2020年2月26日 更新

春に釣れる魚とは?3月・4月・5月はスズキを狙おう

春に釣れる魚とは、海魚ではアジやカサゴ、タイ・スズキです。川魚ではオイカワ・ニジマス・イワナなどが挙げられます。春は釣りにとってベストシーズンです。3月・4月・5月の時期に釣れる魚の中で難易度の高いスズキはエサ釣りや毛ばり釣りでよく釣られます。それぞれの魚の釣り方や場所を理解して春釣りを頼みましょう。

7,071 view お気に入り 0

クロメバル(中級)

TAKASHI KASUGA on Instagram: “やはりデイメバルは良い😎  明るくてライントラブルもなく釣り易いし写真も綺麗に撮れる✨  春先になったら本気出して釣りましょうかね😎  #釣り #fishing #ルアーフィッシング #lurefishing  #釣り好き #釣り好きな人と繋がりたい #釣りすたぐらむ…” (109296)

【形態】
・黒っぽい個体が多く、背側は緑色っぽい色をしている
・基本的に20センチほどが多く、大きなもので35センチ以上のものも釣れる。

【分布】
・石川県能登半島〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸、岩手県、相模湾〜紀伊水道の太平洋沿岸、瀬戸内海東部、高知県以布利に主に生息
※浅場の岩礁域や海藻が多い場所を好む

【釣れるシーズン】
・11月〜4月で晩秋〜春にかけてよく釣れます。

【釣り方・仕掛け】
ルアーフィッシングで釣られる事が多いです。

アオリイカ

福田卓也 on Instagram: “今シーズン4杯目. 本日lost2… そろそろ潜ってエギ回収しましょうかね?  #喜界島.  #エギング.  #エギンガー.  #エギ.  #アオリイカ.  #squid.  #鹿児島エギング.  #奄美エギング.  #喜界島エギング.  #エギング好きな人と繋がりたい.…” (109295)

【形態】
生きている間は体色が半透明で死ぬと白濁していく
体長は主に40センチ〜50センチで、大きいものだと2キロを超えるものもいる。

【分布】
北海道以南の沿岸部
※岩礁域や海藻の多いエリアに多く生息してる

【釣れるシーズン】
4月〜5月と9月〜11月で春と秋によく釣れます。

【釣り方・仕掛け】
・エギという擬似餌を使ったエギンギという釣り方で釣られることが多い。
・エギのサイズは2.5号〜4号を使用するのがおすすめです。
アジを餌にしたエサ釣りなどでも釣られる

マダイ(上級)

海遊 -kaiyu- on Instagram: “【宮崎県 日南沖】 遊漁船シースラッグ牛衛船長の釣果です。鯛ラバ シャンクス(アワビ粉配合ネクタイ搭載)にて  #seaslug916  #タイラバ  #鯛ラバ  #tairubber  #海遊  #kaiyu  #シャンクス  #shanks  #アワビ 粉入りネクタイ…” (109277)

形態
・体色は全体的に赤みがかっており尾鰭のしたの部分が青くなっているのが特徴。
・体長は主に、20センチ〜40センチで、沖に生息する大物には1メートルを超えるものもいます

分布
・北海道以南~尖閣諸島。朝鮮半島南部、東シナ海、南シナ海、台湾の沿岸部に生息
※基本的に沖に生息していますが水深が深い漁港などでも釣ることができます

釣れるシーズン
・4月〜6月 9月〜11月に釣れ、春と秋によく釣れます。特に5月は大物が狙いやすいです。

釣り方・仕掛け
・堤防形態のカゴ釣り、投げ釣りが多い。
・エサはイワイソメやユムシがおすすめ

スズキ(上級)

matsushita koushi on Instagram: “全部ランカーまいことやったね!#ジョイクロ#スズキ#シーバス#ボガグリップ#オーシャングリップ#ランカー” (109276)

【形態】
・体色は銀白色で鱗に覆われている。
・体長は60センチ以上で大きいものだと1メートル近くある。

【分布】
・北海道全沿岸、青森県から九州西岸までの日本海・東シナ海沿岸、青森県から日向灘までの太平洋沿岸、瀬戸内海に分布

【釣れるシーズン】
・基本的に年中釣ることができますが。エサ釣りでは、晩秋から春にかけてよく釣れます。
・ルアー釣りでは4~6月、10~12月で春と秋に釣れる魚です。
※バチ抜けという現象が起きるため

【釣り方・仕掛け】
・堤防からは小魚のルアー釣りなどで釣られることが多いです。
・沖からはエビなどを使ったエサ釣りが主流です。

春に釣れる魚(川釣り編)

春の川では、雪解けによっての釣りの解禁が各地で行われ、さまざまな魚が釣れるようになります。
ヤマメやイワナなどの上流に住む大物の多くも春に解禁されるため、最も川釣りが盛んに行われるシーズンの1つです。

春の川釣りについてご紹介していきます。
3月 4月 5月
オイカワ
アブラハヤ
ニジマス
ヤマメ
アメマス
イワナ

オイカワ(初級)

ff☆☆☆☆☆ on Instagram: “/➖➖➖➖➖っ 🐟 . . . !・・・・・・・散歩、、・😊・・#フライフィッシング #オイカワ #オイカワ釣り ・・” (109275)

【形態】
・背中は灰青色、体側から腹側は銀白色で、体側に淡いピンクの横斑がいくつか入っている。
・体長は約15センチです。

【分布】
・北海道と東北の一部を除いて本州全体に生息しており、南西諸島にも生息している。
・近年では都市部の水質改善が行われて、都市部にも生息している。
※底が小石になっている場所に多く生息しています。

【釣れるシーズン】
・ほぼ1年を通して釣ることができます。

【釣り方・仕掛け】
・釣り方としては、毛ばり釣り、ピストン釣り、ウキ釣りが主流で、ピストン釣りのエサとしてはミミズや川虫などがおすすめです。

アブラハヤ(初級)

Tomonori Kawasaki on Instagram: “さっきの投稿1枚目の写真の魚を持ち帰って水槽へ😊捕れた時と全く違う姿を見せてくれます😁アブラハヤ?タカハヤ?この体のラインはアブラハヤかな?#アブラハヤ #日淡 #日本淡水魚 #japanesefish #freshwaterfish” (109274)

【形態】
・体色は黄褐色でウロコは小さい、小さな黒い斑点がある。
・体調は約15センチ

【分布】
・日本海側では青森から福井にかけて、太平洋・瀬戸内側では青森から岡山み生息しています。
※岩陰など身を隠せる場所によく生息しています。

【釣れるシーズン】
・基本的に1年を通して釣ることができます。

【釣り方・仕掛け】
ミャク釣り、ウキ釣りなどで釣られる事が多いです
※ミャク釣りではミミズや川虫を餌として使うことをおすすめします。

ニジマス

Asayake Craft on Instagram: “活性低いのはぼくだった。.寒さで川は無理と思ってたけど勇気を振り絞って川へ行くと魚は全然元気に迎えてくれました。.うん。川楽しい。” (110206)

【形態】
・体全体に黒い斑点のようなものがある
・エラから尾びれにかけて赤紫色の太い縦の線がある。
・体調は基本的に40センチほどで、大きいものだと80センチ〜1メートルほどある。

【分布】
・日本全国のほとんどのエリアで釣ることができます。

【釣れるシーズン】
・3月〜5月、9月、10月によく釣れます。

【釣り方・仕掛け】
・餌を使ったウキ釣りかルアーを使った釣りで釣られることが多いです。

ヤマメ(中級)

58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous