmまで:セイゴ
30cm〜60cm:フッコ
60cm以上:スズキ

シーバス釣りは80cmを越える大物のランカーを狙いますので、ランディングネットのフレームの大きさやネットの深さが重要になります。シーバスは80cmで5kgぐらいの重さがありますので、ランディングネットの強度も必要です。

ランディングネットの性能

ランディングネットは、3つの性能が重要になります。

①ネットとフレームの大きさと強度
②シャフトがスムーズに振り出し
③携帯性


シーバスは体長が長く、大きなフレームが必要ですので携帯性を確保するため、小継のシャフトやフレームを折りたたむためにジョイントが必要になります。

ランディングネットの主要パーツとは?

Sei.G-0906 on Instagram: “★ 琵琶湖・雄琴港 6/22  22時頃、桟橋側駐車スペースにて 大切なタモを置き去りにしてしまいました。  デプスのバンクフィッシャーモデル ネット部分を大きいサイズに変更したものになります。  ベルトは外してありました  どなたかお心あたりございましたら…” (97364)

ランディングネットはの3つの主要パーツで構成されます。

①ネット
②フレーム
③ランディングシャフト(ポール)


ランディングネットは、それぞれの主要パーツを選んでシーバス釣りに最適なランディングネットを作ることができます。なおタモや玉網では、以下のように呼びます。

【タモや玉網の場合】
ネット=網
フレーム=玉枠
シャフト=玉の柄

ネット

ネットの網は、2種類の素材があります。

①水切れがよいナイロン製
②魚を傷つけないラバー製


キャッチ・アンド・リリースが多いシーバス釣りは、魚に優しいラバー製が適しています。ラバー製は、素材がゴムで強度や耐久性がナイロンより低いですが、ルアーフックやシーバスのヒレが絡まることがありません。釣り具メーカーが形状やコーティングを工夫して性能が向上しています。

フレーム

Marun style/アジング on Instagram: “今回の腰やった件で、とうとう買いました✨たもw  魔界で悩むことしばらく....安くて軽くて....あーラバーネット....いいなー♪  そんなこと考えてたら決まらずw😂  すると、たまたまアジング関係で知り合ったフォロワーさんに店で遭遇w…” (97363)

シーバス用のランディングネットのフレーム形状は、涙の形をしたティアドロップ型が最適です。理由は、細長い体形のシーバスを簡単に取り込むことができるためです。フレームの種類や素材は以下の通りです。

【フレームの種類】
①強度の高いワンピース
②収納に便利な折りたたみ

【フレームの3つの素材】
軽いアルミニウム
強度が高く錆びにくいステンレス
軽くて強度が高いチタン

ワンピースのアルミ製がコストパフォーマンスがよく、おすすめできます。

ランディングシャフト

ランディングシャフトは自重やカーボン含有率に注意されますが、スムーズに振り出しできることが重要です

シーバス釣りはランガンすることが多く、コンパクトに収納でき持ち運びに便利な仕舞寸法が短い小継タイプが最適です。継数がノーマルタイプより多くなりますので、降り出し性能が高く、固着防止加工などがされたメーカー品がおすすめです。
小継タイプ ノーマルタイプ
モデル ブラックジャックスナイパー メガディス
全長 4.97m 4.95m
継数 9本 5本
仕舞寸法 68cm 121cm
自重 428g 400g
カーボン含有率 98% 99%

シーバス用にランディングネットをカスタマイズ

shinichi on Instagram: “#ランディングネット” (97354)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
シーバス釣りは、ベイトを探したりしながらポイントを移動するランガンすることが多いです。釣り場は足場が不安定だったり、木などの障害物がありますので、安全に移動できるように大きなランディングネットをカスタマイズして、コンパクトして持ち運びしやすくしましょう。

ジョイント

#taichan on Instagram: “とうとう買ってしまった😍🙏 これで大物きても怖くない!ww コレ使うぐらいの大物釣れるんか!ってな。 とりあえず日曜日和歌山行く事が決まり 楽しみでしかない🤣  とりあえず投げまくりましょう!🎣 釣れますよーに🙇  #釣り #🎣 #陸っぱり #釣り好きな人と繋がりたい…” (97357)

フレームとランディングシャフトの間に取り付けるジョイント。折りたたみが可能になりコンパクトに収納でき、持ち運びしやすくなります。ジョイントは、ランガンするシーバス釣りのランディングネットに必須のアイテムです。アルミ製や樹脂製、ロック機能付きなど商品によって違いがあります。

ホルダー

ホルダーはランディングシャフトに取り付けることで、ライフジャケットやベルトにランディングネットをセットでき、簡単に持ち運びできるようになるアイテムです。

シーバス釣りでランガンの機動力がアップでき、素早いランディングが可能になります。シャフトの直径を確認して、取り付けできる商品を選びましょう。

スパイラルコード

サカナダルイ on Instagram: “ネットの海は、広大だわ。#昌栄#tool #ランディングネット” (97369)

ランディングネットの落下防止のためにスパイラルコードを付けましょう。

右利きの人は右手にロッドを持ち、ランディングネットは左手で操作します。利き手でないため誤って落下することがありますので、スパイラルコードを付けると安心して取り込みに集中できます。カラビナでベルトに固定します。

シーバスにおすすめなランディングネット【ディアドロップ型】

1つめに紹介するものは、シーバスに最適なティアドロップ型のネット・フレームとシャフトがセットの商品です。

ネット・フレームとシャフトを別々に探す手間を省くことができるメリットがあります。さらにコストパフォーマンスがよく、最初の1本におすすめです。丸型のフレームのタモや玉網はセット商品が多いですが、シーバス用は少ないのが特徴となります。

アルファタックル:LANDING GEAR

 (96903)

LANDING GEAR 550
全長 5.5m
仕舞寸法 55.6cm
継数 11
自重 834g
網枠 55cm
アルファタックルのランディングギアはティアドロップ型のラバーネットとワンピースフレーム、アルミ折りたたみジョイント、シャフト、ベルトハンガーのフルセットのランディングネットです。

必要なパーツがすべて揃った実用性が高い商品です

全長はフレームを含んだ長さのため、シャフトの長さは4.95mになります。400、450、500、550の4つのサイズがラインアップされています。

ダイワ:バンクビーターネット 55-400

 (97732)

55-400
シャフト全長 4.0m
シャフト仕舞寸法 60.0cm
継数 記載なし
シャフト自重 535g
フレーム 55×45cm
ダイワのバンクビーターネットは、ネット・フレーム、簡易ロックタイプFLジョイント、シャフトがセットになった商品です。

ネット素材はラバーコーティングされ魚に優しく、フレームは取り込みやすい先端幅広枠形状のアルミ製のワンピースです。手首を返すだけで素早く振り出せるFLジョイントは、使いやすい特徴があります。

バス釣り用になっていますがネット・フレームが55×45cm・深さ40cmあり、シーバスにも使用できます。

メジャークラフト:ファーストキャスト ランディングセット

 (96901)

LS-500FC
全長 5m
仕舞寸法 60.5cm
継数 9本
自重 記載なし
網枠 55×47cm
メジャークラフトのファーストキャストシリーズのランディングセットは、持ち運びに便利な4つ折り式フレームとシャフトがセットになった商品です。

ティアドロップ型のネットはナイロン手すき網、パイプ径が8mmの本格派アルミフレームです。全長はフレーム込みですので、シャフトは4.45mになります。

LS-400FC、LS-500FC、LS-600FCの3つのモデルがあり、メーカー品ですが価格が安く、気軽に購入できるメリットがあります。

シーバスにおすすめなランディングネット【シャフト】

2つめは、ランディングシャフトを紹介します。

ネット・フレームを探す必要がありますが、シャフトだけの商品は豊富な種類から選ぶことができるメリットがあります。

コストパフォーマンスを重視した商品、機能が充実した高級品など、バリエーションが豊富です。

ダイワ:ランディングポールⅡ

ランディングポールⅡ

ランディングポールⅡ

ランディングポールⅡ50
全長 5.06m
仕舞寸法 70.5cm
継数 9本
自重 587g
カーボン含有率 53%
釣り具の総合メーカーであるダイワのランディングポールⅡは基本性能が高く、価格と性能のバランスがよいシャフトです。グリップ部は滑りにくいラバー製、デザイン性が高いカーボンクロス、錆びにくい真鍮製竿尻などの特徴があります。いろいろな釣りに対応できますので、おすすめのシャフトです。

メジャークラフト:ソルパラ ランディング シャフト

 (97733)

LS-500SP
全長 5m
仕舞寸法 61cm
継数 9本
自重 記載なし
カーボン含有率 記載なし
メジャークラフトが、価格以上の性能を追求したソルパラシリーズのランディングシャフトです。持ち重り感やブレも軽減したシャフトで、4mのLS-400SP、5mのLS-500SP、6mのLS-600SPと3つのモデルがありますので、釣り場の高さに合わせて選びましょう。

アルファタックル:LANDING GEAR SHAFT

 (97735)

NANO 450
全長 4.50m
仕舞寸法 56.0cm
継数 10本
自重 480g
カーボン含有率 記載なし
アルファタックルの玉の柄、LANDING GEARです。SUPER NANOは180、240、300の3つの長さがあり、仕舞寸法36cmの極超小継です。

NANOは仕舞寸法56cmで、350、400、450、500の4つの長さがラインアップされています。SHAFTは仕舞寸法66cmの小継で、550、600、700があり、用途やフィールドに応じて選べる全10アイテムと豊富にラインアップされています。

NANOとSHAFTは持ち運びに便利なベルトハンガーが付属しています。

ダイワ:ブラックジャックスナイパー 玉の柄

 (97736)

50・Q
全長 4.97m
仕舞寸法 68cm
継数 9本
自重 428g
カーボン含有率 98%
ダイワのブラックジャックスナイパーは、高密度HVFカーボン、X45を搭載した本格的なランディングシャフトです。ダイワのカーボン加工技術で強度が高く、軽量化されています。

固着を防止する固着防止リング付きで降り出し性能が高く、頑丈でキレの良い操作性とコンパクトな小継仕様で携行性に優れています。高級品ですが価格以上の性能があります。

シマノ:ボーダレス ランディングシャフト

 (97737)

ボーダレス 450
全長 4.51m
仕舞寸法 67.5cm
継数 8本
自重 322g
カーボン含有率 99.1%
シマノのフィッシングスタイルの境界を飛び超えるボーダレスシリーズのハイスペックなランディングシャフトです。

軽量・高剛性のブランクスを使用していますので、コントロール性能が高く、素早く的確にランディングできます。驚くほどの軽さが特徴で、1度は使用してみたい注目のアイテムです。

シーバスのランディングネットのメンテナンス方法とは?

じんぱ on Instagram: “【落し物】昨夜の釣行中、某河口にて忘れ物らしきランディングネットを見つけました。最寄りの水上交番に届けてありますので、お心当たりのある方は引き取りに行ってください。#ピンポイントシャフトⅡ400#落し物#忘れ物#ランディングネット#タモ” (97365)

ランディングネット・タモ・玉網は適切にメンテナンスをすることで、長期間使用できます。簡単にできることですので、釣行後はメンテナンスをする習慣をつけましょう。メンテナンスによって性能を維持でき、ストレスなく快適に釣りができるようになります。主要パーツのメンテナンスのポイントを紹介します。

①ネット

ネットの網はシーバスに直接接触するパーツですので、水洗いをして塩分を取り除き、風通しがよく直射日光が当たらない日陰で乾かしましょう。ラバー製のネットはメンテナンスによって、耐久性に大きな違いが出ます。ネットは劣化すると交換する必要があり、メンテナンスするときに傷などをチェックすることが大切です。

②フレーム

masa on Instagram: “🧰 ・ ランディングネット ♦︎友達のデカアブ ♦︎知らんおっちゃんにかかった🐙 ♦︎ゴミ ♦︎友達にかかった海鵜 ♦︎風で落ちた🧢 ♦︎子供が落としたバケツ ♦︎知らんにーちゃんが釣ったヒラメ💢 🤔🧐🤭😨😱 自分の🐟ランディングして無い😭 釣り行きて〜❗️…” (97370)

フレームは耐久性の高い金属製ですが、水洗いして塩分を取り除きます。折りたためるタイプは可動部の固着に気をつけ、定期的にグリスアップします。シャフトに取り付けるネジ部が固着しないように、取り外して水洗いしましょう。長期間、取り付けたままにすると固着して取り外すことができなくなります。

③ランディングシャフト

ランディングシャフトはメンテナンスが重要です。小継で継数が多く、ジョイント部に塩分が残るとスムーズに振り出すことができなくなります。

メンテナンス方法は、エンドキャップを外し、分解してきれいに水洗いします。そしてよく乾燥させてから組み立てなおしましょう。仕上げにフッ素樹脂コーティング剤を薄く塗ることで、スムーズな振り出しが長期間、維持できます。

シーバスに使うランディングネットまとめ

Yukio Hyodo on Instagram: “モアザンのランディングポールと昌栄のランディングネットポチッとしてしまった〜🎣#モアザン #ランディングポール #ランディングネット #昌栄 #ZENAQ #MUTHOS #Sonio #青物” (97355)

シーバス用ランディングネットは、ネットはラバー製がおすすめです。フレームはティアドロップ型の大きなものがよく、シャフトは釣り場に合わせて長さを決めます。

シーバス釣りはランガンが多いため、コンパクトの収納でき、携帯性を向上させる便利なアイテムを利用して、安全で快適な釣りを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。