2021年1月1日 更新

3月に釣れる魚8選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

3月に釣れる魚は、海や堤防から簡単に釣れる根魚類を中心に8種類います。3月におすすめの釣り方は、胴付き仕掛けや穴釣りで、冬にハイシーズンを迎える根魚を狙うのに最適な釣り方です。対象魚別の釣り方や実績のあるポイントを、釣り場付近の釣具屋で事前にリサーチしておくと、厳しい冬の海釣りでも好釣果が期待できます。

1,011 view お気に入り 0
釣れる期待度 ★★★★☆
釣り方 ウキ釣り
釣れるシーズン 10月~7月
釣れる時間帯 日中・夜間
ウミタナゴは、真夏を除いてほぼ1年中釣れる魚です。寒い時期に旬を迎え、3月はウミタナゴのベストシーズンになります。

ウミタナゴの釣り方は、まき餌で群を寄せ、ウキ釣りで狙うのが定番です。エサ取り名人と呼ばれるほどエサを取るのが非常にうまく、アタリを見極めるのが難しい魚です。繊細なアタリを見抜いて、いかにうまくアワセられるかが釣果を左右します。

イソベラ

釣れる期待度 ★★★☆☆
釣り方 胴付き仕掛け・ちょい投げ
釣れるシーズン 3月~12月
釣れる時間帯 日中
イソベラは、普段は外道あつかいされる魚ですが、釣りものの少ない冬の海釣りでは、貴重なターゲットとなります。イソベラの釣り方は、虫エサを使用した胴付き仕掛けやちょい投げで狙うのがおすすめです。

釣り人からは、熱帯魚のようにカラフルな見た目とヌメリのある魚体のおかげで敬遠されがちですが、実は食べると美味しい魚です。

サゴシ

 (205040)

釣れる期待度 ★★★☆☆
釣り方 ショアジギング
釣れるシーズン 10月~6月
釣れる時間帯 朝マズメ・夕マズメ
サワラの幼魚であるサゴシは、3月に堤防からでも釣れる魚です。ただし、釣れる時期に地域差があるので、釣行前に情報収集し、今釣れている場所に行くことが重要になります。

サゴシの釣り方は、ルアーを堤防から投げるショアジギングが定番で、タイミングよく群れの回遊にあたれば入れ食いになり数釣りが楽しめます。サゴシに限らず青物を堤防から狙う場合は、朝マズメか夕マズメの時合に照準をあわせることが重要です。

3月におすすめの釣り方

3月におすすめの釣り方は、3つあります。

・胴付き仕掛け釣り
・穴釣り
・ルアーフィッシング


3月に釣果が期待できる魚と釣り方を知れば、1年の中で最も厳しい釣りシーズンといわれる3月の海釣りでも、素晴らしい釣果が期待できます。

胴付き仕掛け釣り

胴付き仕掛け釣りは、3月に釣果が期待できる根魚を釣るのにおすすめの釣り方です。簡単なタックルとエサさえ準備すると始められるので、初心者や子供連れのファミリーに根強い人気があります。

堤防や海釣り公園では、五目釣りの仕掛けでよく使用されます。狙っている対象魚以外にさまざまなゲストが釣れることがあるので、とにかく何でもよいから魚を釣りたい人にはおすすめの釣り方です。

穴釣り

 (203668)

魚の隠れ家を直撃する穴釣りは、魚の活性が低い冬でも確実に釣果を期待できるおすすめの釣り方です。障害物のすき間に居着くメバルやカサゴのような根魚を、オモリの下にハリがついたブラクリ仕掛けを使用し、ピンポイントに狙います。

ブラクリは、狭い障害物のすき間でも転がっていくため、根掛かりを回避しながら底付近を攻められます。ただし、全く根掛かりをしないわけではなく、予備を多めに準備しておくことが必要です。

ルアーフィッシング

 (205041)

ルアーフィッシングは、用意するタックルがシンプルで、ポイントを次々に移動しながら魚を狙えるので、厳しい釣果になりがちな3月の釣りにおすすめの釣り方です。

使用するルアーは、ワームと呼ばれるソフトルアーと、メタルジグやプラグと呼ばれるハードルアーに大別され、対象魚や状況により使い分けます。エサは必要なく仕掛けが簡単で、釣り開始と撤収が素早くできるので、限られた時間でも釣りに行くことが可能です。

3月の釣り情報

 (205042)

3月の釣りは、釣りやすい魚種が少なく数釣りを期待するのが難しくなる傾向があります。確実に釣果を上げるためには、釣れている魚や釣り方の情報を事前にリサーチすることが重要です。

同じポイントで釣れていた魚が、時期や状況にあわせて釣り方を変えないと、全く釣れないことはよくあることです。釣行前の情報収集は、タックルの準備と同様に忘れないようにしましょう。
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous